NEWSトピックス

【産学協同プロジェクト】イラストレーション科×KIRINビバレッジ株式会社 自動販売機POPの完成

2018.8.10 金

先日ご紹介した、本校イラストレーション科とKIRINビバレッジ株式会社さんとの産学協同プロジェクト『自動販売機のPOPデザイン』

遂に、コンペで一位を受賞した作品が完成しましたのでご紹介させていただきます。

 

今回のPOPデザインは『ついつい買いたくなるような自動販売機』というテーマ設定でしたが

テーマ通り、夏に思わず買いたくなるデザインに仕上がっています!

       

 

このPOP、なんと温度計・湿度計付きのデザイン。

夏の暑さと、自動販売機を上手く掛け合わせたデザインになっています。

 

実際に室内と屋外に設置しましたが、温度計の示す温度に大きな違いがありました。

温度に合わせて何を買うか考えるのも、楽しみになりそうですね。

 

キリンビバレッジ株式会社のご担当者様からも、学生らしい提案だととても満足していただけました。

先日紹介した2位、3位の作品と合わせて、関東首都圏のおよそ2万台の自動販売機に設置されます。

 

在学中から、自分の手掛けた作品が露出展開される機会を得られるのは

とても貴重な経験であり、学生のモチベーションにもつながります。

今後も様々な産学協同プロジェクトを行っていく予定です。

 

みなさんも是非、これらのデザインPOPを探してみてください。

そして、楽しみながらこの夏の暑さを乗り越えていきましょう!

 

 

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。

http://ndg.ac.jp/course/illustration.html

 

【学外授業情報】ビジュアルデザイン科撮影実習

2018.8.3 金

ビジュアルデザイン科1年生が、映像作品の素材撮影のために等々力渓谷に行ってきました。

今回は、いつも授業で使用しているハンディカムとあわせて

姉妹校の日本写真芸術専門学校の先生から一眼レフカメラの使い方を教わりながら

フォトソーシャルビジネス科の学生と一緒に撮影を行いました。

8時間の撮影をみんなで交代しながら行いました。

とっても蒸し暑く蚊と戦いながらの過酷な作業になりましたが

爽やかで綺麗な緑いっぱいの自然の素材が手に入りました!

9月の学園祭では、今日の素材を編集して

ビジュアルデザイン科、ソーシャルデザイン科、フォトソーシャルビジネス科が合同で企画を行います。

 

『どんどん森の足湯』お楽しみに!!

 

ビジュアルデザイン科は、グラフィックデザインを幅広く学びながら、
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる学科です。

http://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

【受賞情報】JAGDA学生グランプリ2018にて、3名の在校生が受賞!

2018.7.30 月

JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)が主催する
「JAGDA学生グランプリ2018」で、本校の学生3名が受賞しました!

 

JAGDA 受賞情報ページ:

http://www.jagda.or.jp/information/jagda/3428

 

【優秀賞】
昼間部グラフィックデザイン科2年 鈴木わかな
 
【審査委員賞・田中義久賞】
昼間部グラフィックデザイン科2年 矢島龍平
 
【入選】
夜間部グラフィックデザイン科2年 西倉美扇

 

「JAGDA学生グランプリ2018」は1年に1回、年齡や学年を超え、すべての学生作品の中から最優秀作品を選出するポスターコンペティションです。

全国の美大、専門学校から応募のあるこのコンペティション。応募総数1,527作品の中からの受賞となりました。

受賞された皆さん、おめでとうございます!

 

今年の4月には、本コンペティションの対策授業が行われました。

こちらの様子もあわせてご覧ください。

JAGDA学生グランプリにむけて!

 

 

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習

2018.7.25 水

今日のビジュアルデザイン科はシシヤマザキ先生のコンテンツ実習の授業でした。

まずは、前回のおさらいからスタート。

前回の課題を通して学んだこと、なぜその作業をしたのか振り返り、改めてしっかりと考え

抽象的思考とその思考のプロセスについての理解を深めました。

制作しては振り返る。表現と思考を重ねるこの作業がすごく大切なのだと実感しました。

次に新しい課題についての説明。

今回はアニメーション作品を制作するという課題です。

コマ撮りや劇メーションなどの作品を見て手法を何にするかはみんなで考え

今回は劇メーションに決定しました。

キャラやモチーフ、ストーリーを各自じっくり考えました。

思いついたアイデアを先生に伝え、ひとりひとりアドバイスをもらいました。

学生のちょっとした思いつきも形にしやすいよう丁寧にアドバイスをしてくれます。

学生たちはとても楽しそうに先生と話をしていました。

最後は世界中のおもしろいアニメーション作品をご紹介いただき鑑賞しました。

作品の解説や作家さんのことも教えてくれてすごくおもしろかったです。

いろんな手法のいろんなアイデアの作品をたくさん見て

アニメーションの世界の深さとおもしろさを知ると同時に

アニメーション作品を作ることの大変さ、コツコツやる忍耐強さが必要だということもよくわかりました。

 

次回は夏休み明けです。次回も楽しみですね! 

 

ビジュアルデザイン科は、グラフィックデザインを幅広く学びながら、
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる学科です。

http://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

【産学協同プロジェクト情報】西武信用金庫カレンダーイラストコンペ

2018.7.23 月

今回はイラストレーション科の授業、『産学協同プロジェクト』について紹介します。

 

産学協同プロジェクトは、企業からの依頼を元に、実際の仕事を体験する授業です。

授業の中でコラボレーション課題を行い、現場のスピード感やクオリティを肌で感じることを目指します。

本校は、54年の実績と、渋谷というクリエイティブな街に立地しているという利点から

通常なかなか関われないような大きな企業と産学協同を行うことができます。

イラストレーション科では、必修科目として様々な企業との産学協同プロジェクトに取り組んでいます。

 

今回は、西武信用金庫のカレンダーイラストコンペに、イラストレーション科2年生で取り組みます。

この授業は、イラストレーターの鈴木真紀夫先生が担当してくださっています。

鈴木先生は、イラストレーション科の主任講師として1、2年生の授業を担当しています。

 

 

まずはオリエンテーションを行い、課題のテーマやポイントについて説明します。

その後、2回に渡ってラフチェックを行います。

   

ラフチェックを受け修正していき、約一か月かけて完成させていきます。

 

産学協同プロジェクトで作品が選ばれると、制作した作品が露出展開され

多くの人の目に触れる機会を得ることができるので、とても貴重な経験になります。

 

今後も様々な企業と産学協同プロジェクトを行っていきます!

 

 

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで、幅広いタッチのイラストを学びながら、
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。

http://ndg.ac.jp/course/illustration.html

 

 

2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |