NEWSトピックス

◆最新記事10件

【学内イベント】第1回海外研修セミナーを実施しました!

2018.12.27 木

本校では、例年2年次に海外研修を実施しています。

本日は全学科1年生を対象に、来年度の海外研修に向けたセミナーを行いました。

 

今回の海外研修は、4月中旬から下旬にかけて実施します。

コースは全部で3つ!
・台湾研修『高雄・台中・台北7日間』
・フランス研修『パリ7日間』
・イタリア研修『ヴェネツィア・フィレンツェ・ローマ9日間』

各地のデザインのリサーチや美術館見学等、方面ごとに特色あるコース作りをしており
学生時代の良き思い出になるよう企画検討しています。

 

 

第1回目のセミナーである今回は、申し込み方法や旅券の取得方法、旅行日程や概要について詳しく説明をしました。

 

 

歴史的建造物や美術館等の見学はもちろん、現地学生との交流や学校訪問など、日本デザイナー学院独自の研修です。

どのコースも地域の特色が活きていて、とてもわくわくする内容になっています。

学生たちも、「どのコースにしようか決められない!」と頭を悩ませていました。

 

海外の文化やデザインに触れることで創造性を高め、制作活動に活かしてほしいと考えています!

 

 

 

【授業情報】ビジュアルデザイン科/卒業審査

2018.12.26 水

ビジュアルデザイン科では、卒業審査を実施しました。

 

3年間の集大成となる卒業制作。

テーマ、制作物、プレゼンテーション、どれをとってもこれまでの審査よりも質の高いものでした!

新しく、面白い内容ばかりで、とても見ごたえのある卒業審査になりました。

 

 

どの学生にも共通していたのが『自分がやりたいこと』を徹底的に追求しているということ。

失敗や試行錯誤を何度も重ねて形にしてきたことが伝わってきました。

 

本日、5名の講師の先生からいただいた講評を元に作品をブラッシュアップし
この作品を卒業作品展でどう展示するかをこれから企画していきます。

卒業作品展は2月に行われます。
みなさん、是非学生の作品を見に足をお運びください!

 

学生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 

 

https://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。

【授業情報】マンガ科/株式会社白泉社マンガPark編集部が来校されました。

2018.12.26 水

マンガ科学生のため、株式会社白泉社のマンガPark編集部の編集長、井手様に来校いただき、来年運用予定の『マンガラボ!』について説明会を行いました。

 

「マンガラボ!」は白泉社全誌合同のマンガ投稿サイトです。未来の漫画家と白泉社/編集部を繋ぐツールとして白泉社ならでは!のコンテンツやマンガParkとの連動など、とても魅力的で、学生たちも真剣に聞いていました。

現在は次世代キャラクターコンテストを実施中とのこと。

学生からは「卒業制作の作品を応募してみたい。」と言った声も聞かれました。

 

受賞から担当がついて、漫画家としての一歩が踏み出せるかもしれませんね。

今後に期待しています!

 

https://ndg.ac.jp/course/comic.html

本校のマンガ科は54年の歴史と実績が誇る独自のカリキュラムで、画材の使い方やストーリーの組み立て方など、マンガ家に必要なスキルを、ゼロから学べる学科です。

 

年末年始休館のおしらせ

2018.12.26 水

ndg_entrance_001.jpg

下記の期間、休館期間とさせて頂きます。

【年末年始休館日】

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

 

【資料請求・お問い合わせについて】

資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。

ただし、12月28日(金)13:00以降の資料請求・インターネットでのお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)以降に順次対応させていただきます。

【お電話での受付について】

休館期間中は事務局が不在となります。

お電話での受付もお休みとさせていただきますのご注意ください。

2019年も日本デザイナー学院をよろしくお願い申し上げます。

【キャリアイベント】集英社マンガ編集者による特別講義を実施しました!

2018.12.25 火

専門学校日本デザイナー学院では、集英社マンガ編集者による特別講義を2部構成で実施しました!

第1部「青年誌が求めるマンガとは?」というタイトルでヤングジャンプ編集部・片山様、グランドジャンプ編集部・齋藤様にご対談いただきました。

ヤングジャンプ、グランドジャンプのご紹介をはじめ、求めているマンガ、面白いマンガについて、お話いただきました。現在、掲載されているジャンル以外にも応募できるチャンスがあると知り、学生の目の色が変わったのが印象的でした。

学生からのたくさんの質問にも率直にお答えいただき、リアルな現場での声を聞かせていただきました。

続いて、第2部ではマンガMee編集部・鬼原様、小館様より「「マンガの今とアプリ」のご講演をいただきました。マンガ業界のこれまでの変遷から、デジタルコミックの現状、アプリの可能性、マンガMeeのご紹介など「なぜ今、マンガアプリなのか」をレクチャーいただき、マンガ業界やWebマンガの可能性など幅広く知ることができました。

また、明日にでもできる作品発信の方法も教えていただき、実践的でした。

第2部終了後は、第3部として、作品講評会を実施しました。

ご登壇いただいた各編集部の方々に作品を見ていただきました。

作品に関する具体的なアドバイスをいただき、参加学生は今後の作品制作の気づきとなったようです。

参加した学生からは、

「作品を見ていただく機会があってとても良かったです。」

「各マンガ誌の特色や魅力を知れてとても勉強になりました。」

「業界直結の講義が受けられて、この学校に入って良かったと改めて実感しました。」

「マンガ業界やWebマンガについて詳しく知れてとても有意義だった。」

といった声が寄せられました。

 

【日本デザイナー学院の教育・キャリアは自身を考えるきっかけの場をつくります。】

学生にとって卒業後の進路は1つではありません。

数ある選択肢から自身にあった進路を選択していく為にも、本校のキャリア教育でロールモデルとなる先輩との出会いや学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

2019年11月 | 2019年10月 | 2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |