STAFF BLOG教ムログ

今日のイラストレーション科〈金王八幡宮例大祭ポスタープレゼン〉

2015.7.26 日

みなさんこんにちは。 昨日イラストレーション科2年生が、プレゼンテーションに行ってきたので 今日はその様子をお届けします。   毎年恒例の金王八幡宮例大祭ポスター制作。 今年もイラストレーション科2年生全員が制作し、選考を通過した学生たちと 学校に近くにある金王八幡宮まで行ってきました。   お祭りの実行委員会の人たちの前で、自分が制作したポスターのプレゼンテーションをしました。 2年生なので、プレゼンはとてもスムーズに行われ、みんなしっかりと自分の思いを伝えていました。 さすがです! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 イラストレーションを使った作品 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 写真を使った作品 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 イラストも写真も使わずにパターンで御神輿を表現した作品 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 いろんなバリエーションの作品がありました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 全員のプレゼンテーションのあとは選考会です。 今年は全体の評価がとても高くて、決定に時間がかかりました。 うれしい限りです! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 採用が決定した作品と学生。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 何も取り柄のないと思っていた私の作品が、こんなにたくさんの作品の中から選ばれるなんて 本当にうれしいです。と思わず涙! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 このポスターは、これから9月まで渋谷のいろんなところに掲示されます。 駅のみどりの窓口にも貼られるとか! 楽しみです。   みなさんお疲れさまでしたー!! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院   02

今日のイラストレーション科〈第41回イラストレーターズコミュニティ開催〉

2015.7.21 火

  みなさんこんにちは。 本日、第41回イラストレーターズコミュニティを開催しました。 ゲストはアートディレクターで広島校卒業生の縄手和弘さんです。 イラストレーション科2年生の授業を担当されている講師でもあります。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 普段はアートディレクター、デザイナーのお仕事をされていますが 時にはイラストを描くこともあり、時には絵を描いて個展をすることもあり・・と 幅広く活躍されています。 イラストレーション科が目標とする『絵の描けるデザイナー』です! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 今日はいろいろな作品を紹介しながら デザイナーとイラストレーターの仕事についてお話していただきました。   デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 一緒にお仕事をされることがよくあるという鈴木先生と縄手先生。 いろんなエピソードを交えながらの対談でした。 また、仕事をする時にどうやってアイデアが生まれたか?等のお話も聞けました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院   デザイナーになったらもう絵が描けなくなる・・と思ってる学生が多いのですが デザイナーが『こういう絵を作りたい!』からほとんどの仕事ははじまっているというお話や 絵作りが得意なみんなはデザイナーになったらその特技を生かせばいいだけ!というお話を聞いて 学生たちの不安は少しなくなったようです。 みんなメモを取りながら真剣に聞いてました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院   対談のあとは懇親会。 パッケージ作品を手に取って見ながら雑談をして盛り上がってました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 縄手先生、本日はありがとうございました。 次回は9月18日、ゲストは島貫直人さんです。 お楽しみに〜!!   02

【インテリアデザイン科】丸の内・東京駅周辺を歩く(後編)

2015.7.18 土

    次は有楽町東京国際フォーラム。   150702marunouchi_010   これは、先生によると日本人では作れない、美しい大きな空間とのこと。 日本には歴史的に、人が入れる巨大空間は存在しなかったとの説明がありました。   150702marunouchi_011   一度地下に降りないと、建物の上に登れません。 エスカレーターが下がるにつれ、見える空間が変わることが ダイナミックでとても楽しく感じました。   150702marunouchi_012   地下から見上げると、ずっと上にガラスの屋根。 何しろ、今まで見たことが無い大きな空間。   150702marunouchi_013   今度は7階まで上り、巨大なガラス屋根を見上げると、 船の底を持ち上げたような構造に見えます。   近代に普及したガラスが利用できるからこそできるこの空間性を、皆で堪能しました。   このように大きな空間スケールは、今まで誰も体験したことが無かったので感動! ほとんど誰もいないこの空間。何時間居ても飽きない感じがします。   150702marunouchi_014 150702marunouchi_015   地上まではスロープをゆっくり降ります。 屋根からつられたスロープは、歩くと揺れる感じがして 最初のうち、おっかなびっくり。       150702marunouchi_016   さらに山手線沿いを歩いて、東京中央郵便局へ。昭和の初期につくられた、 白いタイルが貼られ、生真面目なプロポーションのこの建物は当時の代表的な 近代デザインだったと言うことです。   明治生命館と同じ頃にできたにも関わらず、装飾が無く、 今のデザインに近い感じがします。 ヨーロッパで起こったインターナショナリズムという様式に影響を受けていると言うことです。   150702marunouchi_017   この建物も、オリジナルの一部を残し、背後に超高層ビルを建てていますが、 先ほどの三菱1号館と違い、自己主張が抑えられており、 古いファサードと調和しているので違和感がありません。   150702marunouchi_018   今日最後の東京駅。 これも最近改修され、昔のデザインに近くなったとのこと。   外壁のレンガにムラが大分あるのは、昔の材料をなるべく残し、 仕方が無いところだけ新しいものにしたことによるとのこと。   ホールの天井を見上げ、隅にいろいろな干支のレリーフが付いていることに気付きました。   150702marunouchi_019   今日の丸の内歩きは、明治、大正、昭和と様々な時代に立てられた 建物を体験しましたが、古いものほど空間が閉じられ、 外部とのつながりを持とうとしていないのに対し、 平成になって建てられた東京国際フォーラムは、 ガラスをふんだんに使うことで、外部空間と内部空間が連続させ、 全く違うデザインコンセプトであることを感じました。

【インテリアデザイン科】丸の内・東京駅周辺を歩く(前編)

2015.7.15 水

教科書だけでなく、実際に東京の街を歩くことでデザイン、文化を考える インテリアデザイン科の「フィールドワーク」。 日本的な空間とアジア的・西欧的な空間を考える授業が進んでいます。   今日は、担当の野口先生と東京駅周辺・丸の内を歩き、日本の明治、大正、昭和初期の 社会が求めていた空間を体験する授業です。   150702marunouchi_001   渋谷の学校から地下鉄で二重橋駅前に。地上に出ると、曇り空のもと皇居の緑が 目に優しく入ってきます。明治に入り、草ボウボウだった丸の内が三菱財閥により 整えられ、オフィス街が形成されていったことなどの概要を聞いた後、 目の前にそびえ立つ明治生命館へ。   岡田信一郎が昭和初期に新古典主義でまとめた明治生命館。 並んだ柱、その柱頭を飾るアカンサスのレリーフなどを眺めながら室内に。   設計者はヨーロッパ建築の実物を見ないで、堂々たる建物を設計したということです。   150702marunouchi_002   ラウンジとして公開されているスペースは、天井から自然光が差込み、とても静かな空間。 改修をしたときのライティングのデザインによってか、モダンな感じが調和して心地いい。 床のパターンはアールデコ風でもある。石で仕上げられた床や壁の重厚さとプロポーションの 端正さが、空間の「本物感」を皆に伝えてくれます。   150702marunouchi_003   スタッフの方が模型で明治生命館の成り立ちを説明してくれる。 さらに特別ということで、コーニス(屋根の出っぱり)を見せに屋上まで連れて行ってくれました。   150702marunouchi_004   学生から「どうして、途中にライオンの頭がついているのですか?」という質問。 係の方「…ライオンが置いてあるのと同じではないですか」とのお答え??? いずれにしても皆は、建築様式を見上げるだけでなく、屋上から見下ろすこともできて、大満足。   150702marunouchi_005   150702marunouchi_006   担当の方にお礼を言って、次は三菱1号館へ。 明治の中頃、イギリス人お雇い建築家コンドルによって設計されたこの建物は、 レンガ積みのイギリスの様式で、縦長の窓など、ロンドンの古い街を感じさせる雰囲気です。   皆は外部から隔絶された内部のインテリアを想像し、 日本的な開放的な空間との都外を実感しました。   150702marunouchi_007   中庭にまわると、今度は自由に枝を伸ばしている樹が皆を迎えてくれます。 イングリッシュガーデンってこんな感じ?   内部空間の閉鎖性と外部空間の開放性のコントラストを実感。 この自然の中でお茶を飲みたいという皆も、高そうなので結局パス!   150702marunouchi_008   150702marunouchi_009   次の見学地に向かいながら振り返ってガッカリ! 後ろに建つ高層ビルが、コンドルの建物を全く無視し、自己主張の強いデザインなのです。 どうせなら明治の遺産を尊重するデザインにすれば良いのにとの意見が出ていました。   (後編に続く)

今日のイラストレーション科〈卒業生の個展に行きました〉

2015.7.10 金

みなさんこんにちは。 今週イラストレーション科1年生みんなで、卒業生の南無子さんの個展『ぱらいそ』を見に行ってきました。 信濃町にあるギャラリーまで。みんなで遠足気分です! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 ギャラリーに到着。 モノクロの細かい線画、カラーのかわいい作品などなどたくさん展示してありました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 作品の一部をご紹介。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 南無子さん。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 学生からの 制作時間はどのくらいですか?とか 絵具のぼかし方を教えてくださいーなどの質問にも ひとつひとつ答えてくれました。 ありがとうございます! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 グッズや作品集もありましたー。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 クラスでわかれて行ったので、2回もお邪魔しちゃいました。 南無子さん、ありがとうございました。   卒業生の活躍は本当にうれしいです。 これからもがんばってほしいです!   02    

今日のイラストレーション科〈川崎フロンターレファン感謝デー〉

2015.7.7 火

みなさんこんにちは。 今日は、先週末等々力陸上競技場で行われた 川崎フロンターレファン感謝デー似顔絵イベントについての報告です。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 イラストレーション科学生14名が参加しました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 『ふろん太と似顔絵』というコーナー! 紙にはいろんなふろん太を描いて準備。お客さんに選んでもらいました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 準備が整って無事にスタート! と思ったらいきなりの行列!!うれしいですね〜。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 今回も、色鉛筆、マーカー、水彩絵具など画材はさまざまです。 みんな自分の個性を出しながら描いてました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 お客さんと、コミュニケーションを取りながら描いていきます。 これがなかなか難しいのですが これまでのイベントの経験を生かして、とてもうまく進めてました。さすが!! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 お客さんがとっても喜んでくれて、学生たちもすごくうれしそうでした。 直接お礼を言われるのはとても貴重な体験です。 ありがとうございます! デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院 約200名の方々にご来場いただきました。 ずっと行列が途絶えることがなくて、大盛況でした!! 学生たちは『すごい忙しくてすごい疲れたけど、すっごい楽しかった〜!』ってことでした。 良い一日になったようです。   ご来場いただきましたみなさま、川崎フロンターレの関係者のみなさま ありがとうございました。 デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院   02
2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |