NEWSトピックス

◆最新記事10件

【授業情報】ビジュアルデザイン科/新映像演習

2018.12.14 金

ビジュアルデザイン科『新映像演習』の授業では、“VR ZONE”にて校外授業を行いました!

 

 

最先端のVR技術と独自の体感マシンを組み合わせ、これまでのVR体験とは
一線を画する没入感と現実感を体感することのできるこの施設。

 

新映像演習の授業では現在VRのコンテンツ制作を学んでいるため
実際に映像がどう見えるのかを体験しつつ、先生に解説してもらいながら各自制作する課題について考えました。

 

これまでVRを体験したことのある学生でも、最先端のVR体験はとても刺激的だったようです!

今後の制作活動に活きる、有意義な校外授業になりました。

 

 

 

https://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら、
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。

 

 

【授業情報】ソーシャルデザイン科/デザイン基礎ゼミ

2018.12.14 金

ソーシャルデザイン科の授業『デザイン基礎ゼミ』をご紹介します!

 

この授業は、現代におけるグラフィックデザインの役割を実例に伴って紹介しながら
各課題の制作活動の中でデザインの視点と発想、想像力の育成、デザインのプロセスを理解することを目的としています。

 

講師はグラフィックデザイナーの古井戸篤史先生です。

 

現在取り組んでいるのは『気仙沼 岩井崎の塩ロゴ&パンフレット制作』

パンフレットは、会社案内、商品案内など様々なシーンで利用され、
商品の基本情報以外にも、ストーリーや世界観をユーザーに伝えることができる重要なツール。

この商品の物語が伝わるようにパンフレットを制作することが、今回の課題のポイントです。

 

 

コンセプトの立案から、技術的な部分まで、古井戸先生から一つ一つアドバイスをもらいながら形にしていきました。

昔ながらの製法で作り続けられた岩井崎の塩。東日本大震災の危機を乗り越え、復興のシンボルとして復活した背景があります。
学生たちは、その背景をどう物語として落とし込んでいくのか、丁寧に取り組んでいました。

 

次回の授業で仕上げ、プレゼンテーションを行います。

どのようなロゴとパンフレットに仕上がるのか、とても楽しみです!

 

 

https://ndg.ac.jp/course/socialdesign.html

本校のソーシャルデザイン科は、グラフィックデザインや写真、ビジネスなどのスキルを用いて、地域や社会の課題解決ができる力を身につける学科。
「100日間地方創生チャレンジ」では、実際の課題解決に挑戦します。

 

 

 

【受賞情報】新世代サンデー賞《奨励賞》受賞!!

2018.12.13 木

II部(夜間部)マンガ科2年:P.N.タクトさんの『ソラノライカ』が新世代サンデー賞201810月期《奨励賞》を受賞しました!

『ソラノライカ』は本校の前期末審査(16P)で「優秀賞」を受賞しています。

作品講評会(コミックウィーク)にてサンデーの担当者から声がかかり、今回挑戦したとの事です。

おめでとうございます!!

日本デザイナー学院のマンガ科は、マンガ家になるために必要なスキルを0から学べます。描写力だけなく、ストーリー表現も学び、ご自分の個性が作品に表現できるカリキュラムです。
出版社との太いパイプも特長で、定期的に出版社を招いての作品講評会(コミックウィーク)を実施しています。

マンガ科カリキュラム
//ndg.ac.jp/course/comic.html

マンガ家を目指す方は是非本校にお越しください。

オープンキャンパスではマンガ家を目指すために必要な授業が無料で受講できます。

皆さんのお申込みをお待ちしております!
//ndg.ac.jp/opencampus/

【キャリアイベント】ポートフォリオの基礎セミナーを実施しました。

2018.12.13 木

専門学校日本デザイナー学院ではポートフォリオの基礎セミナーを実施しました。

 

クリエイターの就活に必要なポートフォリオ。

そのポートフォリオづくり、どうやって進めていけばいいか、迷いませんか?

 

本講座はポートフォリオづくりのきっかけになるような講座です。

 

 

内容は2部構成。

 

まずはキャリアセンター宮部先生からポートフォリオの基本説明。

誰のために、どんな目的でポートフォリオをつくるのか。

その考え方についての話がありました。

 

つづいて、株式会社マスメディアンより西尾様から、

業界のポートフォリオについての話をいただきました。

 

株式会社マスメディアンは広告・Web・マスコミ業界専門の就職支援サービス「マスナビ」を運営されています。

 

株式会社マスメディアンHP  https://www.massmedian.co.jp/

マスナビHP https://www.massnavi.com/

 

業界で求められる人材はどんな人なのか? 

デザイナーで大切なことは?

コミュニケーション能力って?

 

仕事をする上で、疑問になる点を、

ひとつひとつわかりやすくご説明いただきました。

 

さらに、勝てるポートフォリオの作り方についての秘訣から、業界で評価されるポートフォリオ紹介など、学生の今後の作品制作に大いに参考になるお話が盛りだくさんでした。

 

企業を探すテクニックについても具体的な話ばかりで、今後の就活もスムーズに進められそうです。

 

参加した学生からは

「ポートフォリオのポイントになることなどが具体的でわかりやすかったので、今後のポートフォリオづくりに生かそうと思いました」

「ポートフォリオを作るにあたって相手のために作ることが大事だとあらためて感じました」

といった声が寄せられました。

 

株式会社マスメディアンの西尾様、ありがとうございました。

 

 

 

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります

 

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路やポートフォリオと向き合う時間となるよう

よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

 

https://ndg.ac.jp/employment/

【キャリアイベント】「卒業後のライフプランとお金について考える講座」

2018.12.13 木

卒業後のお金の流れを知る機会として、ファイナンシャル・プランナーの尾上好美様(CFP®認定者)に

「ライフプランとお金の関係」について、ご講義をいただきました。

日本FP協会発行のテキスト「10代から学ぶパーソナルファイナンス~社会人になっても役立つお金の知識~」を使いながら進行しました。

「お金を稼ぐ」では、計画的にお金を使うこと、収入・支出について、

配付シートを元に1ヵ月の生活費を計算しました。

 

正社員や個人事業主など様々な働き方の特徴について理解を深めました。

「税金と社会保険」では額面と手取りの違いをはじめとした給与明細の見方を知り、

貯蓄の習慣を身につける大切さを改めて知りました。

「ライフプランとお金」では、まず、ライフイベントの上で必要なお金について学び、

最後には、「自分の将来をどう現実化していくのか?」をテーマに

ライフイベント・キャッシュフロー表を作ることにチャレンジしました。

講義全体を通して、卒業後の自身に関わるお金の流れを考える時間になりました。

参加した学生からは、

「貯金の大切さを知った」
「とても大切な話を聞けて良かった」

「税金について知らなかったことが多かったので知れて良かった」

「非常に役に立つ授業だった」

といった声が寄せられました。

 

ファイナンシャル・プランナーの尾上様、ありがとうございました!

 

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

学生にとって卒業後の進路は1つではありません。

数ある選択肢から自身にあった進路を選択していく為にも、

本校のキャリア教育でロールモデルとなる先輩との出会いや学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |