NEWSトピックス

【デザインに興味のある方、必見】シブヤプロダクツ科振り返りレポート!その1

2010/2/10

2009年4月に一期生を迎えてスタートしたシブヤプロダクツ科。早いものであと2カ月で1年が経とうしています。 企業や地域とコラボしながら「デザインの楽しさ」「企画の面白さ」「実践する大切さ」を学べるシブヤプロダクツ科の1年を、実施した授業やイベントを紹介しながら、実際に在籍している学生の声も交えつつ、振り返ってみます! まずは、現在大学で経営を学びつつ、ダブルスクールで専門学校 日本デザイナー学院に通うシブヤプロダクツ科1年大泉尚之さんにインタビュー!
————————— ■love smile project 1002_sp_001.jpg シブヤプロダクツ科に入学してはじめての授業。当校に特別講義にいらしていただいたアートディレクター水谷孝次さんの「MERRY PROJECT」の日デ版学内企画(※)。「あなたの好きなものはなんですか?」をテーマに携帯カメラを使って、学内にいる人の笑顔を撮影しその人の好きな事をインタビュー。制作した作品タイトルを「love smile project」として136名の笑顔をプレゼンテーションボードにまとめて発表しました。 【※この企画について】 2009年1月に特別講師としてお迎えしたアートディレクター水谷孝次氏の講義の中の「MERRY PROJECT」というプロジェクトの内容でお話しいただいた「笑顔が人をMERRY(しあわせ)にする」というデザインの基本的な考え方に共感し、同年4月シブヤプロダクツ科で「笑顔を集める企画」としてワークショップを企画。参加者にデザインでできる力、ものをつくり出す喜び、伝える楽しさを感じてもらうために実施し、「MERRY PROJECT」同様に年齢や立場を超え、さらには学校という枠を超え地域の方とのコミュニケーションが生まれることになりました。 MERRY PROJECT —————————

 -1番最初から、シブヤプロダクツ科らしい授業のスタートになりましたが。
100201_ndg_001.jpg 大泉)学校がはじまってすぐにあんなに動くと思いませんでしたね(笑) 学校のスタートっていうと、もっと机に座って、いろんな説明が主体なのかなあって思ってましたから。ああ、ホントに主体性を持って動くんだなあと思いました。
 -僕は学校スタッフとして、「シブヤプロダクツ科のみんな、すごいなあ」って思って見てたんです。だって、インタビューすることもはじめてだし、まわりはみんな新入生なので、だいたい知らない人ばかりじゃないですか。
大泉)はじめはもちろん「やるのか!?」と思いましたよ。でも次第に覚悟が生まれてきて、「よし、やってやる!」ってなりましたね。
 -その心構えは大切な気がします。
大泉)話が変わるんですけど、この授業の経験が後に出てくる、渋谷での街頭インタビューするフィールドワークに活かされていきましたね。人に声をかけるコツみたいなものを学びました。
 -今は、企業の方にデザインや企画を発表することをやっていると思いますが、もうそういった場では、緊張とかはなくなりましたか。
100201_ndg_002.jpg 大泉)いやいや。緊張しますよ。僕だけかもしれませんが(笑)ただ、「love smile project」での経験があったから、緊張だけで終わらずに、その緊張の上で何をしようと考えられるゆとりが生まれてきました。
 -136名の笑顔と好きなものをインタビューする「love smile project」企画ですが、作品そのものに対しての思いは。
100201_ndg_003.jpg
大泉)136名ですよね・・・。すごい自信になりました。 この企画はほんとやってよかったなと思うのは、今でも作品を見てすごい面白いんですよ。人の笑顔は見ていて、とてもいい気持ちになれる。
100201_ndg_004.jpg  -こういう作品表現があるんだ、って気付いた。
大泉)そうですね。写真の面白さだったり、人の表情の面白さだったり。飽きないですね。シブプロのみんなで、たまに振り返ってみたりします。
 -逆に「love smile project」で大変だったエピソードはありますか。
大泉)この人数には聞きたい!という目標を持ってやっていたので、インタビュー途中で、その人数に集まらなそうだと思った時は、苦労しましたね。学校にいる聞けそうな方には、だいたい聞いてまわったんですよね。でも、人数が足りない。だから学校の外に出ました(笑)
 -出ましたか!(笑)
大泉)はい。学校に近くに居る他の学校の学生さんや、サラリーマンの方々にインタビューしてみました。でも、なかなかうまくいかない。ただ、その中でも近所のギャラリーの方や、八百屋さんなど、協力してくれた方も何人か居て…。
 -八百屋さんはいい笑顔してますねー(笑)
100201_ndg_005.jpg 大泉)シブヤプロダクツ科は、企業の方や地域の方とコラボしながら、デザインを提案したり企画を提案していく学科なので、その基本となる、声をかけることやわかりやすく主旨を説明することを一番初めに身に付けられたのは、今振り返ってもほんとよかったと思います。 (インタビュアー/入学相談室 梶原 力)
シブヤプロダクツ科の「love smile project」企画、いかがでしたでしょうか。シブヤプロダクツ科らしい授業から、まずはスタートしていくのですね。次回は「企画も面白そうだけど、デザインの基礎もちゃんと学びたいな」と思っている方に向けて、シブヤプロダクツ科の通常授業について、学生インタビューを交えながら、振り返ってみます!
そして、「デザイン」と「企画」と「実践」が学べる学科、シブヤプロダクツ科に興味をもった方に朗報です! ↓↓↓↓↓↓↓ ——————– ★シブヤプロダクツ科個別相談会★ 「シブヤプロダクツ科って気になるけど、自分のやりたいことは学べるの?」という疑問から「デザイン初心者でも大丈夫ですか?」という不安まで、専門のスタッフが個別対応いたします。シブヤプロダクツ科について、少しでも興味のある方はこの機会をお見逃しなく!! <日時> 2/12(金) 16:30-19:30(受付19:00まで) 2/19(金) 16:30-19:30(受付19:00まで) <場所> 専門学校 日本デザイナー学院 JR渋谷駅南改札西口より徒歩5分 http://www.ndg.ac.jp/info/location.html
<申し込み方法> 「シブヤプロダクツ科個別相談会」希望とお伝えください。 【電話で申し込み】 03-3770-5581 【メールで申し込み】info@ndg.ac.jp 【お問い合わせから申し込み】http://www.ndg.ac.jp/info/location.html ———————
どうぞ気軽にお申込みください! では、また次回の更新をお楽しみに。
シブヤプロダクツ科特設サイト はじめましてシブプロです(シブヤプロダクツ科ブログ)

2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |