NEWSトピックス

◆最新記事10件

【出張授業】マンガづくりが楽しくなる!『マンガが描けるきっかけ講座』

2018.11.30 金

『マンガが描けるきっかけ講座』の出張授業を行いました。

 

この授業は「マンガづくりってやってみたいけど、難しいそう・・」と思っている方に、

「マンガづくりって楽しい!私にも出来そう!」と感じてもらうためのきっかけ講座です。

講師は専門学校日本デザイナー学院マンガ科主任講師ダン・ヨシコ先生。

受講者は長野県にある松本国際高等学校マンガ・アニメ科の高校2年生、3年生の生徒さんたちです。

長野県松本国際高等学校HP

http://m-kokusai.ac.jp/

 

まずはマンガを構成する絵や台詞についての考え方からスタートしました!

見たこともないキャラクターや背景をかけるのも、マンガの魅力です。

 

そして、マンガを描き始めるための、身の回りからのアイデアの出し方をレクチャー。
視点の変え方の重要性も学んでもらいました。

では、じっさいにマンガを描いてみましょう!

 

「テーマづくりが難しい・・・」
「コマ割りってどうすればいいの?」
そういった気持ち、よくわかります。

 

この講座はマンガが描けるきっかけ講座。
多くのみなさんが躓きそうな部分を、先生が丁寧に指導します。

生徒のみなさんは真剣に集中して、授業を受けていました。

では、実際に手を動かしてみます。

キーワードから、絵コンテにワンシーンを描きます。

生徒の皆さんからは多く質問が飛び交い、活気ある授業になりました!

 

マンガを描くことは自分の意見を言うこと。

これは社会に出たときでも役立つことです。

 

最後のこのメッセージをお伝えして、授業を終わりました。

 

マンガづくりは楽しい!

マンガづくりって難しい・・・」から「マンガづくりは楽しい!」に変わるきっかけ講座。
あなたも受講してみませんか?

専門学校日本デザイナー学院のオープンキャンパスでは『マンガが描けるきっかけ講座』を開催しています!

次回の開催は12月16日(日)
受講料は無料です。

詳細はぜひこちらをご覧ください。

https://ndg.ac.jp/opencampus/

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習・メディア表現

2018.11.29 木

ビジュアルデザイン科『コンテンツ実習・メディア表現』の授業をご紹介します。

講師はアーティストのシシヤマザキ先生です。

シシ先生は、水彩画風の手描きロトスコープアニメーションを独自の表現方法として確立し
多くの有名ブランドのプロモーションイメージの制作を担当するなど世界的に活躍されている方です。

 

今回の課題は「オリジナルのキャラだけで面白いショートムービーを作ろう!」です。

 

まずはキャラクター制作に向けて参考になる映像作品を紹介していただきました。
昔の作品から現代のものまで幅広く見せていただき、キャラクター設定の面白さを実感するものでした。

 

 

今回のショートムービー制作の条件は、“言語無し・背景無し、キャラクター単体の動きと音楽で表現する”というもの。

また、目的・理由・意図がない生き物の習性、動作で面白い要素を取り入れるという設定も設けられています。

 

そこで、次に行ったのはリサーチ。
実際に外に出て人や生き物を観察したり、インターネット動画を見ることで面白い生き物の習性や動作を探しました。

 

リサーチした内容を元に、アイデアをまとめていきます。

 

そして最後に、一人ずつアイデアの発表を行い、シシ先生から講評していただきました。

 

シシ先生からは、改善点をたくさん挙げていただきました。

動きだけでオリジナルのキャラクターを確立させるのは難しいものですが
いただいたアドバイスを元にさらにブラッシュアップしていきます!

次回からはショートムービーの制作に入ります。

 

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。

https://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

 

 

 

【学外イベント】伊賀上野NINJAフェスタに参加しました!

2018.11.29 木

三重県伊賀市が開催する『伊賀上野NINJAフェスタ』に、今年も本校の学生が参加しました!

 

11月23日~25日の3日間、上野恩賜公園にて行われたこのイベント。

本校からは、ビジュアルデザイン科3年生、グラフィックデザイン科2年生、イラストレーション科1.2年生が出店しました。

ビジュアルデザイン科とグラフィックデザイン科は、合同で忍者をテーマにしたオリジナルグッズの販売を行い
イラストレーション科は似顔絵イベントを行いました。

 

ビジュアルデザイン科グラフィックデザイン科の学生は、A~Lの12グループに分かれ
グッズ販売の企画から制作まで行いました。

 

 

イベント当日は3日間天候に恵まれ、会場は多くの人で賑わっていました。
看板を持って、大きな声を出して、お客さんを呼び込みました!

 

 

イラストレーション科による似顔絵ブースにもたくさんの人が来てくれました!

目の前で似顔絵を完成させる緊張感や、お金をいただく責任を感じながらも
喜んで受け取ってくれるお客さんの姿から大きなやりがいを感じたようです。

 

 

最終日には完売の商品も出るほどの大盛況でした。

販売中も、どうしたら購入していただけるか、良く見せるためにどのように並べるのが良いのかなど試行錯誤を繰り返していました。
自分たちで作ったグッズを目の前で購入していただけることは、学生にとって喜びを実感できる貴重な経験になったようです。

 

なにより、どの学生もとても楽しんで参加していました。

学生の皆さん、お疲れ様でした!

 

【ビジュアルデザイン科】

広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。
https://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

【グラフィックデザイン科】

広告、書籍や雑誌のレイアウト、パッケージ、企業ロゴなど、幅広いデザインをじっくり学べる2年制の学科です。

https://ndg.ac.jp/course/graphic.html

 

【イラストレーション科】

アナログからデジタルまで、幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。

https://ndg.ac.jp/course/illustration.html

学生のアイデアがお店に!インテリアデザイン科受賞情報

2018.11.28 水

南青山の株式会社ジャスマック様の「小さな飲食店の内装デザイン募集」にて

インテリアデザイン科2年生 平祥穂さんの作品が最優秀賞に選ばれました!

 

株式会社ジャスマック様は、北海道から九州まで商業施設の経営を手がける企業。今回受賞した平さんの作品「鍾乳洞bar」は長崎県長崎市にある商業施設「WITH長崎」で実際に内装されます。

 

今回の実装に向けて、株式会社ジャスマック事業部長の重光さま、本校インテリアデザイン科講師の南波先生、

そして平さんで打ち合わせを行いました。

平さんは自身のアイデアを実現するため、ジャスマック様と真剣に話し合います。

その姿はプロのインテリアデザイナーさながら。

今後は南波先生をはじめ、インテリアデザイン科講師からサポートを受けながら、

プロジェクトを進めていく予定です。お店の完成がとても楽しみですね!

 

株式会社ジャスマック様のある表参道・青山は

建築事務所やデザイン事務所が密集するエリア。

専門学校日本デザイナー学院から近く、インテリアデザイン科ではフィールドワークの授業でも徒歩で見学する1つです。

 

学校の近くにデザイン系の企業があると、様々な形でコラボレーションできます。

たとえば、お仕事の依頼。

今回のコンペ(公募)も、企業さまから依頼を頂いたものです。

学校はもちろん、業界の方々も一緒に、学生の学びを応援しています!

 

本校の授業について、もっと詳しく知りたいと思った方は、ぜひオープンキャンパスへ!

https://ndg.ac.jp/opencampus/

 

■インテリアデザイン科

ショップ、住空間、家具、ディスプレイの4分野のすべてを学べる学科。
トータルな知識を習得して、さまざまな空間を演出・提供するインテリアデザイナーを目指すことができます。

インテリアデザイン科が気になった方は、学科ページをご覧ください。

https://ndg.ac.jp/course/interior.html

 

 

【キャリアイベント】ディライトワークス株式会社 単独企業説明会

2018.11.28 水

ディライトワークス株式会社の単独企業説明会を開催いたしました。

ディライトワークス株式会社は、「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」という企業理念のもとに

『Fate/Grand Order』や『バンドやろうぜ!』などのスマートフォン向けゲーム、

VRやアーケードゲームの企画・開発などを手掛ける企業。

今回も九州校も中継で参加しています。

映像が多く、視覚的にも伝わりやすい説明会で、学生も食い入るように見ていたのが印象的でした。

スマートフォンのみならず、様々なプラットフォームを通して、

「ユーザーに面白いものを提供するには?」「どうすれば喜んでもらえるか?」といった

お客様への目線を忘れずにお仕事に取り組まれている姿勢を伺いました。

 

また、募集されている職種に関して求める姿や、

ポートフォリオに対しても制作する上でのポイントをお伝えいただきました。

説明会後、希望学生に対してポートフォリオへのアドバイスもいただきました。

様々な気づきをいただいたようです。

参加学生より

「ゲーム業界、企業について幅広く知ることができた」

「普段知ることができないところまでお話いただいてとても良かった」といった感想が寄せられました。

 

ディライトワークス株式会社 松永さま、坂本さま ありがとうございました!

 

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路やポートフォリオと向き合う時間となるよう

よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

 

2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |