NEWSトピックス

【キャリアイベント】株式会社クリーク・アンド・リバー社 説明会ならびにゲーム業界研究を実施しました!

2019/8/16

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、クリエイター・エージェンシー事業を展開し、

ゲーム、Web、映像などの分野で活躍している一部上場企業。

今回は新卒採用のご説明を人事グループ 専門職人事部 専門職人事セクション

荒木さまよりいただきました。

 

また、新卒エージェントを担当されているクリエイター・エージェンシー・グループ

人材紹介第二ビジョン 第一セクション前田さまからもエージェントのご紹介、

ゲーム業界研究ならびにポートフォリオについてお話いただきました。

C&R社は、企業ミッションに「クライアントの価値創造への貢献」と、

「クリエイターの生涯価値の向上」を掲げ、クリエイターにスキルアップの機会提供と

生涯収入最大化への寄与に取り組まれています。

 

これは、元々テレビのディレクターだった同社の井川社長がクリエイターの置かれた

様々な不条理な現場を見て、起業した経緯に関係されているそうです。

 

C&R社は現在、エージェンシー、プロデュース、ライツマネジメントの3つの事業に分かれています。

自社開発の部門もありますが、

「ゲーム業界全体で自分のキャリアを考える」ことを大切にしており、

クリエイターとして働いている社員の夢を応援することに重点を置いているので、

独立の支援もあるそうです。

 

続きまして、前田さまよりゲーム業界のご説明をいただきました。

好きを仕事にしている人が大半であるゲーム業界。

ひと言で言っても、様々な業態の企業があることをご説明いただきました。

また、自分軸を明確にすることもお伝えいただきました。

なぜクリエイティブ業界で働きたいのか?なぜその会社で働きたいのか、

クリエイティブの仕事ならなぜモノをつくる仕事なのか?

これらはクリエイティブ業界に就職を考えている学生が最初に考えるべき内容です。

自分を理解すること、会社や業界を理解することで納得できる就職活動が進められからです。

 

最後にディレクター田中さまより、ポートフォリオについて具体的なアドバイスを個別でいただきました。

学生から寄せられた感想は、

「魅力的な企業を知ることができて良かったです」
「働く人の応援をしているのが魅力的でした」
「企業や業界について知ることができて興味が持てました」
「ポートフォリオの細かな作り方や中身にどう説得力を出すのかなど非常に勉強になりました」

ポートフォリオを見ていただいた学生からは
「様々なアドバイスをいただき、よりブラッシュアップしていきたいと思いました。ありがとうございました」

 

C&R社の前田さま、荒木さま、田中さま、小林さま ありがとうございました!

2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |