NEWSトピックス

◆最新記事10件

【就活イベント】マイナビの自己分析セミナーを開催

2013.5.31 金

5月31日(金)、株式会社マイナビの浅川様にご来校いただき、「自己分析セミナー」を 本校で開催いたしました。 このセミナーは希望者の参加で、「自分整理シート」と「ライフラインチャート」を活用して ワークショップ形式でセミナーを実施いたしました。 マイナビ001.jpg 参加した学生の反応も大変よく、「普段自分自身のことをこれだけ向き合ったこともなかったので とても勉強になりました」と感想も。 これからいよいよ就活に向けて本格的にスタートします。 マイナビ002.jpg マイナビ003.jpg

マンガ科卒業生いしかわえみ先生原作「絶叫学級」が、6/14より全国ロードショー!

2013.5.30 木

130529_ishikawa_movie.jpg シリーズ累計発行部数130万部を誇るヒットホラーマンガ『絶叫学級』が実写映画としてスクリーンに登場する。主演の川口春奈さんを筆頭に注目のキャスト陣が集結し、6月14日(金)全国ロードショーを迎える。 『絶叫学級』は、いしかわえみさんが少女マンガ雑誌「りぼん」にて連載中の作品だ。2008年10月号よりスタート。現在はコミックス13巻までリリース中されている。 人間の心の中に潜む”ちょっとした悪”をあぶり出すストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず高い評価を獲得した。 各種メディア化も行っており、子供向けバラエティ番組『おはスタ』で2度のアニメ化、声つきでマンガを楽しめる「VOMIC」ではAKB48がキャストを務めるなど、幅広い展開を見せている。 主役を演じるのはモデル出身の女優・川口春奈さんだ。川口さんは『桜蘭高校ホスト部』や『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』など、マンガの実写ドラマでメインキャストを務めた経験を持つ。彼女がどのような演技を見せてくれるのかに期待したい。 そのほかバラエティ番組でも活躍中の栗原類さんをはじめ、広瀬アリスさん、松岡茉優さんなどが起用されている。 欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな絶叫を刻み込んだ本作は6月14日(金)に全国ロードショーがスタートする。 [記事引用元 アニメ!アニメ!]
『絶叫学級』6月14日(金)全国公開 http://www.zekkyo-movie.com
原作:いしかわえみ「絶叫学級」(集英社「りぼん」連載) キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月 公開表記:2013年6月14日(金)公開 上映時間:77分 監督:佐藤徹也 脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞) 撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」) プロデューサー:長澤佳也 配給:東宝映像事業部


デザインフェスタに参加しました。

2013.5.20 月

5月19日(日)にビックサイトで行われたデザインフェスタVOL37に本校の学生が参加しました。 ポストカードやオリジナル雑貨の販売をして、多くのお客様にご購入していただきました。 ご来場いただいた皆様、ご購入していただいた皆様本当にありがとうございました。 デザフェス001.jpg デザイフェス004.jpg デザフェス003.jpg 卒業生の会社で制作したアート作品などの展示も行いました。この作品が大人気! 多くの方に撮影をしていただきました。
2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |