デザイン 専門学校 日本デザイナー学院 > NDGブログ

NDGブログ

18.01.24

〈今日の企画デザイン科〉芸術と真正面から向き合う!落語家さんをお招きしたトクベツ授業

講師とつながりのあるゲストをお招きして授業を行う「プランニング演習」の「セッション」。今回は落語家の春風亭正太郎さんに来ていただきました。落語という伝統芸能に生で触れつつ、落語家さんという職業や江戸の文化など、落語にまつわるさまざまな知識や見識を深めることが目的です。

春風亭正太郎さんは「第14回さがみはら若手落語家選手権」、「第26回北とぴあ若手落語家競演会」で優勝されるなど、古典落語の実力派として注目されている若手落語家さんで、昨年末は柳家喬太郎師匠とともに、欧州公演を終えられたばかり。もちろん事前に日程調整はさせていただいていたとは言え、お忙しいスケジュールの中をお越しいただきました。

 

 

 

落語を演じていただくには舞台となる”高座”が必要。講師の中根が運営するギャラリーでは、平成17年より月一で落語の寄席を開催。演者さんが座る”座布団”、名前が書かれた”めくり”、登場する時の音楽”出囃子”などなど、必要な備品・装飾はギャラリーからそのまま持ってきました。ちょっと片付けきれなかったのが悔やまれます..。こじんまりとしていますが、マイク無しでこの距離で落語が聞けるというのは、実は超贅沢な空間なんです。


演者さんのお名前が書かれた”めくり”。寄席文字と呼ばれる独特の字体は江戸文字作家さんによる手書き。多くのお客さんが寄席に集まり、空席が無くなるようにとの縁起をかつぐため、字は詰まり気味で隙間が最小限になるよう配慮されているのが特徴で、さらに右肩上がりになるのもポイント。数百年という単位で受け継がれてきた文化には、文字一つとってもちゃんと意味があります。

生で落語を聞いたことがない学生がほとんどなので、まずは演じていただきます。演目は「初天神」と「時そば」。お正月の風景を描いた噺と、江戸の風情や生活が感じられる噺の2編。どちらも登場人物のキャラクターが楽しくて面白い内容です。

 

 

 

ところどころ江戸時代の言い回しで語られるところもありますが、学生たちはみんな素直に楽しんでいました。正太郎さんの大熱演に思わず笑いが溢れます。一人で何役もこなす落語ならではの表現、身振り手振り以外に使う小道具は扇子と手ぬぐいのみ。これだけで、ありとあらゆる世界が表現されます。落語家さんは、演者でありながら、演出家でもあるのです。

 

 

 

お噺を演じていただいたあとは、正太郎さんを交えてのセッション。まずは、本日の演目のストーリーや背景などを詳しく説明していただきます。さすが元塾講師の正太郎さん、説明の仕方やホワイトボードの使い方もプロ。江戸時代の時の数え方、舞台の上下(かみしも)の意味など、初心者向け江戸文化の講義という内容に。”おやつ”の語源などを知って学生たちも感心しきりの様子。いろんなデザインや企画のアイデアのネタにもなりそうです。

 

 

 

一通り説明いただいてからは学生たちの質問をベースにいろんなお話をしていただきます。そばを食べる音の出し方、落語家になったきっかけ、さらには恋愛トークまで(笑)。正太郎さんは、学生たちの質問にもひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。学生たちにとっても全く知らない世界の知識が増え、ゲストとの距離も一気に縮まる時間です。

 

 

 

落語は江戸時代に始まり、現在まで350年にわたって伝承されている日本の伝統芸能の一つ。大学を卒業されてから一度は就職。それでも落語家になりたくて仕事をやめてこの世界に飛び込んだ正太郎さん。「そもそも募集はしていない職業」「必ず修行時代がある」など、ご自身の経験から落語という業界や仕事についても語ってくださいましたが、その語り口はあくまで学生向けで軽やか、それでいてプロとしての覚悟と責任に溢れていました。就職活動を行う上でも大変参考になるお話でした。新しいエンターテイメントには関心の高い学生たちですが、歴史ある文化や芸術と真正面から向き合う機会はそうはありません。大変刺激的な授業になりました。正太郎さん、本当にありがとうございました。

posted by | | コメント (0)
17.12.15

〈今日の企画デザイン科〉実在しない書籍の感想?!架空読書会を実施しました。

今日は「プランニング演習」の中の「セッション」プログラムです。企画デザイン科ではおなじみ、毎回、講師とつながりのあるゲストをお招きしてプログラムを行う授業。

今回のゲストは、クイズ作家の高柳優さん。さまざまなゲーム&クイズイベントの企画・運営などを手がけられています。著書に『頭のいい子を育てる京大発想パズル』(主婦の友社)、『頭すっきり! なぞなぞゼミナール』(主婦の友社)など。

まずは、まさるさんの活動についてみんなでヒアリング。...まさるさん制作のクイズタイムも交えながら、リラックスした雰囲気の中で、現在の主な活動やクイズ本を出版するに至った経緯など、いろんなお話を伺うことができました。

その後は「架空読書会」を開催。「架空読書会」は、実際には“存在しない“小説のタイトルから、参加者がその小説を“存在する”ものとして想像し、みんなで感想を話し合う遊び。今、さまざまな場所で開催され、企業研修にも活用されるなど話題になっています。まさるさんがこの「架空読書会」のコーディネートを手がけられているとのことで、今回のメイン企画として実施をお願いしました。

学生たちが順番に、自分が考えてきた“架空”の小説のタイトルをパネルに出します。この読書会には2つルールがあって、タイトルを出した本人は1分間発言権がありません(本人のイメージした内容にあまり引っ張られないようにするため)。それと他人の発言を否定しないこと。誰かが言った内容はそのまま“存在するもの”として採用されます。これはまさに形を変えたブレインストーミングっ。

実際に「架空読書会」が開催されると、学生たちは妄想爆発で大盛り上がりっ。提出されたタイトルは「何がなくなった?」「僕のヒロインはうさぎでした」「マンホール中学生」「となりのいえ」「ナイトメアとお菓子の国」「拝啓、私を殺した君へ」「キャンプ・ファイヤー」。どれも実際にありそうっ。かつてない発言量の多い授業となりました。小説のストーリーや登場人物のキャラクターのみならず、TVドラマ化や映画化など、メディアの展開にも多く言及されるあたり、さすがアニメ・ゲームに親しんできた世代。まさるさんも一緒になって盛り上げてくださいました。

他者の発言を受けてさらにアイデアを広げていくという作業、“伝える“事の難しさと楽しさ、クイズや架空読書会という”遊び“を通して、企画立案のプロセスとコミュニケーションの根幹を学べた授業でした。まさるさん、ありがとうございました。

<後日談>

企画デザイン科の授業はこれで終わりません。後日、自分の考えた架空のタイトルから、本の装丁とシルクスクリーンを使ってグッズを作りました。

現在まさるさんのツイッターにて、「#架空本大賞」というタイトルで、学生たちの装丁デザインでの投票を行っていただいています。

結果はこちら↓
・まさるさんツイッター:https://twitter.com/1day1quiz

posted by | | コメント (0)
17.12.11

〈今日のマンガ科〉コミックウィークを開催しました

日デ恒例のマンガ科「コミックウィーク」を開催しました。

今回お招きしたのは、集英社「週刊ヤングジャンプ編集部」と「マーガレットchannel編集部」です。

初めて参加した学生もいて、緊張している様子でしたが、終了後は「良いところも、改善点も指摘されたので、良かった」とスッキリした様子でした。

現在卒業制作のマンガを描いている学生がほとんどで、良い刺激になったと思います。

これからの活躍に期待大です!

posted by | | コメント (0)
17.11.24

〈学外イベント:マンガ科〉海外マンガフェスタ【COMITIA122】や国内研修に行きました。

マンガ科の2年生が中心に海外マンガフェスタ【COMITIA122】に参加しました。

今年も日本デザイナー学院のブースを設け、学生は出張マンガ編集部に参加しプロの編集者に自分が描き上げた作品を観て頂いておりました。

また、COMITIA122ではマンガ科卒業生をはじめ、コミックイラスト科卒業生やイラストレーション科在校生も出店していたり、お客さんとして来場している学生もいました。

翌日は国内研修として、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の見学に行ってきました。

皆さんもおなじみのドラえもんやパーマン、キテレツ大百科など、様々な原画や制作秘話などを展示を通じで勉強しました。

とても天気がよく、さわやかな国内研修になりました。

posted by | | コメント (0)
17.11.14

〈学外イベント〉超福祉展の会場で作品展示をしました

先週、渋谷駅近隣で開催された超福祉展のサテライト会場で学生の作品展示会を行いました。

場所は原宿の丘。産学協同プロジェクトでお世話になっている超人スポーツ協会様の体験会場で展示しました。

今回の作品のテーマは

ビジュアルデザイン科『ユニバーサルデザインを考慮した超人スポーツPRポスター』

イラストレーション科『自分が創造する未来の超人スポーツ』

マンガ科『超人スポーツをテーマにしたマンガ』(※こちらは毎日ニコニコ静画にて投稿中です!)

 

会場入り口入ってすぐにポスターがありました。

色覚障害を持った人が理解しやすいポスターという課題を設定し

カラーユニバーサルデザインについて勉強してからの制作になりました。

3階の廊下ではマンガ、イラスト作品の展示がありました。

おかげさまで、ご来場いただいた方にはとても良い評価をいただきました。

とても難しい課題でしたが、学生たちはすごくがんばってくれました。

 

超人スポーツ協会のみなさま、超福祉展の関係者のみなさま

ありがとうございました。

 

posted by | | コメント (0)