NEWSトピックス

【学外イベント】海外研修報告(イタリアコース)vol.3

2018/6/9

5月27日(日)から6月4日(月)の間、日本デザイナー学院2年生が海外研修に行ってきました。

本日はイタリアコースの報告(ローマ・バチカン編)をします。

 

フィレンツェのホテルを出発して約4時間半。

ローマに到着後、すぐに世界最小の国バチカン市国に入りました。

まずは、ミケランジェロの最後の審判があるシスティーナ礼拝堂とバチカン美術館に行きました。

美術館や礼拝堂の中ではガイドさんが大きな声で話すことができないため

中庭でまずは絵についての詳しい説明を聞きました。

いよいよ中へ。

美術館内は撮影自由だったので、学生たちは撮影に夢中になってました。

サン・ピエトロ大聖堂の中です。

さすが、カトリックの総本山なだけあってすごい人混みでした。

人口密度はきっと世界一ですね!

大聖堂の外には衛兵さんの姿も。かっこいいですね!

サンピエトロ広場から見る大聖堂。

 

バチカン市国を出て、次はローマ市内の見学です。

学生たちがまわった有名なスポットをご紹介します。

 

まず、ローマといえばこれ。コロッセオ。

街の真ん中にいきなりあって、圧倒される存在感です。

ローマ帝国初の大娯楽施設で、かつて市民は毎日ここで熱狂していたと言われています。

バロック様式の壮大な噴水。トレビの泉。

素晴らしい彫刻が並んでいます。

この泉にコインを1枚投げたらまたローマに戻ってこられる。コインを2枚投げたら好きな人と結ばれる。とか・・

もちろん投げました。

ローマの休日という映画で有名なスペイン階段。

とても華やかな広場で、上にはオベリスクと教会があります。

ベネツィア広場。

ローマの中心にある巨大な記念堂です。

フォロロマーノ。

ローマ帝国の政治、経済、宗教の中心地。大勢の古代ローマ市民が集った場所です。

現在も発掘が続けられています。

パンテオン。

ラファエロが眠る古代ローマの建築物です。

当時とほぼ同じ完全な形で残っている貴重な建物です。

サンタマリアインコスメディン教会にある、真実の口。

嘘つきは手を噛み切られるとか・・

学生たちに人気のアルジェンティーナ神殿跡。

猫がたくさんいる遺跡です。保護団体の人たちがここで面倒を見てるらしいです。

ちょうど行った時は猫はいなかったです・・

暑かったからかな。残念。

町歩きをしながらジェラートも食べました。

ローマは、歩いてると街中のいたるところに

遺跡はもちろん素晴らしい噴水や彫刻がたくさんあります。

古代遺跡の壮大さに圧倒されながら、またその美しさや繊細さに大感動しっぱなしで

街を歩いてるだけで美術館の中にいるようでした。

 

次はイタリア人と街歩きをした時のことと

姉妹校日本デザイナー学院九州校と食事会をした時のことをお届けします。

2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |