NEWSトピックス

◆最新記事10件

【授業情報】 阿部 高大さん特別講義

2021.1.31 日

先日のクリエイティブシンキングの授業テーマは「セルフブランディング」。

富士東洋理髪店の店長である阿部 高大(あべたかひろ)さんをゲストに迎えて沢山お話しいただきました。

聞き手は本校講師の松野正也先生です。

阿部さんは、古き良き時代のカルチャーからファッションの影響を受け、理容師になったのをきっかけに、

普段着でヴィンテージスーツを毎日着用するようになり、自分のライフスタイルが開花。

自身のSNS発信から、多くのメディアから取り上げられるようになり、今では、レストランのイメージモデルから

コラボ製品(傘)のプロデュース(https://ichihara-1946.com/feature/taikogasa/)までジャンルにとらわれず

多方面で活躍されています。

※参考記事(http://www.act-locally.com/spot/fujitoyoopen/

阿部さんは学生達との対話を通して

・尊敬する人やモノへの積極的に接点を作っていくこと

・狭く深堀りすること

・SNS、メディアでの”演出”の大切さ

・真似することは良い事。

 むしろ「真似しきれない」ところから新たな価値が生まれる

・世界基準と日本基準の使い分け

・・・など、「個の時代」と言われる今こそ、セルフプロデュース・セルフブランディングにおいて大切にすべきポイントを

お話いただきました。

阿部さん、松野先生ありがとうございました!

【授業情報】阿久津達彦さん特別授業

2021.1.29 金

昨年末のビジュアルデザイン科の授業ではゲストをお招きして特別講義を行いました。
今回のゲストはPARTY(株式会社パーティー)の阿久津達彦さんです。
  
まず阿久津さんはご自身の経歴と、所属されているPARTYのお仕事を紹介されました。
その後、ご自身の経験から、コンテンツを作る上で大切なことや、対象の特徴を見極め、
アウトプットへつなげる方法などをお話しいただきました。
 
そして後半では、学生は阿久津さんからの課題に取り組みました。
学生たちが取り組んだのは自分の「好き」=興味対象を考え、それがどのような要素で構築されているかを因数分解していくこと。
そしてそれをベースに、オリンピックやGoToキャンペーンを盛り上げるアイデアを出すことです。
このコロナ禍の中で様々な課題をもつ二つの大きなイベントと、先ほど理解を深めた自分の「好き」を深堀りしたり組み合わせたりしながら、
課題を解決する方法を考えていきます。
学生からは応援しているバンドやタレントさんの特徴を生かしたアイデア、オリンピックを利用した健康のためのキャンペーンなど
様々なアイデアが出てきました。
自分の「好き」を利用した授業で、学生も思い切ったアウトプットのやり方が学べたようです。
 
阿久津さん、ありがとうございました!
 
PARTYや阿久津さんのお仕事についてはこちら
 
The other day, our students took a special lecture by Information Architect Mr.Tatsuhiko Akutsu.
He told our students about his works, important things to create content, and how to understand target and output.
He gave our student a homework. It is to think and writes out the components of what they like. 
AIso, to think about liven up the Olympic games and GoTo Travel Campaign with that components.
Our students enjoyed this homework and created a lot of ideas. Because they used what their liked.

明けましておめでとうございます!

2021.1.5 火

(グラフィックデザイン科1年生)

 

新年明けましておめでとうございます。
皆さまにとって今年1年はどのような年になるのでしょうか。

日本デザイナー学院では2021年も数多くの企画&イベントを通じ、
日本デザイナー学院の教育方針『Real Education.』を実践していきます!

皆さまにとって素敵な1年の始まりでありますように!!

 

2021年3月 | 2021年2月 | 2021年1月 | 2020年12月 | 2020年11月 | 2020年10月 | 2020年9月 | 2020年8月 | 2020年7月 | 2020年6月 | 2020年4月 | 2020年3月 | 2020年2月 | 2019年12月 | 2019年11月 | 2019年10月 | 2019年9月 | 2019年8月 | 2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |