NEWSトピックス

【キャリアイベント】集英社マンガ編集者による特別講義を実施しました!

2018/12/25

専門学校日本デザイナー学院では、集英社マンガ編集者による特別講義を2部構成で実施しました!

第1部「青年誌が求めるマンガとは?」というタイトルでヤングジャンプ編集部・片山様、グランドジャンプ編集部・齋藤様にご対談いただきました。

ヤングジャンプ、グランドジャンプのご紹介をはじめ、求めているマンガ、面白いマンガについて、お話いただきました。現在、掲載されているジャンル以外にも応募できるチャンスがあると知り、学生の目の色が変わったのが印象的でした。

学生からのたくさんの質問にも率直にお答えいただき、リアルな現場での声を聞かせていただきました。

続いて、第2部ではマンガMee編集部・鬼原様、小館様より「「マンガの今とアプリ」のご講演をいただきました。マンガ業界のこれまでの変遷から、デジタルコミックの現状、アプリの可能性、マンガMeeのご紹介など「なぜ今、マンガアプリなのか」をレクチャーいただき、マンガ業界やWebマンガの可能性など幅広く知ることができました。

また、明日にでもできる作品発信の方法も教えていただき、実践的でした。

第2部終了後は、第3部として、作品講評会を実施しました。

ご登壇いただいた各編集部の方々に作品を見ていただきました。

作品に関する具体的なアドバイスをいただき、参加学生は今後の作品制作の気づきとなったようです。

参加した学生からは、

「作品を見ていただく機会があってとても良かったです。」

「各マンガ誌の特色や魅力を知れてとても勉強になりました。」

「業界直結の講義が受けられて、この学校に入って良かったと改めて実感しました。」

「マンガ業界やWebマンガについて詳しく知れてとても有意義だった。」

といった声が寄せられました。

 

【日本デザイナー学院の教育・キャリアは自身を考えるきっかけの場をつくります。】

学生にとって卒業後の進路は1つではありません。

数ある選択肢から自身にあった進路を選択していく為にも、本校のキャリア教育でロールモデルとなる先輩との出会いや学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |