STAFF BLOG教ムログ

海外研修Bコース <イタリア周遊> 7・8日目/帰国

2016/6/22

 

七・八日目。

充実のイタリア周遊研修も、いよいよ今日は帰国日です。

 

バスの出発は11時ということもあり、ホテルの近くを少し観光する時間がありました。

 

ローマでお世話になったホテル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

向かいのレストラン。ここで食事をした学生もいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ホテルの近くにはお土産屋さんがいくつかありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

11時になりホテル出発です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ローマから約30分。レオナルドダビンチ空港へ到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

離陸まではまだ時間があるので、先にスーツケースを預けてから空港で各自昼食としました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちなみにスーツケースは23kgから超過料金がかかってしまうのですが、、強者がいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは一旦トランジットのドイツ・フランクフルトへと向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

   

フランクフルトに到着。

フランクフルトは日本人も多く行く都市とあって、搭乗口の前は日本人でいっぱいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日本までの飛行機はボーイング747-8。いわゆる一部2階建てのジャンボジェットです。

日本の国内線では見かけなくなった機体なのでなんだか嬉しかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは、さらばヨーロッパ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

途中、佐渡島がきれいに見えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

約10時間半のフライトで羽田空港に到着!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回の研修が始めての海外旅行だったという学生がほとんどでしたが、

違う文化に触れることができ、視野がとても広がったようでした。

 

イタリアの文化や人と触れ合う中で、歴史やおおらかさを感じられた反面、

残念な思いや悔しい思いをした学生も何人かいました。

 

今やインターネットを使うと世界中のあらゆる場所を写真で見ることができ、

さらにはその場所を歩くことさえ疑似体感できる時代です。

しかしその場所に行かないと感じられないことが絶対にあると思います。

今回研修に行った学生も、きっと多くを感じることができたのではないでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

みんな写真をたくさん撮っていたので、今後の作品づくりにも活かしていきましょう!

 

8日間、お疲れさまでした!!

 
2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |