NEWSトピックス

◆最新記事10件

【学内イベント情報】学縁祭 イラストレーション科報告

2018.9.25 火

9月22日、23日と2日間に渡って開催された学縁祭。

本校は「縁」というキーワードをもとに、来場してくださる方々との繋がりを持った出し物を各科が企画します。

 

イラストレーション科の出し物は「バケモノ屋敷~イラストレーション科がおくる魑魅魍魎の世界~」
学生たちが描いたバケモノのイラストで埋め尽くされた教室で、バケモノにまつわる様々な企画を用意しました!

 

輪投げや宝探し、ぬり絵などの参加型のものから
学生が作成したラミネートカードや缶バッジのプレゼントなど、盛りだくさんな内容が揃いました。

盛りだくさんな内容だけに、準備はとても大変でしたが
細かいアイテムまでこだわって制作したバケモノの世界観がとても好評でした!

なにより、学生たちが主体的に楽しんで取り組んでいた姿がとても印象的でした。

 

 

そして、講師の先生方に全学科のブースを対象に評価していただくブース表彰式では
なんと、イラストレーション科が最優秀賞を受賞しました!!

小さい子も気軽に楽しめるゲームと、手作り感あふれる装飾が評価されました。
普段の授業とはまた違う一体感や充実感を味わうことができ、学生たちもみな晴れやかな表情でした。

 

また、科のブースとは別に、前期末審査で優秀賞、奨励賞を受賞した優秀作品の展示や
前期イラストレーションⅢの授業で制作したスマホケースの展示も行いました。

 

来場者の方たちも、学生たち自身も楽しむことができるとても良い学縁祭になりました!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
学生の皆さん、お疲れ様でした!

 

 

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで、幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。
http://ndg.ac.jp/course/illustration.html

 

 

【学内イベント情報】学縁祭 ビジュアルデザイン科報告

2018.9.25 火

学園祭でのビジュアルデザイン科の様子をお伝えします。

ビジュアルデザイン科は「どんどん森の足湯」を企画実施しました!

 

これはただの足湯ではなく、ビジュアルデザイン科1年生が前期に学んだプロジェクションマッピングを用いたもの。

水面に映像を投影し、自然の光景を楽しみながら浸かることのできる足湯で
最新の映像技法を学ぶビジュアルデザイン科ならではの企画となりました。

 

学生は夏休みの合間を縫って、都内の渓谷にて撮影し、映像の編集を行いました。
水面に投影された映像は、水が動くと揺らめいて、とても綺麗に投影することができました。
足湯と映像、音楽も合わさり、とても心地が良く幻想的な空間となりました。


1年生が前期授業で取り組んだ映像作品を、足湯に浸かりながら見ていただけるよう設置しました。

 

 

また、足湯専用のビニール靴下を使用したことで、多くの方に気軽に参加していただくことができました。

二日目は気温が高かったこともあり、急遽『足水』に変更しましたが、気持ち良いととても好評でした。

 

 

 

さらに、前期末審査で受賞した優秀作品の展示も行いました。

ビジュアルデザイン科の制作物はグラフィック、web、映像の三媒体とあって
とても華やかで見ごたえのある展示となりました。

 

 

学縁祭が終わると、後期授業が始まります。

ビジュアルデザイン科は、VRなどさらに新しい映像表現に取り組んでいく予定です。

学生がどんな作品を作っていくのかとても楽しみです!

 

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる学科です。
http://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

 

アートディレクターの仕事がわかる90分!|学縁祭特別企画「アートディレクターの仕事」特別講義

2018.9.22 土

日本デザイナー学院・日本写真芸術専門学校の学縁祭特別企画として「アートディレクターの仕事」特別講義が行われました。

お越しいただいたのは、株式会社電通のクリエイティブ・ディレクター/アートディレクター田中元先生、コピーライター山田恭子先生、アートディレクター山口さくら先生。

まずは皆さんのそれぞれの仕事をご紹介いただきました。

それが私たちが見たことのある仕事ばかり。


実際の仕事になったものの絵コンテや、評判が悪かったものや苦労したことまで聞かせていただいたり。


この場でしか聞けない、見れない、貴重な機会となりました。

実際のプレゼンの様子もお話いただきました。
その時の仕事のスピード感が伝わるようなワクワクするような内容でした。

そして、学生時代のリアルなお話を聞くことも出来ました。

思いついたアイデアを具体的にする。
やって終わりではなくてしつこくやる。
展開力があるから現実感が出てくる。
いろんなものを見て影響を受け、ブラッシュアップする。

そういったものが何パターンもあること。
それが企業に評価される。

就職活動の参考になるお話もありました。

学生たちにとって、創作姿勢の大きな刺激になりました。

「楽しんで作っていることが大事。それがまわりも賛同してくれたのではないか」
「仕事で自分の想像以上のことがどんどん進んでいく。自分の身の回りが変わっていくことが実感できて、それが楽しい」

まさにアートディレクターの仕事がわかる、あっという間の90分でした。

また特別講義の後も、学生に個別でご指導までいただきました。

トップクリエイターから直接学べる貴重な機会になりました!

田中元先生、山田恭子先生、山口さくら先生、ありがとうございました!

日本デザイナー学院では、ビジュアルデザイン・ソーシャルデザイン・グラフィックデザインなどの学科を設置!

クリエイティブ・シーンに対応する日本デザイナー学院の7つの学科が、みなさんの可能性を大きく広げています。
アートディレクターに興味を持つ方に、おすすめな学科もあります。

まずは日本デザイナー学院の学科一覧をご覧ください。

⇒日本デザイナー学院の学科一覧

■□学園祭特別企画□■  「大人を学ぶ学校」特別講義

2018.9.22 土

 

 

9月22日(土) 学園祭特別企画として、専門学校日本デザイナー学院の校友会「so-zo-ne(ソーゾーン)」プレゼンツ 大人を学ぶ学校 「たまごスピーカーに秘められたデザイン」の特別講義が行われました。

ゲスト講師として、 茶谷郁夫 氏(元ソニー株式会社、NHラボ株式会社 取締役CSO)

をお招きし、スピーカー業界では珍しい形のスピーカを生み出すまで。のお話をしていただきました。

「スピーカー」と聞いて皆さんはどんな形を想像されますか?

大きな四角い木の箱の中に、音を出すパラボラアンテナの様なアンプが入っており、それを布で覆ってあるあの形を思い出すかと思います。

今回、ご紹介いただいたスピーカーはなんと「たまご型」なんです。

この形にしたのは、お客様からの要望で「他社にはない新しいスピーカーを作って!」と漠然としたお願いからだったそうです。

ただし、このたまご型にもデザイナーを目指し、お客様の要望に応える、同じものづくりのプロとして色々と勉強になる点がありました。

印象に残っている言葉をご紹介いたしますね。

「モノづくりのヒントは日常生活にあり、それをどうやって応用し、活用するのかが大事!」

「形や色などは、地球上にするあらゆる生き物や道具からヒントを得られる。全てのモノや形には意味があり、現在生き残っている」

ということでした。

有名はお話では、新幹線の形は鳥のカワセミをヒントに作られていたり、ポルシェの形はカエルの形からヒントを得て作られているんですよね。

何億年前から存在したこのたまごの形には、誰もが愛着があり、誰もが知っていて、違和感なく使えますよね。

さらに、デザイン業界では当たり前のように使われている「黄金比」が使われていたりと、モノづくりのプロのお話から制作から誕生するまでの秘話の中に、いろいろなヒントがあり、とても勉強になりました。

そして最後に、このたまご型のスピーカーで実際に音楽を聴かせていただくことができました。

このたまご型のスピーカーの凄いところは、何と言っても「音場」なんです。

2つのスピーカーの真ん中に座ると立定的な音の空間の中に引き込まれて不思議な感覚に包まれます。

「音」の凄さを改めて感じるとても貴重な経験ができました。

茶谷先生、貴重な講義ありがとうございました!

専門学校日本デザイナー学院・日本写真芸術専門学校合同学園祭は明日の23日(日)も続きます。

明日も、素敵な特別トークライブやイベントが盛りだくさんです!

気になる方は下記URLをご覧ください!

http://ndg.ac.jp/wp/event/archives/3285

【第16回高校生/留学生マンガ・イラストグランプリ受賞者発表!!】

2018.9.22 土

 

マンガ教育54年の実績をもつ本校が、毎年実施している「高校生/留学生マンガ・イラストグランプリ」。

今年で第16回目を迎え、462作品もの応募がありました!

 

本校顧問漫画家里中満智子先生、及び本校講師陣による選考を重ね、各賞が下記に決定しました!!

 

★グランプリ(高校生)★

 

平野 優花 さん

 

(熊本県 九州学院高等学校 1年生)

 

★グランプリ(留学生)★

 

ケビン レディンさん

 

(赤門会日本語学校 日暮里校)

 

★里中満智子賞★

 

楠木 優理子 さん

 

(東京都立昭和高等学校 2年生)

 

★審査委員会賞★

 

一丸 日向子 さん

 

(埼玉県立浦和第一女子高等学校 1年生)

 

★学院特別賞★

 

大久保 さやか さん

 

(東京都立拝島高等学校 3年生)

 

★優秀賞★

 

白石 希美 さん

 

(福岡県立小倉東高等学校 2年生)

 

市川 万鈴 さん

 

(埼玉県 武蔵野星城高等学校 3年生)

 

笠松 仁美 さん

 

(千葉県立成田北高等学校 3年生)

 

★努力賞★

 

山本 さくら さん

 

(福岡県立福岡工業高等学校 3年生)

 

狩野 清夏 さん

 

(福岡県 福岡市立博多工業高等学校 3年生)

 

軽込 晴祈 さん

 

(大阪府 国立大阪教育大学附属高等学校<池田校舎> 2年生)

 

★ベストショット賞★

 

木﨑 弥咲 さん

 

(福岡県 北海道芸術高等学校 福岡サテライトキャンパス 2年生)

 

齊藤 愛海 さん

 

(東京都立園芸高等学校 3年生)

 

溝渕 多嘉子 さん

 

(神奈川県 北海道芸術高等学校 横浜サテライトキャンパス 3年生)

 

★エス賞&キャラクターデザイン賞★

 

首藤 星奈 さん

 

(福岡県 北海道芸術高等学校 福岡サテライトキャンパス 2年生)

 

※エス賞について・・・

季刊「エス」編集部と高校生マンガ・イラストグランプリのコラボ!

エス賞受賞者は、「スモールエス」で作品掲載されます!

 

★キャラクターデザイン賞★

 

今別府 愛 さん

 

(鹿児島県立吹上高等学校 3年生)

 

中川 璃桜 さん

 

(東京都立松原高等学校 3年生)

 

浅古 茉菜 さん

 

(東京都 潤徳女子高等学校 2年生)

 

緒方 いのり さん

 

(福岡県立福岡工業高等学校 3年生)

 

★チャレンジ賞★

 

石山 のどか さん

 

(新潟県立上越総合技術高等学校 1年生)

 

井上 息吹 さん

 

(神奈川県立上矢部高等学校 1年生)

 

新里 未菜 さん

 

(沖縄県立向陽高等学校 2年生)

 

武田 チヒロ さん

 

(栃木県 白鴎大学足利高等学校 2年生)

 

奥田 楓 さん

 

(千葉県立生浜高等学校 1年生)

 

山下 瑠奈 さん

 

(栃木県立小山城南高等学校 3年生)

 

福島 夢菜 さん

 

(群馬県立勢多農林高等学校 3年生)

 

木下 美月 さん

 

(福岡県 公立古賀竟成館高等学校 1年生)

 

倉沢 もえ さん

 

(長野県塩尻志学館高等学校 2年生)

 

瀬戸 詩絵 さん

 

(東京都立青梅総合高等学校 3年生)

 

★団体賞★

 

静岡県立浜松大平台高等学校

 

長野県塩尻志学館高等学校

 

福岡県 公立古賀竟成館高等学校

 

千葉県 東京学館船橋高等学校

 

神奈川県 川崎市立川崎総合科学高等学校

 

福岡県 北海道芸術高等学校 福岡サテライトキャンパス

 

★特別賞(留学生)★

 

崔 ミン禎 さん

 

 

 

受賞までは至りませんでしたが、

非常に力作揃いであったノミネート作品も発表いたします。

 

 

 

 

☆ノミネート作品☆

 

浅野 七海 さん 

 

(静岡県立浜松大平台高等学校 2年生)

 

足立 ひかる さん

 

(東京都 あずさ第一高等学校 3年生)

 

鳥塚 美月 さん (東京都立日本橋高等学校 2年生)

丸山 慶都 さん (長野県塩尻志学館高等学校 2年生)

石井 絢乃 さん (長野県塩尻志学館高等学校 2年生)

佐藤 まい さん (埼玉県立所沢中央高等学校 3年生)

塩﨑 明音 さん (知徳高等学校 3年生)

権田 ことの さん (福岡県 公立古賀竟成館高等学校 1年生)

田中 悠翔 さん (福岡県 公立古賀竟成館高等学校 1年生)

田口 杏 さん (東京都立世田谷泉高等学校 2年生)

瀧 茉穂 さん (茨城県立日立第二高等学校 3年生)

佐藤 杏音 さん (千葉県 東京学館船橋高等学校 1年生)

岩下 絢海 さん (福岡県 海道芸術高等学校 福岡サテライトキャンパス 1年生)

伊海 千穂 さん (静岡県 加藤学園高等学校 1年生)

永野 亜実 さん (神奈川県 三浦学苑高等学校 3年生)

野原 夏子 さん (神奈川県立相模原総合高等学校 2年生)

上原 優奈 さん (埼玉県立上尾鷹の台高等学校 3年生)

河本 望実 さん (神奈川県立白山高等学校 2年生)

杉山 美結 さん (福岡県立折尾高等学校 3年生)

中川 穂香 さん (三重県立松阪工業高等学校 3年生)

中島 彩那 さん (佐賀県 佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校 3年生)

松橋 碧里 さん (青森県立八戸高等学校 3年生)

高木 結羽 さん (埼玉県立大宮中央高等学校 3年生)

 

 

 

 

 

 

―――――

受賞者の皆様、おめでとうございます!

また残念ながら、今回受賞を逃した皆様の中にも、素質を感じさせる作品が多々見受けられました。

高校生/留学生マンガ・イラストグランプリ事務局一同、今後のご活躍に期待しております。

―――――

たくさんのご応募、ありがとうございました!

 

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |