NEWSトピックス

◆最新記事10件

【キャリアイベント】21年卒学生向けイベント:ポートフォリオ基礎講座&先輩の話を聞く!を実施しました。

2019.9.7 土

専門学校日本デザイナー学院では、早期化する就職活動の現状を踏まえ、2021年3月卒業予定となる学生向けのキャリアイベントを実施しました。

 

今回の内容は2本立て。

まずはクリエイティブ業界の就職活動に必要な「ポートフォリオ基礎講座」

 

ポートフォリオとは、学生のスキルや方向性を、企業担当者に伝える作品集のようなもの。

当日は、ポートフォリオの基本構成や担当者が見ているポイントの講義があり、志望業界別の製作アドバイスのプリントが配布されました。

 

また、教室には先輩方のポートフォリオ展示も。

ひとりひとり見せ方が異なり、参考になります。

 

そして、先輩の話を聞く!です。

就職活動中で大変だったこと、学生時代のおすすめの過ごし方などをインタビューした映像をみました。

 

志望業界へ就職を決めた先輩たちの話は心に響いたようです。

 

 

さらに今回は、1つ上の先輩である20卒学生がゲスト登壇!

就職活動を経験した先輩からのアドバイスは非常にリアル。

登壇した3名とも「自己分析」の重要性を話していたのは印象的でした。

 

 

「ポートフォリオに関すること以外にも企業説明会や自己分析に関するリアルな事が聞けて良かったです」

「先輩方が実際に、どれくらい前から準備していた等の具体的な話を聞くことが出来たのでよかったです」

「ポートフォリオの製作は方向性がわからずしまいだったので、とても参考になりました。今回の講座を受けて、企業説明会も視野に入れての活動を心掛けるべきだと感じました」

 

参加した学生からも次につながる感想が多くありました。

 

自己を理解する行動を通じて、自分に適した仕事を見つけていく。

クリエイティブ業界においてもキャリアの基本はかわりません。

 

この講座もそのきっかけのひとつです。

ぜひ次につながるための具体的な行動に移していきましょう!

 

 

自発的取り組みのきっかけづくりを発信しています。

キャリアで重要なことは、自発的に具体的行動に移すこと。

学生のみなさんがどう行動するべきか。

その考えのきっかけとなるような情報発信をキャリアセンターでは心がけています。

本校キャリアセンターの詳しい取り組みはこちらもご覧ください。

https://ndg.ac.jp/employment/

 

【キャリアイベント】株式会社バドインターナショナルの会社見学会を実施しました。

2019.9.5 木

専門学校日本デザイナー学院では、学生が将来のキャリアを明確にするためのきっかけづくりとして、定期的に会社見学会を行っています。

 

今回訪問したのは、株式会社バドインターナショナル。



株式会社バドインターナショナルは、旅行広告に特化した制作会社。

DTP制作においては、アジアNo.1といわれる規模を誇っている企業です。

 

株式会社バドインターナショナルHP

https://www.bud-international.co.jp/

 

まずは株式会社バドインターナショナル片岡さまから企業説明。

どのような企業なのか、概要や制度のお話しをいただきました。


次に具体的な仕事内容を、実際に使用した制作資料も交えて、ご説明いただきました。


さらに、なかなか入ることの出来ない制作デスクまで入らせていただきました。

 

今まさに仕事をしている社員の方の様子を近くで見せていただくなど、参加した学生たちは働くイメージがかなり具体的になったようです。

「きさくな方々がたくさん居らっしゃったので、気軽に質問をすることが出来ました。実際に赴くことで、リアルな仕事の流れなどを学ぶことが出来て良かったです」

「会社の雰囲気も和気あいあいとした感じで働きやすそうだなと思いました。参加して良かったです」

といった学生の声があがりました。

 

株式会社バドインターナショナルの夷石様・片岡様ならびにスタッフの皆様、

お忙しい中、見学会をお受けいただき、ありがとうございました!

 

日本デザイナー学院キャリアセンターの取り組み

日本デザイナー学院のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる役割を目指しています。

本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、企業と学生が出会える機会や支援の機会を設けています。

 キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

 https://ndg.ac.jp/employment/

 

【授業情報】水彩メイキングの授業を実施しました。

2019.8.31 土

本日、卒業生で水彩画家のイチゴ納豆先生をお迎えして、水彩メイキングの授業を実施しました。

 

自己紹介を終えると、早速水彩絵の具を使って着彩を始めます。メイキング中、鈴木先生との対談では現在のお仕事のお話やポートフォリオ作成のアドバイス、学生時代にやっておくと良いことなど、プロの視点から様々なアドバイスをいただきました。

 

 

途中、学生がイチゴ納豆先生の周りに集まり、塗り方や使用画材の質問をしながら、美しく塗り進められていく手元を真剣に見ていました。
後半の質疑応答の時間では、スランプになった時の対処法や、仕事でイラストを描くときのモチベーションの保ち方などの質問をしていました。

 

水彩技術はもちろん、様々なアドバイスまでいただきありがとうございました。
イチゴ納豆先生、鈴木先生、ありがとうございました。

【作品が掲載されるチャンス】高校生マンガ・イラストグランプリに応募しよう!

2019.8.30 金

現在、「高校生マンガ・イラストグランプリ」の作品募集受付中です!

 

応募するとどんなメリットがあるのかを、全3回に渡って紹介する企画。今回は、第3回目です。

 

前回の記事はこちら↓

【豪華副賞あり】高校生マンガ・イラストグランプリに応募しよう!

【プロから講評がもらえる】高校生マンガ・イラストグランプリに応募しよう!

●メリットその3

 

受賞作品は本校ホームページに掲載されます!

受賞作品は約1年間、本校ホームページにて掲載されます。

昨年の受賞作品の掲載ページはこちら。

https://ndg.ac.jp/manga/award.html

 

これからプロを目指す人にとって、公式な場に自分の作品が掲載されるという経験はとても貴重!

スモールエスなどのイラスト投稿雑誌に作品を応募してみたい、応募するのが好きだという方

自分のSNSだけだとなかなか作品を見てもらえない…という方

本校のホームページやSNSで、作品の掲載を狙ってみませんか?

 

ちなみに第1回目でもご紹介しましたが、「エス賞」に選ばれるとスモールエス本誌に掲載されるという特典も!

 

「応募してみたい!」と思った人はリンク先にて詳細をご覧下さい。

https://ndg.ac.jp/manga/

 

作品づくりをする前に、過去の受賞・応募作品も見てみると参考になるかも!

高校生マンガ・イラストグランプリtwitterアカウントで、過去作品を紹介しています。

@M_ILLGP

 

 

!SNS賞募集中!————————————————

twitterで、ハッシュタグ「#第17回高校生マンガ・イラストグランプリ」をつけて応募しよう!

twitterに応募された作品の中から、SNS賞を決定します。

SNS賞にも豪華副賞をご用意します!続報をお楽しみに。

 

※講師からコメントはつきません

※本応募(郵送・メール応募)とは別枠となります

————————————————————————

【キャリアイベント】株式会社クリーク・アンド・リバー社 説明会ならびにゲーム業界研究を実施しました!

2019.8.16 金

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、クリエイター・エージェンシー事業を展開し、

ゲーム、Web、映像などの分野で活躍している一部上場企業。

今回は新卒採用のご説明を人事グループ 専門職人事部 専門職人事セクション

荒木さまよりいただきました。

 

また、新卒エージェントを担当されているクリエイター・エージェンシー・グループ

人材紹介第二ビジョン 第一セクション前田さまからもエージェントのご紹介、

ゲーム業界研究ならびにポートフォリオについてお話いただきました。

C&R社は、企業ミッションに「クライアントの価値創造への貢献」と、

「クリエイターの生涯価値の向上」を掲げ、クリエイターにスキルアップの機会提供と

生涯収入最大化への寄与に取り組まれています。

 

これは、元々テレビのディレクターだった同社の井川社長がクリエイターの置かれた

様々な不条理な現場を見て、起業した経緯に関係されているそうです。

 

C&R社は現在、エージェンシー、プロデュース、ライツマネジメントの3つの事業に分かれています。

自社開発の部門もありますが、

「ゲーム業界全体で自分のキャリアを考える」ことを大切にしており、

クリエイターとして働いている社員の夢を応援することに重点を置いているので、

独立の支援もあるそうです。

 

続きまして、前田さまよりゲーム業界のご説明をいただきました。

好きを仕事にしている人が大半であるゲーム業界。

ひと言で言っても、様々な業態の企業があることをご説明いただきました。

また、自分軸を明確にすることもお伝えいただきました。

なぜクリエイティブ業界で働きたいのか?なぜその会社で働きたいのか、

クリエイティブの仕事ならなぜモノをつくる仕事なのか?

これらはクリエイティブ業界に就職を考えている学生が最初に考えるべき内容です。

自分を理解すること、会社や業界を理解することで納得できる就職活動が進められからです。

 

最後にディレクター田中さまより、ポートフォリオについて具体的なアドバイスを個別でいただきました。

学生から寄せられた感想は、

「魅力的な企業を知ることができて良かったです」
「働く人の応援をしているのが魅力的でした」
「企業や業界について知ることができて興味が持てました」
「ポートフォリオの細かな作り方や中身にどう説得力を出すのかなど非常に勉強になりました」

ポートフォリオを見ていただいた学生からは
「様々なアドバイスをいただき、よりブラッシュアップしていきたいと思いました。ありがとうございました」

 

C&R社の前田さま、荒木さま、田中さま、小林さま ありがとうございました!

2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |