PickUp企業&OB OGインタビュー

上村 由莉子 さん イラストレーション科卒業

いまの職業をめざすきっかけを教えてください。

上村さん 高校生のときからweb上にイラスト掲載したところソーシャルゲームの仕事の依頼の連絡が舞い込み、日デに通いつつフリーランスの仕事をさせていただきそこからソーシャルゲーム業界に進みました。

日本デザイナー学院に決めた理由を教えてください。

上村さん 様々なデザイン系の学校の体験授業を受けたのですが、日本デザイナー学院の体験授業が一番自分にしっくりきたからです。自分の描いたイラストにプロの先生たちが納得するようなコメントを1つ1つくれるのがまさに自分の学校の理想でした。

一番印象に残っている授業を詳しく教えてください。

上村さん デジタルイラストの授業です。普段趣味で描いているのがデジタルイラストだったので、先生にアドバイスを授業内外問わず沢山聞きに行きました。忙しい中でも時間を作って、時には1対1で丁寧に教えてくださった先生には本当に感謝しております。イラストを教われる環境は初めてでしたので1つ1つのアドバイスは仕事でイラストを描いている今でも意識しながら描いてるものが多いです。

授業以外の時間で、思い出深いことはありますか?

上村さん クラスに沢山の友達ができたことですかね。友達を作るのがあまり得意なほうではなかったのですが、同じ趣味の人と沢山出会えました。課題がつらいときも放課後に頭を悩ませながら一緒に課題をしたりとか・・・今となってはいい思い出だと思います。

内定をいただくまで、どのように活動されたか詳しく教えてください。

上村さん ゲーム会社の就活は早いほうが募集が多いと聞いたので1年生のときからひたすら就活サイトで会社を探していました。就活にはポートフォリオと履歴書が必要でそれらのチェックは先生にお願いしてました。実際にゲーム会社を10社以上受けましてほとんど書類選考の時点で落ちてしまっていたのですが、2社ほど内定をいただきまして会社見学で社内の印象が良かったという理由で今の勤務先の会社に勤めることとなりました。

日本デザイナー学院を卒業して、よかったことを教えてください。

上村さん イラストレーション科でデザイン系を幅広く学ぶことで色んな仕事内容に柔軟に対応できるようになったと思います。また、先述にあるとおり先生からいただいたアドバイスは今でも生かせています。

現在のお仕事について、教えてください。

上村さん アバター着せ替えも楽しめるギルドバトルゲーム「征戦!エクスカリバー」の開発をしております。アバターパーツの制作、武器、鎧、キャラクター、背景、アニメーション、UI等のデザイン業務を幅広くしております。

大変なことや、苦労することは何ですか。

上村さん 霊獣(キャラクター)の制作が一番難しく感じますね。アニメーションをさせるためにキャラクターを100パーツくらいに分けて動かすのですが、パーツの分け方や動かし方はいつも頭を悩ませる部分です。ちょっとした動かし方の違いでキャラクターがどれだけ生き生きするかが結構変わるので、とても大変ですがやりがいはあります。

やりがいを感じるのはどんな部分ですか。

上村さん プライベートで「征戦!エクスカリバー」をプレイしているのですが、実際に自分の描いたデザインのキャラクターやアイテムを装備してる人を見かけると嬉しくなりますね。SNS等もチェックしてるのでそこでユーザーさんの感想をみると実際に自分の制作したものがユーザーさんに届いているという実感からやりがいを感じることができます。

日本デザイナー学院での学びが役に立っていると感じる部分を教えてください。

上村さん イラスト制作やillustratorを使ってのUI制作等で多々役立っております。具体的に例を出しますと・・・背景の岩を塗りながら「あぁ先生が草と岩の境目の処理をこうしたらなじむって言ってたなぁ」とふと思い出したり・・・。

今後の目標や野望を教えてください。

上村さん 常に目標として、ユーザーさんがゲームを楽しいと思えるデザイン制作を目指しています。ゲームは人を楽しませることのできる最高のコンテンツです。そしてデザインはゲームの視覚的情報の全てであり重要なとても部分です。私はデザインという面から1人でも多くのユーザーさんにゲームで楽しい気持ちを届けたいです。

日本デザイナー学院への入学を検討している方にメッセージをお願いします。

上村さん 専門学校でデザインを学びたいという気持ちはとっても大切なものです。その向上心を糧に諦めないで一生懸命練習し続ければ自分のなりたい目標へ近づけると思います。専門学校はその手助けとなってくれるはずです。頑張ってください!

高橋 結衣 さん イラストレーション科卒業

いまの職業をめざすきっかけを教えてください。

高橋さん 高校生のときから好きなイラストを仕事にしたいと考えるようになりました。

日本デザイナー学院に決めた理由を教えてください。

高橋さん よく日デの広告を見て気になっており、体験授業を受けて楽しいと思ったからです。

一番印象に残っている授業を詳しく教えてください。

高橋さん デジタルソフトを使用してテーマに合わせてイラストを制作する授業が好きでした。テーマの中でいかに自分の好きなものと掛け合わせて描けるか毎回考えるのが楽しかったです。

授業以外の時間で、思い出深いことはありますか?

高橋さん 産学共同で参加した似顔絵を描くイベントで、地域の方と交流しながら似顔絵を描いたことです。普段好きで描いているコミックイラストとは違い、モデルの方に似せて描くのは大変でしたがとても良い経験になりました。

内定をいただくまで、どのように活動されたか詳しく教えてください。

高橋さん ゲーム会社の就活は早いほうが募集が多いと聞いたので1年生のときからひたすら就活サイトで会社を探していました。就活にはポートフォリオと履歴書が必要でそれらのチェックは先生にお願いしてました。実際にゲーム会社を10社以上受けましてほとんど書類選考の時点で落ちてしまっていたのですが、2社ほど内定をいただきまして会社見学で社内の印象が良かったという理由で今の勤務先の会社に勤めることとなりました。

日本デザイナー学院を卒業して、よかったことを教えてください。

高橋さん 学外の企業とコラボしてイラストを描くことができたこと。企業ごとに求めるものが違うため、企業に合わせたイラストやマンガを描いたことで自分のスキルアップにつながりました。

現在のお仕事について、教えてください。

高橋さん アバターを使用するゲームで、鎧や武器、霊獣というキャラを描いています。

大変なことや、苦労することは何ですか。

高橋さん まだまだ未熟で慣れないものをたくさん描くため、何度も修正をします。もっと早く作業できるようになりたいです。

角田 佳菜子 さん イラストレーション科卒業

いまの職業をめざすきっかけを教えてください。

角田さん 小さな頃から絵を描くことで自分の世界を表現することが好きだったので、自然とこの職業をめざしました。

一番印象に残っている授業を詳しく教えてください。

角田さん 縄手先生の授業です。一番仕事に近いかたちで授業が組まれていたので、卒業後、デザイナーとして仕事をしていくビジョンが明確になったと思います。

授業以外の時間で、思い出深いことはありますか?

角田さん 友人と過ごした時間が忘れられません。日デでの研修旅行や学園祭などの行事も全部楽しかったです。

内定をいただくまで、どのように活動されたか詳しく教えてください。

角田さん 新卒向けの求人サイトをチェックして、説明会へ行ったりしました。

日本デザイナー学院を卒業して、よかったことを教えてください。

角田さん 素敵な友人と講師に出会えたことです。

現在のお仕事について、教えてください。

角田さん ソーシャルゲームの背景を描いています。背景画を描き、モーション(動作)をつけるまでを担当しています。草木の揺らめきや、雲が流れたりする動きをつけます。

大変なことや、苦労することは何ですか。

角田さん ゲームの世界観を壊さないようにすることです。背景はその作品の世界観を創る重要なポジションですので、責任をもって取り組んでいます。

やりがいを感じるのはどんな部分ですか。

角田さん 自分の描いた背景がゲームで使われているのを見られたとき。ソーシャルゲームなので、自分の描いたものが反映されるのが早く、モチベーションが上がります。

日本デザイナー学院での学びが役に立っていると感じる部分を教えてください。

角田さん 課題の締め切りにとても厳しい学校でした。ですが、社会に出れば締め切りは納期になり、守らないと仕事になりません。会社に入ってからそれが一番役に立っていると感じました。

今後の目標や野望を教えてください。

角田さん いつかはフリーランスでイラストを描きたいと考えています。

日本デザイナー学院への入学を検討している方にメッセージをお願いします。

角田さん 日本デザイナー学院は素敵な講師に恵まれているので、ぜひ入学をオススメします。

  • 募集学科一覧
  • マンガ受賞者デビュー情報