NEWSトピックス

◆最新記事10件

【キャリアイベント】2020年卒向け キャリアガイダンス実施

2018.10.19 金

専門学校日本デザイナー学院では

2020年卒学生向けにキャリアガイダンスを実施しました。

今回「自分を知る。業界を知る。」をテーマに

・適性テスト

・進路希望調査シート記入

・求人状況やキャリアイベント情報

上記3つを実施しました。

 

今回の適性テストの結果が全てではありませんが、自分について知る為の指標となります。

例えば、今後就職・作家活動を進めていくなかで自身の性格や傾向など

自身を深掘りしていくときに役に立ちます。

テスト結果は11月の振り返り講座にて返却し、あわせて自己PRを作成していきます。

2020年卒学生もいよいよ本格始動です。

今回のイベントは2020年卒学生の就職・作家活動の第一歩です。

一緒に少しずつ準備していきましょう!

 

——————————

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

本校のキャリア教育では学生が自身について考えるきっかけや企業と出会うきっかけ作りを行っています。

その他にも履歴書や面接対策、卒業後のライフプランなど、よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

http://ndg.ac.jp/employment/

 

【キャリアイベント】株式会社ライフマップ学内単独企業説明会

2018.10.19 金

専門学校日本デザイナー学院の将来デザイナーを目指す学生に向けて

「株式会社ライフマップ 学内単独企業説明会」を実施しました。

今回お越しいただいた株式会社ライフマップは

高校生の進路選びをIT×リアルイベントを通じてサポートし、
流行に敏感な高校生のニーズに合わせてクリエイティブなサービス展開している企業です。

(公式HP https://www.lifemap.jp/

企業説明や働き方・ライフスタイルなど丁寧にお話しいただきました。

また参加学生には卒業年次生の他に1年生の姿も見受けられました。

卒業年次生は、「自分のやりたいこと・企業が求める人材」を

改めて深掘りするかのように真剣に話を聞いていました。

1年生は、就職活動の前段階である業界研究・企業研究をかねて、準備に取りかかっているようです。

 

最後に希望者のみ代表石川様によるポートフォリオについてご指導いただきました。

学生のアンケートからは
「説明を聞けてよかった!」「興味がわきました!」「働き方のイメージができた!」
といった声もありました。
 
株式会社ライフマップの石川様、花見様ありがとうございました!
 
 

日本デザイナー学院のキャリア教育は様々なマッチングの場をつくります。

本校キャリアセンターがキャリア指導では学生たちと企業の接点(知るきっかけ)をつくること心がけています。

就職希望の学生たちにとってもよりよいキャリア支援イベントを今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

http://ndg.ac.jp/employment/

【重要】「学び直し支援金制度 A期間締切」および「追加募集」のお知らせ

2018.10.11 木

 

学び直し支援金制度のA期間は募集定員に達し、

2018年10月11日(木)をもちまして締め切らせていただきました。

多くの皆様にご出願いただきましたことを厚く御礼申し上げます。

ーーーーー

そしてこの度、【学び直し支援金制度の追加募集】が決定しました!

期 間:2018年10月12日(金)~2018年10月30日(水)

定 員:5名

減免額:50,000円(昼間部)、20,000円(昼間部)

ーーーーー

B期間は予定通り2018年11月1日(木)より、受付を開始いたします。

 

*AO入学、推薦入学(学校推薦・自己推薦)は現在も願書受付中です*

尚、呉学園特待生制度につきましては
2018年10月31日 <必着> まで募集を行っております。

★呉学園特待生制度について 

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習・メディア表現

2018.10.10 水

学園祭も終わり、9月末から後期の授業が開始しています。

本日は、ビジュアルデザイン科『コンテンツ実習・メディア表現』の授業の様子をお伝えします。


講師の先生は前期に引き続き、映像クリエイターのくろやなぎてっぺい先生です。
くろやなぎ先生は、映像・音楽・デザイン・ソーシャルプロジェクト・ビデオアート・ゲーム開発・アニメオープニングなど幅広く活動をされ
最近のお仕事では、朝ドラ『半分、青い。』のオープニングタイトルバックを手がけた方です。

 

初めに、前期授業の振り返りを行いました。

前期の授業では、『ものを見る視点』をテーマに取り組みました。
「デザインとは、日常を観察することで問題点を見つけ、処方することでもある」
ものの正面を認識したうえで、角度を変えて見ることの大切さを実感しました。

 

後期では、前期授業で身につけた「ものを見る視点」を活かし、『音楽』をテーマに取り組んでいきます。

本日の大きな課題は“新しいミュージックビデオのアイデアを3つ考える”です。

 

まず、“自分にとっての音楽”とはなにか個人ワークで考えました。

学生のほとんどが毎日音楽を聴くと話していました。
心を落ち着けてくれるもの、気持ちを高めてくれるもの、集中できるものなど
それぞれにとっての音楽を、言葉で表しました。

 

次に、今のミュージックビデオが持つ問題点をグループワークで挙げていき全体で共有した上で
「新しいミュージックビデオ」のアイデア出しに取り組みました。

「ミュージックビデオは音楽を可視化するもの」
映像のみに留めるのではなく、五感を使ったミュージックビデオのアイデアを形にすることが今回の課題です。

 

個人ワークでアイデアを挙げつつ、くろやなぎ先生にアドバイスをもらいながら形にしていきます。

 

くろやなぎ先生は、学生のアイデアを引き出しながら発想を広げてくださるので、途切れることなく学生がアドバイスをもらいにいっていました。

 

 

五感を使ったミュージックビデオという難しい課題でしたが、くろやなぎ先生と学生で楽しみながら形にしていく姿が印象的でした。

 

次回の授業もとても楽しみです。

 

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら、
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制学科です。

http://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

人気編集部が多数来校!「コミックウィーク(マンガ作品講評会)」を実施!

2018.10.10 水

専門日本デザイナー学院では、マンガ家デビューサポート制度のひとつとして「コミックウィーク(マンガ作品講評会)」を実施しています。

学生たちの作品が出来上がる前期と後期の審査後の年2回、出版社編集部の方々が学内で作品講評を行います。

今回来校の編集部は、
・コミックフーモア
・サンデーGX
・集英社 デジタルコンテンツ編集部
・週刊少年サンデー
・週刊少年ジャンプ
・週刊少年マガジン 
・少年エース
・別冊マーガレット
・マーガレット
・マンガMee
・ヤングジャンプ
・りぼん 
(50音順)

と、多くの人気編集部にお越しいただきました!


はじめは緊張していた学生も、次第に緊張がとけたようです。
編集者の皆さんの具体的なアドバイスに、熱心にメモをとっている姿が印象的でした。

「大変いい経験ができました!」
「良いアドバイスがもらえてよかったです!」

早速、編集者の名刺をもらい、担当付けになる学生もおりました!
マンガ家デビューへの一歩を踏み出したようです!

 

専門学校日本デザイナー学院のマンガ科は、マンガが描けるようになる基礎講座と、読者を惹きつける作品づくりの応用授業が、バランスよく学べるカリキュラムです。

今回のようなマンガ業界との連携により、デビュー者も続々輩出しています。

10/14の体験授業では、
『マンガが描けるきっかけ講座』
を開催します。

マンガを描きたいけど、はじめ方がわからない。。

そんなあなたにぴったりの講座です。

 

日デの体験授業をきっかけに、

マンガを描き始めてみませんか?

 

ただいまお申し込み受付中です!

お申し込みはこちらから。

http://ndg.ac.jp/opencampus/

 

マンガ科のカリキュラムはこちら

http://ndg.ac.jp/course/comic.html

 

2018年3月に卒業したばかりの先輩たちが、活躍中です!!

本校卒業生がヤングジャンプ月例新人漫画賞にて4賞受賞!!

本校卒業生が第95回手塚賞にて準入選!!

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |