STAFF BLOG教ムログ

<授業情報>ソーシャルデザイン科でブレスト実践!

2018.5.9 水

ソーシャルデザイン科1年生は本日、ソーシャルデザインⅠの授業でブレインストーミングを行いました。

 

ブレインストーミング(ブレスト)とは、 一つのテーマに対して、複数の人が自由に意見を出し合うことで、新しい発想や問題の解決方法を導き出す手法です。

 

今回のテーマは「クリエイティブな教室」

 

 

 

実際にブレストを行う前に、ウォーミングアップとして、”Yes.and.エクササイズ“というなりきりゲームを行いました。

このゲームは2人組で行い、一方がもう一方に対し、身の回りにある物を架空の別の物に例えて提示します。

そして提示された方は、必ずその例えに乗っかって返していかなければならないというゲームです。

 

講師の磯村歩先生は、ペットボトルのお茶=「最新の帽子」というお題を出され、なりきって演じていました!笑

 

簡単そうに思えて意外と難しいこのゲームですが、学生たちは無茶苦茶なお題を出し合って楽しんでいました!

学生たちの表情も明るくなり、ウォーミングアップは完了!

 

 

 

次に、「クリエイティブな教室」を考えていくためのネタとして、“自分自身が生活の中でひらめく瞬間“について意見を出し合います。

書き出していった多くの意見を、グループに分類していきます。

 

学生たちも積極的に意見を出し、身を乗り出してグループを作っていました。

 

 

 

そして、グループ分けされた“生活の中でひらめく瞬間”をもとに、ブレストを行って「クリエイティブな教室」のアイディアを出していきます!

 

相手の意見を否定せず、自由な発言を認めることが前提となっているブレスト。

学生たちも、実現可能なものから突拍子もないものまで、思わず笑ってしまうような意見を出し合っていました。

さらに、相手の意見を受けて新しいアイデアを生み出すことで、より多くのアイデアが生まれていました。

 

 

 

 

最後に磯村先生から、アイデアが生まれやすい環境作りをすることの大切さについてお話がありました。

学生たちも納得の表情で、今回のブレインストーミングの授業を通じて環境作りの大切を学んだようでした。

 

 

 

インテリアデザイン科 スターティングワークショップで 〜その1〜

2018.5.2 水

インテリアデザイン科では、新一年生が授業に入りやすくする意図で、入学直後の2週間をスターティングワークショップとして、様々な授業がおこなわれました。 その一環として、雲一つ無い青空の午後、旧千代田生命本社ビル(現 目黒区役所)を見学しました。 1966年に千代田生命本社ビルとして竣工し、2003年に目黒区役所に生まれ変わったビルは、アルミニウムキャストの外観で、大変繊細なたたずまいです。 設計者の村野藤吾氏は、同世代の丹下健三氏が造形的なデザインで世界的な建築家として、広く知られたのに対し、日本的な繊細な職人技を綴り上げていく作風で、オリジナルで緻密、かつ大胆な空間を構成してきた建築家です。 玄関のキャノピーのシャープな曲線の美しさ。 日本デザイナー学院 玄関ホールの何気ない空間での様々な演出。 日本デザイナー学院 メイン階段の抑えられた華やかさと繊細さ。 日本デザイナー学院 日本デザイナー学院 色香が溢れる和室空間。 日本デザイナー学院 日本デザイナー学院 学生一同、デザインがもつクリエーティブな力に感動。 中国からの留学生が多い新一年生も、初めて体験する日本的な空間を印象深く楽しんでいました。 日本デザイナー学院
2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 |