NEWSトピックス

◆最新記事10件

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習・メディア表現

2018.10.25 木

本日はビジュアルデザイン科の授業『コンテンツ実習・メディア表現』の様子をお伝えします。

 

講師は前回に引き続き、映像クリエイターのくろやなぎてっぺい先生です。

今回もとても面白い課題に取り組みました。
音楽に合わせて撮影・加工する“動画アプリ”の新しい企画を考えるというものです。

前半は、アイデア出しを行いました。

まずは動画アプリの分析から始めます。
動画アプリを見ながら、そのアプリが一体どういうものなのか、グループディスカッションを通して言葉に落としていきます。


次に、動画アプリについて言葉にしたものを元に、まだ生み出されていない部分を見つけ新しい企画を考えていきます。

今回の課題、アイデア出しに悩む学生がとても多かったのですが
くろやなぎ先生は「自分は何がやりたいのか立ち戻って考えよう」とアドバイスをくださいました。

どう発想していくのか、アイデアの広げ方も学べるのがこの授業の大きな特徴です。

 

授業後半は、制作作業を行いました。

自分たちでダンスをするグループもあれば、小道具を作るグループ、風景を撮影するグループ等、様々なアイデアが生まれていました。
試行錯誤を重ねて撮影・編集を繰り返します。

 

制作が始まると、みんなとても良い表情で取り組んでいて、学生らしさ溢れる作品を制作していました。

次回までに完成させ、提出します。
どんな作品が完成するのか、次はどんな課題に取り組むのか、とても楽しみです!

 

//ndg.ac.jp/course/visualdesign.html
本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。

 

【学外授業情報】イラストレーション科/版画展見学

2018.10.20 土

イラストレーション科は、第86回版画展を見学するため東京都美術館に来ています。

広い会場の中に700点以上の版画作品が展示されていて、

小沼先生の解説を聞きながらひとつひとつ見学しています。

凸版、凹版、平版、孔版など、版画の技法について先生からレクチャーを受けています。

作品を実際に見ながら教わっているので、それぞれの技法の特徴がよくわかります。

版画に触れるのはみんな初めてですが、これをきっかけにやってみたいという学生もいるくらい

みんな興味を持って見学してました。

作品の展示の仕方についてもとても勉強になりました!

小沼先生の作品も展示されてました。

学内だけじゃなくて学外でも授業をすることで、

いろんなものを見たり実際にプロの作家さんと話すことができるので、吸収するものもまた増えますね!

先生の作品を見せてもらう機会もなかなかないので、とても貴重な時間になりました。

 

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて

多彩な企業への就職を目指せる学科です。

//ndg.ac.jp/course/illustration.html

【授業情報】ビジュアルデザイン科/吉田直久先生特別授業

2018.10.20 土

ビジュアルデザイン科は放送大学制作部プロデューサーの吉田直久先生をお招きして

特別授業を実施しました。

吉田先生はこれまで青少年幼児番組の企画、開発、制作等で、様々な人気番組の制作に携わってきた方です。

授業のテーマは『プロデューサーの仕事と企画』について。

まずは企画とは何か?からスタートし『企画の考え方を考える』ということについて学びました。

中岡先生の授業ゲストでした。

先生が、学生と一緒にたくさんいろんな質問をしてくれながら授業が進んだので、とてもわかりやすかったです。

学生たちは積極的に自分の意見を伝えてました。

いくら思いがあっても企画に明確な意図がないと相手には伝わらないということ、

思いを言語化してちゃんと筋の通った説明を相手にすること等、

企画を考える上で大切なことを具体例を交えながら教えていただきました。

実践的な話をたくさん聞かせていただいたので大変参考になりました。

学生たちは最近『おもしろい企画を考えること』と『企画を形にすること』の難しさに直面して悩んでいます。
とても良いタイミングでお話を伺えました!

吉田先生、本日はありがとうございました!!

 

//ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら

プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。

【キャリアイベント】2020年卒向け キャリアガイダンス実施

2018.10.19 金

専門学校日本デザイナー学院では

2020年卒学生向けにキャリアガイダンスを実施しました。

今回「自分を知る。業界を知る。」をテーマに

・適性テスト

・進路希望調査シート記入

・求人状況やキャリアイベント情報

上記3つを実施しました。

 

今回の適性テストの結果が全てではありませんが、自分について知る為の指標となります。

例えば、今後就職・作家活動を進めていくなかで自身の性格や傾向など

自身を深掘りしていくときに役に立ちます。

テスト結果は11月の振り返り講座にて返却し、あわせて自己PRを作成していきます。

2020年卒学生もいよいよ本格始動です。

今回のイベントは2020年卒学生の就職・作家活動の第一歩です。

一緒に少しずつ準備していきましょう!

 

——————————

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

本校のキャリア教育では学生が自身について考えるきっかけや企業と出会うきっかけ作りを行っています。

その他にも履歴書や面接対策、卒業後のライフプランなど、よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

 

【キャリアイベント】株式会社ライフマップ学内単独企業説明会

2018.10.19 金

専門学校日本デザイナー学院の将来デザイナーを目指す学生に向けて

「株式会社ライフマップ 学内単独企業説明会」を実施しました。

今回お越しいただいた株式会社ライフマップは

高校生の進路選びをIT×リアルイベントを通じてサポートし、
流行に敏感な高校生のニーズに合わせてクリエイティブなサービス展開している企業です。

(公式HP https://www.lifemap.jp/

企業説明や働き方・ライフスタイルなど丁寧にお話しいただきました。

また参加学生には卒業年次生の他に1年生の姿も見受けられました。

卒業年次生は、「自分のやりたいこと・企業が求める人材」を

改めて深掘りするかのように真剣に話を聞いていました。

1年生は、就職活動の前段階である業界研究・企業研究をかねて、準備に取りかかっているようです。

 

最後に希望者のみ代表石川様によるポートフォリオについてご指導いただきました。

学生のアンケートからは
「説明を聞けてよかった!」「興味がわきました!」「働き方のイメージができた!」
といった声もありました。
 
株式会社ライフマップの石川様、花見様ありがとうございました!
 
 

日本デザイナー学院のキャリア教育は様々なマッチングの場をつくります。

本校キャリアセンターがキャリア指導では学生たちと企業の接点(知るきっかけ)をつくること心がけています。

就職希望の学生たちにとってもよりよいキャリア支援イベントを今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |