STAFF BLOG教ムログ

〈今日のマンガ科〉コミックウィークを開催しました

2017.10.31 火

日デ恒例のマンガ科「コミックウィーク」を開催しました。

今回お招きしたのは、講談社「月刊少年マガジン編集部」と「アフタヌーン編集部」です。

初めて参加した学生もいて、とても緊張していましたが、終了後のアンケートには「色々なアドバイスが貰えて、とても良かった!」と手応えを感じたようです。

名刺を頂いた学生は、「次回作が出来たら連絡してね」と言われていました。

これからの活躍が楽しみですね。

〈学外イベント〉台湾アート研修 〜その2〜

2017.10.29 日

台湾アート研修の報告その2です。 2日目は、現地の大学生たちと台北市内を散策しました。

華山1914や四四南村エリアなどの見学、また台北地下街でブックストアやゲーム、フィギュアのお店を見て回って

学生たちはたくさんの刺激を受けました。

台湾の学生も日本の学生もマンガやアニメが好きなところは同じようで、楽しく会話をしながら歩き回りました。

華山1914。

四四南村エリア。

ランチは麺線というそうめんのようなラーメン。

みんなで立ち食い!

そして夜は東京校の卒業生、九州校の学生と卒業生、企業の方々とで食事会。

デザイナーやマンガ家として活躍する卒業生や、親となって忙しく過ごしている卒業生たちと

交流して楽しい時間を過ごしました。

わざわざ時間を作って来てくれたことに本当に感謝です!

卒業生たちから自己紹介を兼ねて一言ずつお言葉をいただきました。

学生を代表してイラストレーション科の学生が挨拶をしました。

後半はゲームをして盛り上がりました。

卒業生のみなさん、本当にありがとうございました。

今後の活躍に期待しています!!

〈学外イベント〉台湾アート研修 〜その1〜

2017.10.27 金

先日、東京校と九州校合同の3泊4日の台湾アート研修を実施しました。 この研修では、アジア最大級のイベント(ARTTAIPEI2017)の見学、現地大学生との交流、ゲーム会社の見学 そして、九州校学生や卒業生たちとの合同夕食会など、盛りだくさんの内容でした。   まずは1日目の様子から報告します。 羽田空港から台北松山空港へ。行ってきます! 九州校の学生と合流して、まずは腹ごしらえ。 ふわふわマンゴーかき氷を食べました。おいしかったです! そしていよいよART TAIPEI2017へ。 入ってすぐにこの作品。笑 現代アートや油絵、水彩画、彫刻など、ものすごい数の作品が展示されてました。 さすがアジア最大級のイベントです。 学生たちにはすごく刺激になったようです。 もっとイラスト描きたくなりました。って。嬉しいですね!! 夜は士林夜市に行きました。 噂の臭豆腐も食べて来ました。 蛇のスープと血を飲む学生と卒業生と講師。おいしいのでしょうか・・・ 無事に1日目は終了です。  

〈今日の企画デザイン科〉渋谷・本店【東急百貨店】とコラボ!

2017.10.26 木

もうすぐハロウィーンですね。

日デの企画デザイン科は東急本店と「ハロウィーンなぞなぞラリー」を実施します。

先日、そのミーティングが行われ、ポスター案やゲームの企画等を発表してきました。

どの案が採用されたかは・・・当日までお楽しみですね。

10月28日(土)10時~19時30分 東急本店の6階特設カウンターにお越し下さい。

お待ちしております!!

https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/news/index.html

〈学外イベント〉イラストレーション科版画展見学

2017.10.17 火

イラストレーション科のデッサンの授業の一環で、第85回版画展を見るために東京都美術館に来ています。

この版画展では、約700点の作品が展示されており、木版、銅版、リトグラフなど種類も様々です。

また説明がとてもわかりやすく書いてあるので、版画の知識がない学生たちでもよく理解できます。

デッサン担当の小沼先生の解説をみんなで一緒に聞きながら見学しました。

技法や版の仕組みについてだけでなく、それぞれの作品や作家の特徴も教えていただきながらの見学だったので

とてもわかりやすく、みんなとても楽しめたようです。

自由に撮影ができる展示会だったので、学生たちは気にいった作品を見つけて撮影していました。

小沼先生の作品も展示してありました。

先生の作品を見る機会はめったにないので、学生たちは大喜びです!

先生もすごく嬉しそうでした。

大人数でおしかけてしまいましたが、協会の方々はとても親切に気持ちよく対応してくださいました。

ありがとうございました。

〈今日のマンガ科〉編集部にマンガ持ち込みに行ってきました

2017.10.16 月

マンガ科の作品持ち込み第2・3弾!!

株式会社小学館(https://www.shogakukan.co.jp/)の【週刊少年サンデー編集部】【週刊ビックコミックスピリッツ】【チーズ!編集部】さんと

スクウェアエニックス(http://www.jp.square-enix.com/)の【ガンガン編集部】に行ってきました。

様々なアドバイスが頂けたので、学生にフィードバックします。また、この作品「いいね!」というのもあり、期待です。

お忙しい中、編集部の皆様ありがとうございました。

〈今日の企画デザイン科〉フリーペーパー『MegRu』様からフリーペーパーづくりを学ぶ!

2017.10.14 土

今日は『プランニング演習』の中の『セッション』プログラムです。 毎回、講師とつながりのあるゲストをお招きしていろいろとお話を伺ったり雑談したりする授業。 貴重なお話が聞けるとともに、コミュニケーションの力がつき、なおかつ人脈も広がる授業です。   今回のゲストはフリーペーパー『MegRu(めぐる)』編集部の伊藤さんと川口さん。 『MegRu』は株式会社 グライド・ワンというイベント企画・制作などを手がけている企業が発行していて、 毎回いろんなクリエイターさんの作品を掲載している”手のひらギャラリー”がコンセプトのフリーペーパーです。 ホームページはこちら フリーペーパーは企画・取材・編集・デザイン・印刷という一連の流れが全て詰まった媒体。 企画デザイン科でも毎年制作しています。     伊藤さんと川口さんから『MegRu』を作る上での大変なところややりがいなどをお話いただきました。       『MegRu』は、フランスで開催されている『JAPAN EXPO』にも、 クリエイターさんたちの作品とともにブース出展されているとのことで、 ちょうど夏に参加した『JAPAN EXPO』のお話も伺うことができました。 現地でしか体験できないさまざまなお話はやはり貴重です。     お二人とも落ち着いていてしっかりとお話されていますが、 伊藤さんは入社2年目、川口さんは今年入社したばかり。 学生たちとも年齢が近いこともあり、フリーペーパー以外にも、 好きなアニメや漫画の話から、お二人の就職活動のお話まで いろいろと伺うことができました。就活に関しては学生たちも興味津々。 これも貴重なお話です。     最後は、講師の中根が運営するギャラリーで来年開催する『MegRu』グループ展の打ち合わせ。 仕事の話ですが学生たちも同席します。話の流れで、 学生の一人が同時期にギャラリーの別スペースで個展をすることに。 企画デザインかも一緒に盛り上げる事となりました。こういう発展が楽しいんです。   伊藤さん、川口さんありがとうございました。 引き続きよろしくお願いします。

〈今日の企画デザイン科〉東急Bunkamuraザ・ミュージアム様とワクワクミーティング!

2017.10.14 土

今日は渋谷にある東急Bunkamuraザ・ミュージアムのご担当:佐藤さんをお招きしての授業。 Bunkamuraザ・ミュージアムさんとは、5年以上に渡っていろんな企画をご一緒させていただいていますが、 今回は展覧会におけるフォトスポットの企画を一緒に考えるという授業です。     昨今の美術館の展覧会では、写真撮影可能なスペースを設けてSNSで拡散していただくプロモーションが必須ともいえます。 Bunkamuraザ・ミュージアムさんでも、毎回撮影スポットを設置されていて、 10月から開催の『オットー・ネーベル展』でもフォトスポットを設置するの で、その企画を考えるお手伝いをすることとなりました。     特別ゲストとして、『HOTEL SHE,KYOTO』のギャラリースペースを担当されている金井塚氏も参加いただき、 いろいろとアイデアやアドバイスをいただきました。 『HOTEL SHE,KYOTO』は現役東大生の女性が立ち上げたことでも話題になったホテルで、 今までにない新しい場作りを行い、特に10代~30代の人たちを中心に注目されています (講師の中根と金井塚さんは、同じ映画のプロモーション担当で、関西と関東をそれぞれ担当しています)。   まずは展覧会について勉強。 佐藤さんから作家の人物像や作品、創作の歴史などをレクチャーしていただきます。 オットー・ネーベルは20世紀のスイス、ドイツでクレーやカンディンスキーらとともに活動した画家で、 今回は日本初の回顧展となります。日本ではほとんど知られていない作家だけに、 SNSで拡散していただくプロモーションは重要です。     学生たちも思い思いの意見を発言します。 企画会議で大事なのはまずは質より量。 金井塚さんもSNSを使ったプロモーションの事例や、 今注目しているインフルエンサーなど、さまざまなコンテンツを紹介してくださいます。   会議の内容は、ターゲットを絞る、情報発信力のある人に頼る、というよりも、 展覧会の作家のキャッラクターや作品の魅力をいかに反映させるか=伝えるかと いうことにだんだんと集約されました。非常に濃い内容となりました。 今回の展覧会については、あくまでもアイデア出しということでの会議でしたが、 今後は学生たちが実際に企画・運営を行う方向で進めさせていただくこととなりました。 来月はBunkamuraザ・ミュージアムさんと毎回開催している、 『オットー・ネーベル』展を拝見して、感想レポートを書くという授業の予定です。       佐藤さん、金井塚さんありがとうございました。

〈学内イベント〉ディレクターさんから取材受けました

2017.10.13 金

ビジュアルデザイン科のメディア表現(中岡先生、浦田先生)の授業。 いろんなゲスト講師に来てもらってたびたび特別授業をやっていただいているのですが 本日はテレビ番組のディレクターさんに来てもらって、学生たちが取材を受けました。   実際に自分たちが視聴者の立場になって取材を受けることで、番組ってどうやって作られていくのかについて学びます。 いろんな話を聞いたり話したりしながら、リサーチすることの重要性についても教わりました。

〈学外イベント〉ビジュアルデザイン科3年国内研修実施

2017.10.7 土

ビジュアルデザイン科3年が、江戸風鈴の老舗『篠原風鈴本舗』の制作体験に行ってきました。 こちらは創業100年を超える歴史ある風鈴屋さんです! http://www.edofurin.com まず最初に説明を聞いて、早速体験スタートです。 ガラス吹き。これがすっごく難しい!! わたしも体験しましたが、職人さんたちのスゴさがよくわかりました。 ガラス吹きのあとは絵付け体験。 これがまた難しくて・・・デザインだけでなく描く順番をよく考えてから始めないと 表から絵が見えないということがあって、なかなかスタートに踏み切れなくて。笑 しかも、ガラスの内側なので思い通りに筆が動かせなかったりしてすごく難しかったです。 2時間近く制作に時間がかかってしまいました。 でも、すごく楽しかったです! やっと完成した作品はこんな感じ。 初めてにしてはまあまぁですかね!?

職人さんたちの話を聞いたり、技を見せてもらったり

自分でもガラスふきや絵付け体験など普段できないことができたので、本当に楽しい1日になりました。

学生たちは、完成した風鈴にも大満足のようです!

篠原風鈴本舗のスタッフのみなさま、ありがとうございました。

2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |