STAFF BLOG教ムログ

イタリア研修行ってきました(フィレンツェ編)

2017/6/4

5月21日〜29日のイタリア研修報告の2都市目『フィレンツェ編』です。 ベネチアからフィレンツェまでは列車で移動。 翌日、フィレンツェの市内を散策しました。   まずは街のシンボル、ドゥオーモへ(花の聖母教会)。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 天井画がすばらしい!!! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 街のど真ん中にこんな建物があることがまず驚きです。 すごい迫力。みんな大興奮!! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 続いて、市内の中心部シニョーリア広場へ。 映画のロケ地でも有名な場所らしく、ここが楽しみという学生も多かったです。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 ガイドさんの説明で、フィレンツェの歴史や展示されている彫刻について教わりながら見学しました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 アルノ川をバックに記念撮影。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 ベッキオ橋。良い眺めですね〜。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 ウフィッツィ美術館。 午後からの自由研修で学生たちは個別に見学に行きました。 日本からの予約も学生たちが自分たちの力でやりました! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 フィレンツェといえばこれ!幸運の子豚、通称イノシシの像。 鼻をなでてあげると、またフィレンツェに戻ってこれるそうです。 みんなでなでなで。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 ベッキオ宮殿の入口。現在は市役所として利用されています。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 という感じで、市内をみんなでプラプラ散策しました。   お昼ご飯はみんなで一緒にレストランへ。 前菜は生ハムとかサラミとかパテの盛り合わせとサラダでした。 すごくおいしかったです! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 メインはフィレンツェ名物のTボーンステーキ!! 大きなステーキが来て、切り分けてもらいました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 とりあえず必死で食べる学生たち。笑 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 良い表情!! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 そして午後からは自由研修だったので、それぞれ行きたい場所に行きました。 美術館に行ったり、図書館に行ったり、展望台に登ったりする学生がほとんどでした。 この時間を使ってピザの斜塔に行った学生も多かったです。   わたしとしては、図書館がすごくおもしろかったのですが 見た目は学校のような感じで デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 中に入るとテラス席がたくさんあって 現地の学生さんたちがそこでみんな勉強しているのですが 横を見るとなんとドゥオーモのクーポラが見えるという豪華な席なのです。(入場無料) デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 イタリアの学生さんたちは贅沢だなーと思ってしまいました。笑   それから、せっかくなのでジェラート以外のスイーツも食べてみたりしました。 おいしかったです。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 そして夜ご飯は、夕方みんなで待ち合わせをして市内のレストランへ。 当日予約だったにも関わらず、学生価格でセットを組んでくれました。 ありがとうございます!!! パスタ2種、ピザ2種、メイン2種、デザート、ジュースで20ユーロ。(4人ずつでシェア) 安い!!! しかもすっごくおいしかったです。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 という感じで、フィレンツェ研修も無事に終了。 このあと、バスに乗ってローマに向かいます。   次の街は永遠の都ローマです。 お楽しみに!
2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |