PickUp企業&OB OGインタビュー

佐藤 しおり さん グラフィックデザイン科卒業

いまの職業をめざすきっかけを教えてください。

佐藤さん 同じく日本デザイナー学院に在籍していた姉たちの影響が大きくあります。当時学生だった姉たちを見て「デザイナー」という私には未知だった職業に興味を持ち始めました。

日本デザイナー学院に決めた理由を教えてください。

佐藤さん 「渋谷」という様々なデザインが集まる場所に魅力を感じました。他校のオープンキャンパスにも参加しましたが、最終的には在籍していた人を身近で見ていたからこその安心感があり入学を決めました。

一番印象に残っている授業を詳しく教えてください。

佐藤さん グラフィックデザイン科は個人で取り組む課題がほとんどですが、グループで課題をこなす授業はとても印象に残っています。自分では思いつかないアイデアがでたり各々が得意とする分野で活躍し一つの作品を作るのは得るものが多くとても楽しかったです。

授業以外の時間で、思い出深いことはありますか?

佐藤さん 講師の富塚先生のお仕事をお手伝いしたことです。幼稚園で使われる絵本の背景のイラストの制作でしたが、このときはじめて仕事としてイラストを描いたことに感動したのを覚えています。

内定をいただくまで、どのように活動されたか詳しく教えてください。

佐藤さん きっかけはキャリアセンターの先生との1対1でのキャリアカウンセリング。私の得意分野を活かすならここしかない。と先生からご紹介していただきました。

日本デザイナー学院を卒業して、よかったことを教えてください。

佐藤さん デザイナーとしての知識や技術に関してもよかったと感じる点は多くありますが、なによりも友人、先生方との関係を築けたことが今現在の私に繋がっていることだと思います。同じ職を持つ友人への相談や卒業した後も色々と気にかけてくださる先生方には本当に感謝しています。

現在のお仕事について、できるだけ詳しく教えてください。

佐藤さん 主に広告、パッケージ、パンフレットなど様々なグラフィックデザインを手がけています。メモスタンド、フォトアルバムなどのオリジナルグッズの展開も積極的に取り組んでいます。

やりがいを感じるのはどんな部分ですか。

佐藤さん 商品に合わせてシールにするのかスリーブにするのか紙はどの素材を使ってつくるかなど、イチからアイディアを出したものが形になることにやりがいを感じます。

日本デザイナー学院での学びが役に立っていると感じる部分を教えてください。

佐藤さん パッケージなど立体物の試作品を作る時にカッターやペーパーセメントの使い方、図面の作成など学校に入らなければ知らなかったことがとても役に立っています。

今後の目標や野望を教えてください。

佐藤さん まだまだデザイナーとしては経験も知識も多くはない私ですが、もっとデザインや社会に対する視野を広げてこれからの仕事に生かせるようにしていきたいと思います。

日本デザイナー学院への入学を検討している方にメッセージをお願いします。

佐藤さん 日本デザイナー学院には親身になって考えてくださる先生方がたくさんいらっしゃります。人との出会いをつくる場所、もっと自分のデザインに対する視野を広げる第一歩としておすすめできる学校です。

小林 格 さん デザイン研究科グラフィックデザインコース卒業

いまの職業をめざすきっかけを教えてください。

小林さん 子供の頃から絵を描くことが好きでした。本格的にデザインを仕事に。と考え始めたのは入学してからです。絵の上手い人もいれば、パッケージの構成が得意な人、売り方の新しいアイデアを持つ人など同年代に色々な長所をもった人間に囲まれて自分が本当に得意なものは何かと考えるようになりました。

日本デザイナー学院に決めた理由を教えてください。

小林さん 高校での学校説明会で丁寧にお話しをしていただき、入学を決めました。

一番印象に残っている授業を詳しく教えてください。

小林さん 研究科でシルクスクリーンを学んだことですかね。印刷の楽しさを知りました。

授業以外の時間で、思い出深いことはありますか?

小林さん 授業が終わったあと渋谷から近い代官山や青山、原宿など散策してから帰ってました。身近な場所からたくさんのアイディアを得ていました。

内定をいただくまで、どのように活動されたか詳しく教えてください。

小林さん 当時、副校長をされていた花内先生からご紹介いただきました。

日本デザイナー学院を卒業して、よかったことを教えてください。

小林さん 学校を卒業後してからも定期的に会うくらい、初めて「恩師」といえる方々に出会えたことと、グループ展を10数年経った今でも一緒にできる友人たちができたこと。そして現在デザインを生業としている状況です。

現在のお仕事について、教えてください。

小林さん 化粧品を中心に、グラフィックやパッケージのデザイン、オリジナル雑貨の制作まで幅広く手掛けています。

大変なことや、苦労することは何ですか。

小林さん クライアントの求めるものと、エンドユーザーが求めるものとの落差があった場合にクライアントを否定せず、いかにエンドユーザーの方向へ持っていくかの調整ですね。

やりがいを感じるのはどんな部分ですか。

小林さん 実際に自分が携わった仕事をお店や街中で見かけた時です。

日本デザイナー学院での学びが役に立っていると感じる部分を教えてください。

小林さん シルクスクリーンの授業を研究科で受講していたので印刷する際の_版を頭の中でイメージできるためパッケージなどの制作で今でも役に立っています。

今後の目標や野望を教えてください。

小林さん 来年度から会社の代表となるため、今以上努力しなければならないと思ってます。またオリジナル製品である「WallAlbum」という企画を成功させます。

日本デザイナー学院への入学を検討している方にメッセージをお願いします。

小林さん 何かをやらないで後悔するより、まずやってみることで今まで人生を送ってきました。それが結果としてどうなるかはわかりませんが意外となんとかなるということでしょうか。人生は一度きりなので悔いのない決断をする方が良いかと思います。

  • 募集学科一覧
  • マンガ受賞者デビュー情報