NEWSトピックス

【キャリアイベント】株式会社モンスターラボゲームスの学内企業説明会を実施しました。          

2019/6/26

株式会社モンスターラボゲームスの学内説明会を実施しました。                                        

2018 年 12 月より株式会社モンスター・ラボからゲーム事業を主軸とした

子会社として新たにスタートした株式会社モンスターラボゲームス。

                                

 開発会社としてクリエイティブやUI/UX、サウンドデザインなどを含むエンジニアリング部署のみならず

プロデュースやディレクションを行う制作部署など様々な部署を持ち、 

「制作チームが運営まで一貫して一緒にゲームを育てる」ことを大切にしています。

 

国内と海外の 2D チームでの絵柄のテイストの違いなど、それぞれの持つ強みが異なります。

説明会の中で話のあったゲームの販売ランキングも、国や市場によって求められるゲームが違うことも知り、

日本との違いや面白さも 知りました。

                                              

クリエイティブ、デザインチームの交流を深めることを目標に、月に1回クリエイティブ・ カンファレンスを通じて

ナレッジの共有などが活発に行われており、その中で海外拠点のクリエイティブチームの知見も共有されていることも、

国際色豊かな社風の特徴のひとつだと感じました。

最後に、ゲームの仕事のやりがいや大切にしていることなどを伺いました。

現役デザイナーの方の率直な気持ちや考えを共有いただき、胸に響いた学生もいたと思います。

 

「自分の好きなものを胸を張って、好きということ」

「他人が好きなものに興味を持つこと」

「ゲームって何?を忘れないいようにする」

「自分が作ったものに絶対の責任を持つ」など 

これからゲーム業界を目指す学生にはとても大切な心掛けについてもお聞かせいただきました。

 

学生からは以下のような感想がありました。

「素晴らしい理念を知って、会社のメンバー全員でゲームを作っていく姿勢がいいと思いました」 

「生でゲーム業界の話が聞けて有意義でした」 

「説明が分かりやすく、面白かったので楽しく聞くことができました」

 

株式会社モンスター・ラボ 尾崎さま、ありがとうございました!

 

日本デザイナー学院キャリアセンターの取り組み

日本デザイナー学院のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる役割を目指しています。

本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、企業と学生が出会える機会や支援の機会を設けています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://ndg.ac.jp/employment/

 

2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |