STAFF BLOG教ムログ

今日のイラストレーション科〈第23回イラストレーターズコミュニティ開催〉

2013.10.19 土

本日、イラストレーターズコミュニティを開催しました。 ゲストはKLab株式会社でイラストレーターをしている卒業生の与倉礼佳さんです。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 実は与倉さんには8月にも来ていただいたのですが、前回の講演が大変好評だったので もう一度来ていただき、話をしてもらうことになりました。 今日も鈴木先生との対談です。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 現在手がけられている作品は残念ながら公表することができないため、与倉さんが学生時代に制作し、就職活動の時に使用したイラストを数点見せていただきました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 学生に人気のゲーム業界。 また、憧れの会社のイラストレーターさんということで メモを取りながら、真剣に話を聞いてました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 今回は主に、就職活動についての話でした。 一番大切なのは 制作にかかる時間(線画、塗りなど)を自分で把握しておくこと 自分の得意なもの、苦手なものを把握しておくこと また、それらに対して前向きな姿勢を示すことが大切だというお話でした。 よくいろんな会社の方から言われるのですが、 今の実力だけではなく、会社はのびしろを見て判断することが多いと言われます。 また、今後やりたいことが明確であったり、前向きな気持ちがある人が採用されやすいと聞きます。 今日の与倉さんのお話を聞いても、そんな話がたくさん出ました。 また、ポートフォリオの作り方や見せ方についてもアドバイスをいただきました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 後半の懇親会では、積極的に作品を見てもらう学生が多かったのでうれしかったです。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 与倉さん、ありがとうございました。 次回のイラストレーターズコミュニティは11月16日。 ゲストはこなつさんです。 次回は講演とあわせてメイキング講座やサイン会も実施します。 お楽しみに〜。 from 02

【インテリアデザイン科】株式会社シマックス 特別講義

2013.10.19 土

先日、インテリアデザイン科で「特別講義」を行いました。
株式会社シマックス様に来校をいただき、 インテリアデザインの現場についてのお話をしていただきました。
株式会社シマックス様は住宅デザインからショップデザインまで、 幅広く事業を行われている企業で、新宿を初め首都圏にショールームを お持ちの会社です。
また今回は求人までお持ちいただいたので、 会社概要の説明を併せて行っていただきました。
IN131019photo_01.JPG IN131019photo_02.JPG IN131019photo_03.JPG IN131019photo_05.JPG IN131019photo_06.JPG IN131019photo_07.JPG IN131019photo_08.JPG IN131019photo_09.JPG IN131019photo_11.JPG
学生達は、近い将来の自分の姿に置き換えながら、 興味を持って話を聞いていました。
また、学生の中からもこちらの会社を受けたいという事で 面接に臨む学生も出たので、とても有意義な特別講義となりました。
株式会社シマックス様、また貴重なお話をしていただきました 島村様、南様、本当にありがとうございました!

今日のイラストレーション科〈版画展見学にいきました〉

2013.10.15 火

先週の土曜日、イラストレーション科1年生と2年生が、東京都美術館に版画展の見学に行きました。 大人数での見学だったので、3グループに分かれて入りました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 作品は全部で1000点以上もあって、見応えたっぷり。 サイズもいろいろ、手法もいろいろだったので、じっくりゆっくり時間をかけて見学しました。 デッサン担当の小沼先生のわかりやすい解説付きです! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 真剣に説明を聞く学生たち。 気にいった作品は写真を撮って家でまたじっくり見ます。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 また、作品についてだけではなく、大きな作品を制作するときの注意点や 作品展示の方法などについてのレクチャーも受けました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 小沼先生の作品も展示してありました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 卒業生たちも時間を合わせて来てくれました。 うれしいですね。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 最後の部屋には作品の販売もありました。 小沼先生の作品を見つけてニヤニヤする学生たち。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 なかなか見る機会のない版画作品に触れて、とても良い刺激になったと思います。 イラストを制作する上で参考になったこともたくさんありました。 たまには、外に出てみんなで展覧会に行くってのも大事だなーと改めて思いました。 天気もよかったし、とても楽しかったです! from 02

【インテリアデザイン科】ハンス・ウェグナー展見学

2013.10.11 金

秋とは思えないほど暑い10月10日、インテリアデザイン科2年生の 授業の一環(フィールドワーク)で、青山で開かれているデンマークの 家具デザイナー、ハンス・ウエグナーの家具展を見学に行きました。
建築家槇文彦氏が設計した美しい青山スパイラルビルが会場です。
カフェから一段上がったギャラリーと奥の吹抜シリンダースペースが会場で、 60点以上のイスが並ぶ様は、なかなか印象的です。
IN131010photo_01.JPG IN131010photo_02.JPG
おまけに展示品の一部は実際に腰を掛けることがで、学生達は、 引率の阪井先生の解説を聞きながら、歴史に残る美しいイスに 木の美しさと優しさを感じ取ることができました。
IN131010photo_03.JPG IN131010photo_04.JPG
シンプルで美しい家具に触れることにより、学生の卒業制作に向けての 意欲が高まった見学でした。
野口朝夫

【インテリアデザイン科】江戸東京博物館見学

2013.10.8 火

インテリアデザイン科2年生の「フィールドワーク」の授業で、 両国国技館の隣にある江戸東京博物館へ行ってきました。
江戸東京博物館は、失われつつある江戸東京の歴史遺産を守るとともに、 東京の歴史と文化が展示されている博物館です。
IN130919photo_01.JPG
まずは建物の外観について、先生から簡単に説明がありました。
そして入場をすると、まずは旧日本橋の原寸大の復元模型が展示してあります。 その橋を渡りきると、江戸の様々な文化や暮らし方の展示があります。
IN130919photo_02.JPG IN130919photo_03.JPG
橋から見下ろすと寄席の舞台があり、タイミングが良いと寄席を見ることもできます。
IN130919photo_04.JPG
江戸の旧街並の再現模型。緻密な表現が見事です。 また双眼鏡が設置してあり、見やすいように展示にも工夫がありました。
IN130919photo_05.JPG IN130919photo_06.JPG
学生は街並以上に、専ら模型の制作方法に興味があるようでしたが。笑
IN130919photo_07.JPG IN130919photo_08.JPG
IN130919photo_09.JPG IN130919photo_10.JPG
また場内の至る所に原寸大の模型の展示があり、見るだけではなく 実際に触れたり、乗ったり入ったりできるようにもなっています。
IN130919photo_11.JPG IN130919photo_12.jpg
そして、特にポイントとなる場所の説明を先生から詳しくしていただきました。
IN130919photo_13.JPG IN130919photo_14.JPG
IN130919photo_15.JPG IN130919photo_16.JPG IN130919photo_17.JPG IN130919photo_18.JPG
これから新しいデザインを作っていく上でも、古い物・事を知るのはとても重要です。 その事を知っているだけでも今後の作品に奥行きが生まれます。
今後の作品づくりに活かしてもらいたいと思います!
2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |