NEWSトピックス

◆最新記事10件

【授業情報】インテリアデザイン科2年生フィールドワークで神楽坂に

2018.11.15 木

◯神楽坂を歩く フィールドワーク

日本的な空間の特徴を学ぶ「フィールドワーク」の授業の一環で、

今回は東京の神楽坂を学生達と歩きました。

表通りからは明治大正の香りはほとんど感じられませんが、一本入った小径には、

未だ少しだけ、古い東京の街並みの名残があります。

当日は雨降りでしたが、神楽坂の路や緑が雨に濡れ、懐かしさを味わうには、相応しい雰囲気でした。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

道路と家・店までの間に、ほんの少しのスペースしかとれなくとも、

特別な空間(外と中との間の中間領域)を確保しています。

直接「内」が露出しないこの空間分節方が街の魅力を生み、日本らしさに繋がっています。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

道路と「内」とのあいだに緑を配置し、中間領域を確保する例は、

昔からのお店でなくともどこにでも見られます。

学生にとっては、普段余り意識しない、緑の役割を感じました。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

学生には「料亭って?」という感じですが、料亭を示す「粋な黒塀」もまだ残っています。

店の玄関は、道路からは見えません。

ほんの少しの距離でも歩き入ったところに、玄関を配置することは、日本的な空間演出です。

わざと狭いスペースを歩ませる空間演出に、みなも新鮮な思いを持っていました。

次の、ショップデザインの課題でも使えそうです。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

建物の外壁を被う格子。縦も横もありますが、

日本的な空間が大切にしてきた「透け」を生むテクニックであることを、実感しました。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

小径がくねり、階段で高さの変化が作られ、見えるような見えないような空間構成は、

現代の直線的な街並み構成とは違う、豊かな日本らしさを生んでいることも学びました。

デザイン・マンガの専門学校 日本デザイナー学院

神楽坂の裏小径は、みなスケールが小さく繊細で、緑が配され、落ち着く空間でした。

学生が、この初夏に海外研修で訪ねた「パリのモンマルトルの小径に似ている」と

言っていましたが、神楽坂にフランス料理屋さんが多いことと、重なりそうです。

 

【授業情報】ビジュアルデザイン科/特別実習

2018.11.14 水

ビジュアルデザイン科は特別実習の授業で、東京国立博物館に出掛けました。

 

今回見学した展覧会は『マルセル・デュシャンと日本美術』

マルセル・デュシャンは、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。
油彩画、レディメイド、関連資料・写真など計150点もの作品から、デュシャンの創作活動の足跡を観ることができました。

 

展示は、油絵を中心とした画家としての作品から始まり
「レディメイド」と呼ばれる、機能的な物品を「芸術作品」として意味づける一連の作品へと広がります。

 

その後も、ダジャレや語呂遊びなどの言葉の実験や機械的な仕掛け作品、最後には『遺作』の展示となっており
「芸術とは何か」という垣根を超えたデュシャンの作品の数々は、とても刺激的なものでした。

既存の発想にとらわれない発想に触れられたことは、学生にとって大きな学びとなりました。
今回感じたことを今後の制作活動に活かしていってほしいです。

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。
//ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

【授業情報】マンガ科/特別実習

2018.11.10 土

暖かい秋晴れの中、マンガ科の2年生が特別実習で「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の見学に行きました。

皆さんご存知のドラえもんやキテレツ大百科のマンガが展示してあったり、藤子・F・不二雄先生のマンガに対する想いや制作風景など、とても刺激になったと思います。

展示以外にもマンガを読めるスペースやモニュメントもあって、とても楽しんでいました。

現在、卒業制作真っ只中の2年生。お疲れ様でした。

 

マレーシアの教育大臣が専門学校日本デザイナー学院に来校されました。

2018.11.7 水

2018年11月7日、マレーシアの教育省より教育大臣H.E. Dr. Maszlee bin Malik氏が来校されました。

各学科授業見学、本校の教育内容についての説明。

また、本校グラフィックデザイン科の学生たちとの交流もありました。

H.E. Dr. Maszlee bin Malik氏と本校理事長宋成烈。

H.E. Dr. Maszlee bin Malik氏、マレーシア教育省の皆さん、ご来校ありがとうございました。

【授業情報】ビジュアルデザイン科/映像表現

2018.11.5 月

ビジュアルデザイン科『映像表現』の授業の様子をお伝えします。

講師はアートディレクターの中岡孝介先生(株式会社token代表)です。

様々な映像表現の手法を学んでいくこの授業。
今回は、撮影におけるライティングの基本を学びました。

 

まずは、「Writing with Light」というドキュメンタリー映像を鑑賞しました。
「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」「ディック・トレイシー」などを担当した名撮影監督である
ヴィットリオ・ストラーロのライティングの理論や哲学が描かれた作品です。

ライティングが作品に与える影響の大きさを実感させられるものでした。

 

ライティングの理論や哲学に触れたところで
実際に照明機材を使用しながら、顔への光の当て方による印象の違いを確認しました。

そして、学んだ光の印象を意識しながら撮影を実施しました。
学生のアイデアで“卵を溶いているところ”をモチーフにして撮影を行いました。

初めこそ照明機材の扱い方に戸惑っていましたが、光や影がもたらす印象の違いはとても面白かったようです。
楽しみながら撮影を行っていました。

今回学んだライティングの知識を、今後の作品制作に大きく活かしていってほしいです!

 

本校のビジュアルデザイン科は広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。
//ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |