MANGAマンガ科

2年制/昼 専門課程Ⅰ部

年間カリキュラム

横にスクロールできます

1年次

前期(4月〜6月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられます。
編集実務論Ⅰ マンガはだれのために描くのか?今読者が求めているマンガはどのジャンルか?読者に支持されるキャラクターはどうやってできたのか等、プロのマンガ家になるために必要なことを分析しながら講義をします。また編集の立場から、今一番売れている雑誌、売れる理由を追求します。
ストーリー構成Ⅰ マンガストーリーの組み立て方、アイデアの作り方、読者に認められる作品の作り方を学び、作品完成の達成感を感じてもらいます。おもしろいマンガの作り方のテクニックも学びます。
実習科目 キャラクター表現Ⅰ 色彩・心理学・映像等、多角的方面からキャラクターの内面と外面を掘り下げることを目的とします。
マンガクロッキー イラストを描く為に必要不可欠な描写力を養うことを目的とします。特に人体に対する理解と表現力を高める為に、短時間で描くクロッキーを重点的に繰り返し行うことにより、デッサンの向上を目指します。同時に人体以外についても、空間、立体感、陰影等の理解を高め、物を見る観察力の向上を計ります。
Webコミック 近年紙媒体だけではなく、電子媒体の漫画のニーズも非常に多くなっています。そしてその際にアナログからデジタルに発表の場や作成方法を変更する人も増えています。その際に必要となる紙とは違った技法や送信、配信方法などを学ぶ授業です。
マンガⅠ 絵の上手さは問いません。毎回出席し、他の教科を含め課題を提出すれば、2年間で必ずいま以上に上手くなります。そのための基礎を学ぶ科目です。読者がすんなりと読んでくれるようにマンガの構成力を身に付け、作者のメッセージが伝わるようなマンガ作りを目指します。
マンガⅡ キャラクター作成の要素と、キャラクターの魅力を探り、見せ方を学びます。ひとコママンガや4コママンガは、限られたコマ数の中でメッセージを伝えなければなりません。そのためには、ストーリーものとはちがったテクニックが必要になります。この授業では、簡潔に表現するための基礎技術の習得はもちろんのこと、想像力、妄想力によるマンガのアイデアを出す発想法も学びます。
マンガ基礎技術Ⅰ ドラマを盛り上げる為に必要な背景テクニックを基礎から応用まで、一年間を通して学んでいきます。また、作業時間を意識する事で、より実践的に役立つ実力を身につける事を目的とします。
デジタルマンガ基礎Ⅰ ・デジタルマンガの基本を学び、自分に適したツールを見つけ作品を作成する。
・パソコンの基本動作、用語も一から学ぶ。
特別必修科目 スターティングワークショップ表現 モノづくりのワークショップやグループ研修を通じて、将来クリエイターを目指すために必要なコミュニケーション能力を身に着けます。
集中授業 全学科の講師による特色ある技法演習や造形実習、表現体験などの授業を学科に関係なく自由に選択し、学びます。
国内研修 スターティングワークショップの一環として、クラスや学年で学外の研修地にてコミュニケーションを深め自己表現の目標を再確認します。
学園祭企画 クラスや学年でコミュニケーションを深め、企画や作品展示を実施します。
期末審査 前期末の審査会を実施します。

後期(7月〜3月)カリキュラム

 
講義科目 グラフィックデザイン専攻 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられます。
人物と動物の構造 人物、動物の構造を理解し、描き方を学びます。構図や光の使い方などを勉強し、マンガ・イラストの製作にいかします。
ストーリー構成Ⅰ マンガストーリーの組み立て方、アイデアの作り方、読者に認められる作品の作り方を学び、作品完成の達成感を感じてもらいます。おもしろいマンガの作り方のテクニックも学びます。
実習科目 キャラクター表現Ⅰ 色彩・心理学・映像等、多角的方面からキャラクターの内面と外面を掘り下げることを目的とします。
マンガクロッキー イラストを描く為に必要不可欠な描写力を養うことを目的とします。特に人体に対する理解と表現力を高める為に、短時間で描くクロッキーを重点的に繰り返し行うことにより、デッサンの向上を目指します。同時に人体以外についても、空間、立体感、陰影等の理解を高め、物を見る観察力の向上を計ります。
Webコミック 絵の上手さは問いません。毎回出席し、他の教科を含め課題を提出すれば、2年間で必ずいま以上に上手くなります。そのための基礎を学ぶ科目です。読者がすんなりと読んでくれるようにマンガの構成力を身に付け、作者のメッセージが伝わるようなマンガ作りを目指します。
マンガⅠ 絵の上手さは問いません。毎回出席し、他の教科を含め課題を提出すれば、2年間で必ずいま以上に上手くなります。そのための基礎を学ぶ科目です。読者がすんなりと読んでくれるようにマンガの構成力を身に付け、作者のメッセージが伝わるようなマンガ作りを目指します。
マンガⅡ キャラクター作成の要素と、キャラクターの魅力を探り、見せ方を学びます。ひとコママンガや4コママンガは、限られたコマ数の中でメッセージを伝えなければなりません。そのためには、ストーリーものとはちがったテクニックが必要になります。この授業では、簡潔に表現するための基礎技術の習得はもちろんのこと、想像力、妄想力によるマンガのアイデアを出す発想法も学びます。
マンガ基礎技術Ⅰ ドラマを盛り上げる為に必要な背景テクニックを基礎から応用まで、一年間を通して学んでいきます。また、作業時間を意識する事で、より実践的に役立つ実力を身につける事を目的とします。
デジタルマンガ基礎Ⅰ ・デジタルマンガの基本を学び、自分に適したツールを見つけ作品を作成する。
・パソコンの基本動作、用語も一から学ぶ。
特別必修科目 進級審査 後期末の審査会を実施します。
進級作品展 卒業・進級作品展への参加・出品。企画立案から設営まで各クラスで分担し運営します。
2年次

前期(4月〜6月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
人物と動物の構造 人体、動物、様々なモチーフを立体物としてとらえ、自在にアングルを変えたり部品を組み合わせたりできる描画力を養う。マンガ、イラストのアイデア、テーマについていくつかの考察。
ストーリー構成Ⅱ 授業の前半は講義に重点を置き、後半はマンガの課題やオリジナル作品のプロット、ネームのチェック、出版社の選び方に関するアドバイスや卒業後の進路についても指導します。
実習科目 マンガⅢ(×2) マンガ制作における扉絵の役割と構成を学ぶ。16ページマンガを描くことで、ストーリーの展開とコマ割に無駄をなくし、キャラクターの個性の充実を図り、マンガ制作の基本的な力を養います。締切を意識し、完成させるためにサポートしていきます。
※完成後、出版社各紙編集部による作品講評会予定
デジタルマンガ基礎Ⅱ CLIP STUDIO PAINTでマンガ制作ができる技術、アシスタントに行くための知識を身につける。
デジタルソフトならではの技術、効率的な操作の習得。前期はアナログに近い質感のある描画、後期はカラー描画技術の習得を中心に行う。
前期ではコトバ・カタチ・イロ・シツカンをキーワードに、それらすべてを視覚化し演出力を強化していく。最後にコミュニケーションを題材にした冊子を制作し前期末課題とする。
セールスプロモーション 広告戦略の中でもセールスプロモーション領域の重要性を十分理解し開発能力を身につける。
セールスプロモーションの戦略、戦術の基礎を学び具体的に販促プロモーションを企画し効果的なプロモーションツールをデザインする。また実際に商品開発企画から販促プランを作成し、プレゼンテーションスキルも同時に育成する。
Webコミック 1年後期からの続きで投稿用の漫画完成を目指します。その際に、ただ単に作業をするだけではなく、クリップスタジオの新機能、重要機能面白い使い方、効率的な使い方なども紹介します。(希望者には課題として提出)
アシスタントテクニック アシスタントをする上での基本的な技術、並びに漫画を描くうえで必須の背景描写を学ぶ。また限られた期間内でマンガを完成させる力を高める。
キャラクター表現Ⅱ 色彩・心理学・映像等、多角的方面からキャラクターの内面と外面を掘り下げることを目的とします。
選択科目 プロへの道 プロになるためのデビュー対策講座。毎時間、キャラクターデザインのチェック。年1本か2本のマンガ制作。個々の状況を考えながら本数やペース配分を指導します。ページ数は16〜45ページとします。毎時間30分の相談時間アリ。
キャリアプランニング -
特別必修科目
集中授業 グラフィックデザインの入り口からその世界を見渡し、楽しさと奥深さを実感することを目的とする。また、プレゼンテーションセッションを行うことで、それをきっかけとして仲間と打ち解け、これからの学院生活のスタートとする。
学園祭企画 クラスや学年でコミュニケーションを深め、企画や作品展示を実施します。
海外研修 歴史的建造物等の様々な芸術に触れたり、文化の違いを体感するための研修です。様々な芸術や価値観に触れることで、自身の可能性を広げます。
期末審査 前期末の審査会を実施します。
特別必修科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。

後期(7月〜3月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられます。
編集実務論Ⅱ 「編集実務論Ⅰ」で学んだことをベースに、マンガ家に求められていることを一つずつ分析していきます。読者や編集者など、立場の違う人からの視点も織り交ぜながら講義を行っていきます。
ストーリー構成Ⅱ 授業の前半は講義に重点を置き、後半はマンガの課題やオリジナル作品のプロット、ネームのチェック、出版社の選び方に関するアドバイスや卒業後の進路についても指導します。
実習科目 キャラクター表現Ⅱ 色彩・心理学・映像等、多角的方面からキャラクターの内面と外面を掘り下げることを目的とします。
デジタルマンガ基礎Ⅱ CLIP STUDIO PAINTでマンガ制作ができる技術、アシスタントに行くための知識を身につける。
デジタルソフトならではの技術、効率的な操作の習得。前期はアナログに近い質感のある描画、後期はカラー描画技術の習得を中心に行う。
マンガゼミ(×2) 自分の個性と描きたいものの追求、キャラクターの魅力や、世界観を表現する。背景・小道具などの作画テクニックを通して、作品が名刺代わり、デビューへのチャンスの一歩となることを目指す。
アシスタントテクニック アシスタントをする上での基本的な技術、並びに漫画を描くうえで必須の背景描写を学ぶ。また限られた期間内でマンガを完成させる力を高める。
マンガⅣ 卒業作品として、自分の目標とするページ数を設定し、読み切り作品を各誌コンクール、持ち込みを前提に制作する。自分が描きたいものをベースに各誌で求められる作品。
選択科目 プロへの道 プロになるためのデビュー対策講座。毎時間、キャラクターデザインのチェック。年1本か2本のマンガ制作。個々の状況を考えながら本数やペース配分を指導します。ページ数は16〜45ページとします。毎時間30分の相談時間アリ。
キャリアプランニング -
特別必修科目 卒業審査 後期末の審査会を実施します。
卒業作品展 卒業・進級作品展への参加・出品。企画立案から設営まで各クラスで分担し運営します。
認定科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。