Just another イベント情報 site

トピックスの一覧

【速報!】シブヤプロダクツ科一期生から早速内定者が出ました!

08 月 28 日

2009年4月より立ち上がった、企画力と構想力を実践で鍛えるデザイン学科、シブヤプロダクツ科。
そのシブヤプロダクツ科から、夏休みが終わる前に早速内定を勝ち取った学生が出ました!

—————-
【学生】
100216_ndg_003.jpg
シブヤプロダクツ科2年
大泉尚之(おおいずみ ひさゆき)さん

【内定企業】
株式会社 レッグス
イベント企画・商品企画系

Q:専門学校日本デザイナー学院を選んだ理由を教えてください。
A:シブヤプロダクツがあったからです。

Q:なぜシブヤプロダクツ科を選んだのですか?
A:様々なデザインが学べるからです。様々なデザインを学ぶことで、問題に対し、多面的にアプローチできると思いました。

Q:印象に残っている授業をおしえてください。
A:フィールドワークです。現在活躍するクリエイターやそれを支える方々にお会いできます。第一線で活躍する方々の言葉は、生きた教科書だと感じました。

Q:実際の就職活動のエピソードを聞かせて下さい。
A:僕はグループディスカッションや面接など、緊張をほぐすために1時間前には企業の近くのカフェで就活ノートを見直してました。

Q:これからデザイン業界を目指す方にむけてメッセージを!
A:僕はデザインを学べば学ぶほど、デザインでできることって多いなと感じました。是非、「デザインの力」を信じて頑張って下さい。
—————-

シブヤプロダクツ科では、基礎や技術の習得にくわえて
デザインのしごとを、実践的にいろいろと体験できます。
実際に、地域や企業とコラボレーションしながら
お店に並ぶ商品をつくったり、イベントを企画したり、広告を手がけたり。
ジャンルを超えて、たくさんのデザイン体験できます。
なにが好きで、将来、どの分野のデザインのしごとに向いているか
じぶんにいちばん合った道を、たしかめながら決めることができます。

■シブヤプロダクツ科の目指す職業
・アートディレクター
・グラフィックデザイナー
・プランナー
・コラボレーター
・雑貨デザイナー
・パッケージデザイナー
・SPデザイナー

空想が好きな人
手づくりが好きな人
ノートによくラクガキする人
いろんな経験をしたい人
みんなを笑顔にしたい人
などなど。
シブヤプロダクツ科は、新しい仲間を探しています!

シブヤプロダクツ科に興味を持った方、
是非、専門学校日本デザイナー学院のオープンキャンパスにお越しください!
担当スタッフが個別で丁寧にご説明いたします。

■資料請求をする
■オープンキャンパスに申し込む
■学校見学&個別相談に申し込む

☆関連記事☆
【デザインに興味のある方、必見】シブヤプロダクツ科振り返りレポート!その1

9/1(水)より、推薦入学(自己推薦)願書受付を開始します。

08 月 27 日

推薦入学(自己推薦)の願書受付を、9月1日より開始します。
出願期間は、9月1日〜11月30日の3ヶ月間です。

【出願書類】
1/入学願書
2/自己推薦書
3/調査書、成績証明書、高等学校卒業程度認定試験合格書(3はいずれか)
4/入学選考資料(作文)
5/誓約書

【合否発表】
出願順に書類選考を行い、願書受理後1週間以内(9月15日以降)に合否を通知致します。
*場合により面接を行います。

出願資格などの詳細に関してはこちらをご覧下さい。
募集要項|出願手続

【特待生制度】
◆再進学特待生制度
専門学校 日本デザイナー学院では、専門学校・大学・短期大学等の高等教育機関卒業者(在学生含む)や社会人の方を対象に学費の一部を減免する制度として、再進学特待生制度を設けています。

◇奨励金額
昼間部 100,000円

◇特待生出願受付期間
第1回 2010年9月1日〜2010年9月30日
*第2回受付もあります。

特待生などの詳細に関してはこちらをご覧下さい。
特待生制度

<参考リンク>
■既卒者の皆様へ
■資料請求(願書も同封されております)
■体験授業&学校説明会
■学校見学

2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |