GRAPHIC DESIGN夜間部グラフィックデザイン科

2年制/夜 専門課程Ⅱ部

年間カリキュラム

横にスクロールできます

1年次

前期(4月〜6月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
実習科目 グラフィックデザインⅠ アイデア、イメージをいかにして具体的造型へと構築していくかを理解し、デザインヘの移行、プレゼンテーションに至る基礎を学びます。スペースに対する理解、色彩に対する理解、デザイン用語の理解、発想力と表現力の習得を目標とします。
イラストレーションⅠ イラストレーションの基本的な考え方を学び、さまざまな画材を使って表現の幅を広げる。質感、空間の描写、パースなど、イラストの基礎力を習得する。
表現基礎 鉛筆デッサンの実習を通して、総合的な描写力の向上を目指します。また、対象を観察・理解することで、形、色(調子)、空間等に対する造形感覚を養います。(男女の描き方、バストアップの描き方など)
色彩構成/タイポグラフィー ①混色実習、色彩感覚のトレーニングを通じて、CMYとRGBの色の三属性を理解する。
②CMY減法混色、RGB加法混色等について、実習を通じて混色のしくみと色の構造化を理解する。文字に対する理解を深め、活字書体についての知識を身につけ、フォントの使用にあたっての基礎的技術習得を目的とします。(パースなど)
デジタルグラフィック基礎 モバイル機器の普及により身近となったソーシャルネットワークに潜む危険やデザイナーとして活用する上での基本的なルールを学習し、Illustrator、Photoshopを中心に基礎と応用を学ぶ。
特別必修科目 集中授業 前期に学んだ学習内容をもとに、より視野を広げるためのワークショップやセッションを実施する。 そうすることで、いままで学んできたことがこの先、どんな分野でどんな風に活かされているかを身をもって実感し、今後の学びに活かせることを目的としている。
国内研修 クラスや学年で学外の研修地にてコミュニケーションを深め自己表現の目標を再確認します。
期末審査 前期末の審査会を実施します。

後期(7月〜3月)カリキュラム

 
特別講義・HR 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられます。
実習科目 グラフィックデザインⅠ アイデア、イメージをいかにして具体的造型へと構築していくかを理解し、デザインヘの移行、プレゼンテーションに至る基礎を学びます。スペースに対する理解、色彩に対する理解、デザイン用語の理解、発想力と表現力の習得を目標とします。
イラストレーションⅡ 主にAdobePhotoshopを使って、デジタルイラストレーションの基本的スキルを習得する。
印刷実習/パッケージデザイン 印刷の基本的な知識を学びながら、パッケージデザイン(印刷物)がもたらす様々なメッセージをどの様に表現していくか学びます。メッセージを送る側(デザイナー)、受取る側(消費者)の気持ちになったデザイン・印刷物の作成方法を中心に進めてまいります。
タイポグラフィー 文字に対する理解を深め、活字書体についての知識を身につけ、フォントの使用にあたっての基礎的技術習得を目的とします。
デジタルグラフィック基礎 デジタルグラフィック基礎(DTP)DTPデザインの現状を実例検証や実習を通して学習する。
デジタルグラフィック基礎 デジタルグラフィック基礎(DTP)DTPデザインの現状を実例検証や実習を通して学習する。
特別必修科目 卒業審査 1年次で学んだ内容に基づき、総合的に作品制作に取り組む。また実際に自分でプレゼンテーションすることで、伝えることの実践を行う。
進級作品展 進級審査課題を展示し、外部からの観衆からの意見や感想を聞く機会を設けることで、自分の得手不得手を実感し、今後に向けた自信と改善点を自分のものとして手にすることを目的としている。
2年次(Gコース)

前期(4月〜6月)カリキュラム

 
特別講義・HR 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
実習科目 グラフィックデザインⅡ 実践的なグラフィックデザインの課題制作とプレゼンテーションを通して発想力と表現力を身につけることを目的としています。多様化するデザインのニーズに対応できる複数の媒体を想定したプロの現場を意識したカリキュラムです。
グラフィックデザインA 幅広い視覚表現の可能性を学習します。課題制作を通して、多様化するデザイン表現のニーズに対応できる表現力と発想力の習得を目的としてます。
写真実習 カメラの機能を理解し、写真の基礎を学びます。ファインダーを通して見る世界中で自分の作品のヒントを見つけ作品の幅を広げる。
エディトリアルデザイン Illustrator、Photoshopで素材を作りながら、In Designの実践的な使い方と「編集」する知識・技術、「動的レイアウト」などを習得します。 授業後半では、読者を想定して企画立案、編集デザインを行い、実際にデータ入稿して本を作成していきます。
Webデザイン 就職を見据えた応用力に耐えうる基礎技能の習得を中心とし、思い通りのサイトが制作できるような知識を身につけることを目標とする。
特別必修科目 集中授業 より視野を広げるためのワークショップやセッションを実施する。 そうすることで、いままで学んできたことがこの先、どんな分野でどんな風に活かされているかを身をもって実感し、今後の学びに活かせることを目的としている。
期末審査 前期末の審査会を実施します。
認定科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。

後期(7月〜3月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
編集実務論Ⅱ マンガ制作に求められることを分析する。
実習科目 アートディレクション 基礎段階を経た本科目は、グラフィックデザイン領域からアートディレクションという総合的な視点からのプランニングやコーディネーションを含む幅広い領域をプロの現場を意識しながら、実例検証と実践的課題制作を通じて学習する。
コミュニケーションデザイン ソーシャルデザインやコミュニケーションデザインの実例検証を演習を通して、社会におけるデザインの役割と新たな可能性を学ぶ。
Webデザイン 就職を見据えた応用力に耐えうる基礎技能の習得を中心とし、思い通りのサイトが制作できるような知識を身につけることを目標とする。
ムービーアニメーション 映像制作の中でも特にグラフィックデザインの要素が高い、モーショングラフィックを学びます。映像加工ソフトAfterEffectsを使い、自分のデザインしたロゴマークをアニメートしたり、映像加工や、エフェクトなど実践に役立つ高度な使い方までを学びます。
卒業ゼミ 自らテーマを決定し、2年間の集大成となる最終制作課題に取り組むゼミ形式の授業。
特別必修科目 卒業審査 これまで学んできたすべての知識と技術をつぎ込み、自ら企画した課題で制作を行う。
卒業作品展 外部からの観衆からの意見や感想を聞く機会を設けることで、自分の軌跡を振り返るとともに、今後に向けた自信と改善点を自分のものとして手にすることを目的としている。
認定科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。
2年次(ILコース)

前期(4月〜6月)カリキュラム

 
特別講義・HR 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
実習科目 グラフィックデザインⅡ 実践的なグラフィックデザインの課題制作とプレゼンテーションを通して発想力と表現力を身につけることを目的としています。多様化するデザインのニーズに対応できる複数の媒体を想定したプロの現場を意識したカリキュラムです。
イラストレーションA 現在必要とされるイラストレーションの実例検証と実践的課題制作を通して、イラストレーターとしての技術や考え方を学びます。
写真実習 カメラの機能を理解し、写真の基礎を学びます。ファインダーを通して見る世界中で自分の作品のヒントを見つけ作品の幅を広げる。
エディトリアルデザイン Illustrator、Photoshopで素材を作りながら、In Designの実践的な使い方と「編集」する知識・技術、「動的レイアウト」などを習得します。 授業後半では、読者を想定して企画立案、編集デザインを行い、実際にデータ入稿して本を作成していきます。
Webデザイン 就職を見据えた応用力に耐えうる基礎技能の習得を中心とし、思い通りのサイトが制作できるような知識を身につけることを目標とする。
特別必修科目 集中授業 より視野を広げるためのワークショップやセッションを実施する。 そうすることで、いままで学んできたことがこの先、どんな分野でどんな風に活かされているかを身をもって実感し、今後の学びに活かせることを目的としている。
期末審査 前期末の審査会を実施します。
認定科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。

後期(7月〜3月)カリキュラム

 
講義科目 特別講義・HR 課題制作、行事連絡、企業コラボレーションなどの特別授業の制作期間としてまた、生活指導、就職活動などのカウンセリングも行う。国内研修などやイベント実施などにも割り当てられる。
実習科目 イラストレーションB より現実的、実践的なイラストレーションの課題制作。オリジナリティを磨き、説得力のある作品制作力を習得します。
コミュニケーションデザイン ソーシャルデザインやコミュニケーションデザインの実例検証を演習を通して、社会におけるデザインの役割と新たな可能性を学ぶ。
Webデザイン 就職を見据えた応用力に耐えうる基礎技能の習得を中心とし、思い通りのサイトが制作できるような知識を身につけることを目標とする。
ムービーアニメーション 映像制作の中でも特にグラフィックデザインの要素が高い、モーショングラフィックを学びます。映像加工ソフトAfterEffectsを使い、自分のデザインしたロゴマークをアニメートしたり、映像加工や、エフェクトなど実践に役立つ高度な使い方までを学びます。
卒業ゼミ テーマ、コンセプト設定、表現方法、技術、展示に至るまで作品制作を通して発想力、責任感、集中力などを培い、卒業制作にふさわしい集大成的作品を制作する。
特別必修科目 卒業審査 これまで学んできたすべての知識と技術をつぎ込み、自ら企画した課題で制作を行う。
卒業作品展 外部からの観衆からの意見や感想を聞く機会を設けることで、自分の軌跡を振り返るとともに、今後に向けた自信と改善点を自分のものとして手にすることを目的としている。
認定科目 インターンシップ 企業で実務実習を通して職業人としての認識を高めます。