NEWSトピックス

日本デザインセンター川俣先生×アートディレクター中谷先生対談!「これからのデザイン」

2018/10/6

9月23日(日)、日本デザイナー学院の学園祭にて、スペシャルトークイベントを実施しました。

今回、ゲストでお越しいただいたのは、
株式会社日本デザインセンター代表取締役副社長の川俣忠久先生と、

アートディレクターで日本デザイナー学院顧問の中谷日出先生です。

 

———————————————————————————-

●Profile


川俣忠久
桑沢デザイン研究所卒業。日本デザインセンター入社。同社にて「TOYOTA」、「日本放送協会」、「伊勢丹」、「セイコーウォッチ」、「ミツカン」、「MIKIMOTO」ほか多数の広告、セールスプロモーション、ロゴマーク、装丁、パッケージなどに携わる。日本デザインセンター専務取締役、クリエイティブディレクター。

 


中谷日出
NHK解説委員(芸術・文化・IT担当)、NHKデジタルスタジアムナビゲーター、体験メディアのABCキャスター、グッドデザイン・フェロー、内閣府サイバーセキュリティーセンター専門委員、GKテックアドバイザー。

主な作品:NHKロゴマークデザイン、BSプロモーション映像監督、長野オリンピック国際発信公式映像 映像監督、「教育テレビ」ロゴマークデザイン他

———————————————————————————-


学生時代の画塾で出会ったというお2人。
デザイン業界で活躍する先生方に、「これからのデザイン」について、講演していただきました。

 

1つにこだわりを持つ。


デザイナーとして、何かにこだわりを持つことが大事。
例えば、川俣先生は服にこだわりを持たれています。ショップへリサーチしに行き、このデザインが良い!というものを購入するのだそう。自分に似合うか似合わないかよりも、デザインで洋服を決めるそうです。

「自分はここにこだわる!と決める。デザインの業界でも、そうやって好きになって入っていかないと、たぶん負けちゃいます。」と川俣先生。


こだわりを持つことは、これからのデザインにも重要だそうです。

 

これからのデザイン・これからのデザイナーとは


今の学生は、時代の変化の真っ最中にいる人です。


技術・生活・コミュニケーションなど、世の中の生活はどんどん変わっていきます。その変化に寄り添うのがデザイン。
だから、デザイナーは新しい情報をキャッチしておく必要があります。

また、これからはAIが台頭する時代。テクニックはAIがカバーするので、これからのデザイナーは情報を集める力が必要です。

情報を集める時に必要なのが、こだわりです。
多様化する情報を、自分のこだわりを基準に選んでいくのです。

 

当日は本校の在校生や講師、一般の方など、合計130名が参加しました。

講演の最後、「日本デザインセンターに入りたい人!」というお2人の問いかけに、手を挙げる学生も。

これからクリエイターを目指す学生にとって、先生方のお話は、とても大切な「情報」となったことでしょう。

 

日本デザイナー学院では、業界のプロと連携した授業を行っています。

たとえば、今回のように特別講義という形で業界や仕事の話を聞くことができますし、

日常の授業でも、業界で活躍されているクリエイターが講師を務めます。

それは、「Real Education」という理念のもと、

最先端の教育内容でデザインの「今」を体で感じる超実践教育を大切にしているからです。

本校の教育理念については、コチラをご覧ください。

 

2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |