NEWSトピックス

マンガ科卒業生井上桃太さんのコミックス「赤きエンザ」が発売中です。

2008.5.31 土

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 小学館新人コミック大賞を受賞した日本デザイナー学院マンガ科卒業生のPN:井上桃太さん。 その第1巻目のコミックス「赤きエンザ」が発売されました! コミックスの中には新人コミック大賞を受賞した 読み切りの「赤きエンザ」も掲載されています。 (読みきりの「赤きエンザ」は卒業作品で制作されたものです)
皆さん、ぜひご覧ください。
また井上桃太さんは別冊コロコロコミックで「赤きエンザ」を連載中です!

【カラーコード】学生がデザイン!日本デザイナー学院カラーコードがデザインリニューアルしました!

2008.5.31 土

日本デザイナー学院カラーコードがデザインリニューアルしました! 以前掲載していたのは、 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 このような5×5のマスに赤・青・緑・黒の4色を使ったコードでした。
しかし、カラーコードの魅力はそこからデザインができること。 文字や図柄などをルールにのっとり4色で表現すれば、 デザインされたコードをつくることが可能です。 もちろん、コードのリンク先は変わりません。
デザインされたカラーコードはコチラ。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 どうでしょう? これもコードなのです! このカラーコードを携帯アプリのカラーコードリーダーで読み込めば、 上のコードと同じにように日本デザイナー学院の携帯サイトに接続することができます。 ———— ★カラーコードリーダーのダウンロードはコチラ★ http://www.colorzip.co.jp/ja/download/ ————
しかもカラーコードデザインは、ビジュアルデザイン科の吉次峻平君が担当しています。 吉次君は、学生サークル「CCB(カラーコード部)」のメンバー。 「CCB(カラーコード部)」は、企業からのカラーコードデザイン制作を中心に、 カラーコードの魅力を学校内外に広めるために活動しています。 【CCB】:学生ブログ
すでに多くの企業からも注目されているカラーコード。 日本デザイナー学院では『デザイン×カラーコード』の可能性をいち早く見出し、 様々な実践的取り組みを行っています。
そしてこの夏、このカラーコードの楽しさを体験できるイベントをCCBのメンバーが開催します! 詳細は後日HP上でお知らせします! お楽しみに!

柘植ヒロポン先生が本を出版!!

2008.5.8 木

080508.jpg 日本デザイナー学院グラフィックデザイン科の講師で、 エディトリアルデザインとデジタルグラフィック担当の柘植(つげ)ヒロポン先生が 5月14日に『クリエイターのための3行レシピ 名刺デザイン』という本を出版されます。
この本は、パパっと手早く、プロの味!というわけで、 デザイナーの基本である名刺デザインをカッコイイデザインやシンプルデザイン、 ビジネスマン向けデザインや和風デザイン、ポップ系やロック系デザインなど、 さまざまなシーンごとに使える名刺デザインを集めたもの。
PhotoshopやIllustratorの解説書は持っているけれど それを使ってどう名刺をデザインしようと迷ったときに。 また、デザインのネタ探しにも必ず役立つ一冊です。
ぜひご覧ください!
——— 【ご案内】 柘植ヒロポン先生は体験授業も担当されています。 興味のある方はお気軽にご参加ください。 ↓申し込みはコチラ↓ 5/11(日)/「はじめてMac講座」
2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |