EVENTイベント情報

【今だけ!】ソーシャルデザインを学ぶ【先輩が手掛けた作品をプレゼント!】

2017/12/21

 

みなさん「ソーシャルデザイン」ってご存知ですか?

みなさんこんにちは。広報のです。

学科の名前にもなっている「ソーシャルデザイン」。

この言葉聞いたことありますか?多くの高校生に聞いても多くが「聞いたことない」と回答するデザイン分野

 

いままで「商品」「ブランド」などを宣伝するための広告物を制作することでクリエイティブ業界は進化してきました。しかし、今後わたしたちがくらす社会には「人口減少」「少子高齢化」「環境問題」などあげれば切りのないほどたくさんの課題を抱えています。

その問題をクリエイティブの力で解決するのがソーシャルデザインです。

 

 

そもそも「ソーシャルデザイン」ってなに?

多くの雑誌やWebメディアで取り上げられている定義としてはまちや人が抱える課題を乗り越えるための持続可能なしくみをつくること。

 

ソーシャルデザイン”でGoogle検索すると企業のCSR活動や、社会がよりハッピーになるようなしくみがたくさんヒットします。本校のソーシャルデザイン科を応援してくださっているgreenzのWebページにはたくさんのソーシャルデザインの事例が掲載されています。→Webサイトを見てみる。

 

 

 

「ソーシャルデザイン科」でできること

しくみを作るためには、ひととの会話の中からグッドアイデアを生み出す発想力が必要不可欠。さらに、宣伝するための広告、Webデザイン、商品自体のパッケージデザイン、魅力的なSNS発信のための撮影技術など幅広いスキルがあれば自分の考えたグッドアイデアを自分でカタチにできます。

 

本校ソーシャルデザイン科は3年間の学びだからこそ、グッドアイデアをひらめくための発想力も、グラフィックデザインをはじめとした広告、パッケージ、エディトリアル、Webなどのデザインスキルも。姉妹校の日本写真芸術専門学校の講師から本格的に一眼レフカメラをつかった撮影技術も思う存分学べてしまうのです。

 

 

 

 

ちょっとでも気になったそこのあなたへ朗報です!

ソーシャルデザイン科の説明会を開催します。

 

 

 

 

今回ソーシャルデザイン科説明会に参加された方には

先輩の作品をプレゼント!

現在、地元岐阜県へ戻り、地域へ根ざしたデザインをされているデザイナー

大津厳さんがパッケージデザインを手掛けられた日本最古の蜂蜜問屋『秋田屋本店』から発売されている

3分に1個売れた料理に合わせた専用はちみつ『はちみつdays』をドドーンとプレゼント!

写真で見るより実物を手にしてみるとそのオシャレさにキュンキュンします。

 

 

 

作った人はこんなひと!

大津厳さんは、岐阜県にTHROUGHとして独立。

Webを軸に、ロゴや名刺、パンフレットなど一貫したデザインを、

ヒアリングを重視し、お客様と協議しながら作り上げ、全体ブランドを高める。

 

「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」(d47 MUSEUM)にも選出され。

「ニホンゴロゴ2」「デザインノート No.64」「Typography 08」などにも掲載されている

今注目されているデザイナー。

 

 

の元に届いた商品を包むパッケージもキュート

 

この『はちみつdays』がもらえるのは今だけ!限定30名様です。

ぜひこの機会にゲットしてください。

 

 

 

——————————————————-

ソーシャルデザイン科説明会

■開 催 日■

2月25日(日)

■開催時間■

10:30- ※10:00受付開始

■会  場■

専門学校日本デザイナー学院

東京都渋谷区桜丘町4-16

—————-

★イベント・体験授業へのお申込みはコチラから★

 ≫PCはこちらから

 ≫スマートフォンはこちらから

◆電話から

 03-3770-5581(入学相談室)

◆メールから

 info@ndg.ac.jp

  *件名に「ソーシャルデザイン科説明会希望」とご記入頂き、

  本文に「氏名」「年齢」「住所」「連絡先」「高校名」「学年」を明記してください。

 

——————————————————-

 

▼ソーシャルデザインってこんな学科

ソーシャルデザイン科リンク

 

▼2/25のオープンキャンパスでは、広告デザインが無料で学べる体験講座を実施します。

広告入門の無料体験を申し込む

 

2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 |