NEWSトピックス

◆最新記事10件

年末年始休館のおしらせ

2018.12.26 水

ndg_entrance_001.jpg

下記の期間、休館期間とさせて頂きます。

【年末年始休館日】

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

 

【資料請求・お問い合わせについて】

資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。

ただし、12月28日(金)13:00以降の資料請求・インターネットでのお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)以降に順次対応させていただきます。

【お電話での受付について】

休館期間中は事務局が不在となります。

お電話での受付もお休みとさせていただきますのご注意ください。

2019年も日本デザイナー学院をよろしくお願い申し上げます。

【キャリアイベント】集英社マンガ編集者による特別講義を実施しました!

2018.12.25 火

専門学校日本デザイナー学院では、集英社マンガ編集者による特別講義を2部構成で実施しました!

第1部「青年誌が求めるマンガとは?」というタイトルでヤングジャンプ編集部・片山様、グランドジャンプ編集部・齋藤様にご対談いただきました。

ヤングジャンプ、グランドジャンプのご紹介をはじめ、求めているマンガ、面白いマンガについて、お話いただきました。現在、掲載されているジャンル以外にも応募できるチャンスがあると知り、学生の目の色が変わったのが印象的でした。

学生からのたくさんの質問にも率直にお答えいただき、リアルな現場での声を聞かせていただきました。

続いて、第2部ではマンガMee編集部・鬼原様、小館様より「「マンガの今とアプリ」のご講演をいただきました。マンガ業界のこれまでの変遷から、デジタルコミックの現状、アプリの可能性、マンガMeeのご紹介など「なぜ今、マンガアプリなのか」をレクチャーいただき、マンガ業界やWebマンガの可能性など幅広く知ることができました。

また、明日にでもできる作品発信の方法も教えていただき、実践的でした。

第2部終了後は、第3部として、作品講評会を実施しました。

ご登壇いただいた各編集部の方々に作品を見ていただきました。

作品に関する具体的なアドバイスをいただき、参加学生は今後の作品制作の気づきとなったようです。

参加した学生からは、

「作品を見ていただく機会があってとても良かったです。」

「各マンガ誌の特色や魅力を知れてとても勉強になりました。」

「業界直結の講義が受けられて、この学校に入って良かったと改めて実感しました。」

「マンガ業界やWebマンガについて詳しく知れてとても有意義だった。」

といった声が寄せられました。

 

【日本デザイナー学院の教育・キャリアは自身を考えるきっかけの場をつくります。】

学生にとって卒業後の進路は1つではありません。

数ある選択肢から自身にあった進路を選択していく為にも、本校のキャリア教育でロールモデルとなる先輩との出会いや学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

【受賞情報】インテリアデザイン科学生が『主張する「みせ」デザインコンペ』で奨励賞!!

2018.12.25 火

第16回主張する「みせ」学生デザインコンペ(公益社団法人 商業施設技術団体連合会)において、
専門学校日本デザイナー学院インテリアデザイン科1年生の嶋根紗巴さんが奨励賞になりました。


主張する「みせ」学生デザインコンペは、公益社団法人商業施設技術団体連合会が、平成15年より毎年実施しているコンペ。
これからの“みせ”づくりにどのような視点をもって望んでいるか、学生がそのアイディアを競うコンテンストです。

本校は過去に第1回で特別賞、第4回で入賞した実績があります。

嶋根さん、おめでとうございます!

【授業情報】イラストレーション科/卒業制作中間審査会

2018.12.20 木

イラストレーション科は、卒業制作の中間審査会を実施しました。

 

作品の内容と進捗状況、展示方法について一人ずつプレゼンテーションを行い
卒業ゼミ担当の鈴木真紀夫先生と縄手和弘先生に講評していただきました。

 

二年間学んできたことの集大成となる卒業制作。

それぞれのやりたいこと、描きたいもの、その思いがとても伝わってきました。

 

おもしろいアイデアや企画がたくさんあり、とても見ごたえのある審査会でした。

鈴木先生と縄手先生からいただいた多くのアドバイスを元に、さらに方向性を再構築しブラッシュアップしていきます。

 

来月に行われる卒業審査でどんな作品に仕上げてくるのか、とても楽しみです!

 

 

https://ndg.ac.jp/course/illustration.html

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで、幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。

 

【キャリアイベント】株式会社レバーン 学内単独説明会

2018.12.20 木

専門学校日本デザイナー学院では

株式会社レバーン(http://www.lesbanc.co.jp/)学内単独説明会を実施しました。

創業48年を迎えるデザインプロダクションである株式会社レバーンは

制作ノウハウやIT技術を駆使して様々な用途でのデザインの可能性を広げている会社です。

 

はじめに代表取締役社長 匹田さまによる企業説明です。

多くのクリエイターが働く企業だからこそクライアントに幅広い提案ができるのだそうです。

 

続いてアートディレクターの石黒さまより広告を制作するにあたって

デザイナーとしての考え方や仕事の進めかた等をお話をいただきました。

そのあとはイラスト部部長の竹田さまよりイラストレーターの仕事やジャンルの幅等についてお話です。

さまざまなイラストの幅が描けることがクライアントの要望にも対応できるので

1つのことより描ける幅を広げる大切さをアドバイスいただきました。

様々な視点の話を興味津々に聞く学生の姿を多く見受けられました。

【「なりたい!」ではなく「なる!」という気持ちが必要】

一つ一つの言葉が学生の心に響いたのではないでしょうか。

参加学生からは

「仕事の進め方や制作する上での考え方・向き合い方等詳しく知ることができてよかったです」

「イラストレーターを希望しているのですが、広告のお話も面白かったです。」

といった声が寄せられました。

 

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路と向き合う時間となるようよりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://ndg.ac.jp/employment/

 

 

 

2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |