NEWSトピックス

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習・メディア表現

2018/10/10

学園祭も終わり、9月末から後期の授業が開始しています。

本日は、ビジュアルデザイン科『コンテンツ実習・メディア表現』の授業の様子をお伝えします。


講師の先生は前期に引き続き、映像クリエイターのくろやなぎてっぺい先生です。
くろやなぎ先生は、映像・音楽・デザイン・ソーシャルプロジェクト・ビデオアート・ゲーム開発・アニメオープニングなど幅広く活動をされ
最近のお仕事では、朝ドラ『半分、青い。』のオープニングタイトルバックを手がけた方です。

 

初めに、前期授業の振り返りを行いました。

前期の授業では、『ものを見る視点』をテーマに取り組みました。
「デザインとは、日常を観察することで問題点を見つけ、処方することでもある」
ものの正面を認識したうえで、角度を変えて見ることの大切さを実感しました。

 

後期では、前期授業で身につけた「ものを見る視点」を活かし、『音楽』をテーマに取り組んでいきます。

本日の大きな課題は“新しいミュージックビデオのアイデアを3つ考える”です。

 

まず、“自分にとっての音楽”とはなにか個人ワークで考えました。

学生のほとんどが毎日音楽を聴くと話していました。
心を落ち着けてくれるもの、気持ちを高めてくれるもの、集中できるものなど
それぞれにとっての音楽を、言葉で表しました。

 

次に、今のミュージックビデオが持つ問題点をグループワークで挙げていき全体で共有した上で
「新しいミュージックビデオ」のアイデア出しに取り組みました。

「ミュージックビデオは音楽を可視化するもの」
映像のみに留めるのではなく、五感を使ったミュージックビデオのアイデアを形にすることが今回の課題です。

 

個人ワークでアイデアを挙げつつ、くろやなぎ先生にアドバイスをもらいながら形にしていきます。

 

くろやなぎ先生は、学生のアイデアを引き出しながら発想を広げてくださるので、途切れることなく学生がアドバイスをもらいにいっていました。

 

 

五感を使ったミュージックビデオという難しい課題でしたが、くろやなぎ先生と学生で楽しみながら形にしていく姿が印象的でした。

 

次回の授業もとても楽しみです。

 

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら、
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制学科です。

http://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |