NEWSトピックス

◆最新記事10件

【卒業生情報】季刊エスに卒業生が登場しています

2020.9.20 日

卒業生で水彩画家の芦屋マキさんが、季刊エス71号(9月15日発売)の『ABTアートコンテスト』のページに登場しています。
ぜひご覧ください!
 
 
Maki Ashiya is featured in the “ABT Art Contest” page of the illustration magazine “KIKAN S 71”.
She is an active watercolor painter and a graduate of Nippon Designers School.

【授業情報】大迫修三先生特別講義開催

2020.9.20 日

オンライン特別講義を開催しました。
 
 
ゲストはJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)事務局長の大迫修三先生、今年2回目の講演です。
前回の特別講義があまりにもわかりやすくおもしろかったので、先生にお願いして再び来ていただきました!
 
 
今回の授業テーマは『戦後のデザイン史』
菅沼比呂志先生と対談をしていただきました。
前半は資料をみながら、時代の流れ、変化について教えていただきました。
 
 
戦後の、デザイナー=イラストレーターという時代から、コピー全盛期、アート広告の時代、そしてグラフィックデザインの時代まで、デザインの時代の移り変わりについて教えていただきました。
時代の変化について解説いただきながら、イラストレーター、コピーライター、アートディレクターという職種の誕生についてもお話いただきました。
あわせて、シルクスクリーン~グラビア印刷~オフセット印刷、更にはレーザープリンターの進化まで、印刷技術の重要性についても教えていただきました。
 
 
現代に近づくにつれ、携帯電話やSNSといったものも出てきます。
学生たちは小さいころからインターネットがある状態で過ごしていますが、実は、インターネット普及率が80%になったのはこの数年のことでデジタル製版が始まったのは2000年あたりだということも知り、コンピューターの普及により、製版技術も変わり文字も変わってきたことが分かりました。
 
 
 
後半は、作品を見せていただきながら、日本工房、日本宣伝美術会、日本デザインセンターの設立、東京オリンピック等、当時影響力のあった団体やできごとについて様々な視点からお話いただき、時代の変化、デザインの考え方の変化について教えていただきました。
原弘さん、亀倉雄策さん、永井一正さん、田中一光さん、細谷巖さん、和田誠さん、石岡瑛子さん、浅葉克己さん、葛西薫さん、サイトウマコトさん、大貫卓也さん、佐藤可士和さん、、、
錚々たる方々の作品を見せていただきながら、いろんなエピソードを語っていただきました。
 
 
 
大迫先生から聞くお話は、メモが追い付かないほど壮大な量でしたが、とてもおもしろく、そして体系的にまとめられており、大変わかりやすい授業でした。
当時デザイナーご本人から直接聞いたお話や、大迫先生が実際に関わって感じたことをお話いただけたことが大変貴重でした。
今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 
 
 
 
大迫修三先生、菅沼比呂志先生、ありがとうございました。
 
 
Today we had a special online lecture by Nobumitsu Oseko, Secretary General of Japan Graphic Designers Association Inc.
The theme of this lecture is ‘Design History after the End of the War’.
He talked about the changing times as he looked at the work of famous designers.
His stories are very interesting, and he speaks in a way that our students can understand.
Today our students were able to gain a great understanding of the history of design.
 

【お知らせ】「高等教育の修学支援新制度」を利用出来るようになりました。

2020.9.11 金

2020年9月11日付で、本校も高等教育無償化(修学支援新制度)対象校として文部科学省より認められました。

これに伴い、2021年度より住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生を対象に支援を行ってまいります。
ご不明点等ございましたら、お気軽に入学相談室までお問い合わせください。

また、高等教育無償化制度の詳細につきましては、下記文部科学省特設サイトをご確認ください。

▼参考サイト

■修学支援新制度について
修学支援新制度とは、国が各都道府県を通じて実施する入学金と授業料を対象とした授業料等減免と、日本学生支援機構が実施する給付型奨学金制度、2つを合わせたものとなります。制度を申請希望の方は、日本学生支援機構を通じて経済状況の判定が必要になりますので、まずは進学資金シミュレーターでご自身の状況を確認してください。

日本学生支援機構 進学資金シミュレーター
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

■学びたい気持ちを応援します 高等教育の修学支援新制度(文部科学省サイト)
http://www.mext.go.jp/kyufu/

 

 

【授業情報】えぐちりかさんオンライン特別講義開催

2020.9.11 金

【授業情報】
オンライン特別講義を開催しました。
ゲストはアートディレクターでアーティストのえぐちりかさん。
聞き手は菅沼比呂志先生です。

まずはこれまで手掛けられた作品をご紹介いただきながら、それぞれのお仕事のコンセプトや撮影時のエピソード等についてお話しいただきました。

グラフィックデザインだけでなく、コピーや企画まで全て手がけられているものも多く、またご紹介いただく作品がどれも街中やテレビのCMで実際見たことがある有名なものばかりで、その制作秘話を聞けたことは大変貴重で贅沢な時間でした。


その後は、『アイデアって何?』『マイナスはプラスに』『広げやすいアイデアについて』をテーマに、それぞれについて、お話いただきました。

思いついたものは全てアイデアということではなくて、なるほどが大前提にあって、納得できるものを作る。
つまり、アイデア=なるほど! であるというお話がとても分かりやすかったです。
大切なのは他との差別化。こどものような目でアイデアを探すことが大切だと言われました。

学生時代の作品を見せていただきながらアートと広告の違いについてもお話いただきましたが、広告でないものをやってきたからこそできる仕事をしたい。
デザインのスキルがないからこそアイデアで乗り切ろう。目立つことをしよう。という、アート作品を作っていく中で電通に入社してアートディレクターで活躍するえぐちさんならではの、ものづくりへの考え方についてお話いただきました。 

今もアートディレクターとしてお仕事をしながらアーティストとしての活動もされています。
がんばれば続いていけないことはない!
好きという気持ちと、前向きに頑張り続けるということがやはり大事だということですね。

今日はとても素晴らしい貴重なお話を聞くことができました。
えぐちりかさん、菅沼先生、ありがとうございました。

 

Yesterday we had a special online lecture by art director and artist Ms.Rika Eguchi.
She is active in Japan and told our students about her work in detail.
Our students listened to her story with great interest.

 

2020年9月 | 2020年8月 | 2020年7月 | 2020年6月 | 2020年4月 | 2020年3月 | 2020年2月 | 2019年12月 | 2019年11月 | 2019年10月 | 2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |