NEWSトピックス

【キャリアイベント】留学生対象セミナー「履歴書を完成させよう!自己PR編」を実施しました。

2019/7/17

留学生対象に連続講座で就職セミナーを開催しました。

1回目の「日本での就職活動について」では、就職活動で必要な内容を確認。

続いて、2回目の今回は「履歴書を完成させよう!自己PR編」です。

キャリアコンサルタント・日本語教師として活躍している照沼先生をお迎えして2回ほど実施しました。

「面接や日本語が不安な留学生も少なくないですが、それは日本人学生も同じこと」と

冒頭にお伝えいただきました。

緊張して受講している学生も多い中、何を話しても安心できる場を作っていただきながら、

講座がスタートしました。

 

書きたいことを書けば通るものではない応募書類。

企業へ面接の機会をいただくものだけではなく、面接や話す時のヒントにもなりえるもの。

今回は自己PRを中心に考えていきます。

「自分が採用担当者だったら、どんな人に来て欲しい?」照沼先生は聞きます。

採用担当者側の気持ちを考える問いに対して、

「明るい人」、「真面目な人」、「頑張る気持ちのある人」…

学生は口々に自分の思う理想の人を伝えていきます。

 

それに対して、

「どんな時に明るい?普段の生活ではその明るさをどう使っていますか?」

と、質問を掘り下げていきます。

「具体的に想像がつくと、採用担当者が会いたくなるし、応募者も面接で話がしやすいですね」

と文章構成のヒントをご説明いただきました。

これまで、「日本語を頑張ってきました」等といった能力をアピールしてきた

学生には目から鱗だったのではないでしょうか。

日本では、結果ではなくプロセスを見る会社が少なくないです。

出身国によって求められる能力の見せ方が異なることを知り、

背景を理解することで、求められている書き方が見えてきます。

 

その後、実践としてキャリアシートを使って、自己PRを考えていきました。

これまでの学生生活を振り返り、ライフラインチャートや私の強みをキーワードで選び、

考えていきます。集中して取り組んでいたので、あっという間の90分でした。

 

学生からは、

「自分の立場だけではなく、ちゃんと会社の立場になって考えた方がいいと思いました」

「会社が求めている人は強い人ばかりではなく、普段からコツコツ頑張っている人だと理解しました」

「たくさん書けて、今日は来れて良かったと思いました、これから頑張ります」

といった声が寄せられました。

 

Happy Brunch Counseling 照沼先生、ありがとうございました。

2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |