NEWSトピックス

◆最新記事10件

【授業情報】イラストレーション科/特別実習

2018.11.27 火

イラストレーション科は、特別実習の授業で『葛西臨海水族園』へ見学に行きました。

 

この研修は、日頃見ることの少ない水棲生物の特殊な形態とテクスチャーを観察し、自分のイラスト制作に生かすことが目的です。

 

学生はたっぷり時間をかけて回っていました。
見たことのない生物や気に入った生物は撮影したりじっくり観察をしながら、とても楽しんで鑑賞していました。

ペンギンの餌やりでは、ペンギンの可愛さに学生たちも釘付けでした…!

 


見学のあとは、作品の相談をしたりお土産を買ったり、それぞれ自由に過ごしました。

 

今日見たものを今後のイラスト制作の資料として活かしていってほしいです!

 

 

本校のイラストレーション科は、アナログからデジタルまで、幅広いタッチのイラストを学びながら
広告やパッケージ、エディトリアル、Webなどのデザイン力も身につけて多彩な企業への就職を目指せる学科です。

https://ndg.ac.jp/course/illustration.html

 

【授業情報】ビジュアルデザイン科/コンテンツ実習・メディア表現

2018.11.27 火

今回は、ビジュアルデザイン科『コンテンツ実習・メディア表現』の授業の様子をご紹介します。

 

講師は、前回に引き続き、映像作家のくろやなぎてっぺい先生です。


後期授業のテーマは『音楽』
既存の音楽の在り方に疑問を持つことを通じてコンテンツ制作を行ってきました。

 

今回取り組む課題は、“すごい映像”の制作。
くろやなぎ先生が立ち上げられたファストカルチャー系バンド「1980YEN」が配信している
“すごい歌”に合わせ15秒間のミュージックビデオを制作します。

 

まずは、1980YEN立ち上げの経緯や、現在の活動についてお話いただきました。

1980YENの面白く画期的な活動についてはもちろん、
くろやなぎ先生がどんな作品や出来事に影響を受け今のスタイルに至ったのか
実体験を通じたお話を聞くことができたのも学生にとって学ぶことが多いものでした。

 

1980YENについて理解を深めた上で、作業へ入りました。

ミュージックビデオ制作は 1.日常のすごい事 2.制作可能であること
この2つのルールの中で行います。

 

今回もまずは、テーマについて考えるところからスタートしました。
「すごい」とはどういうことなのか、個人ワークとディスカッションを行い深めていきます。

この過程を踏むことで、アイデアに広がりが生まれます。

 

授業後半では、プランニングと絵コンテ制作を行いました。

 

「日常のすごいこと」でかつ、制作可能なものにしなければならないのが難しい部分だったようですが
何度もくろやなぎ先生からアドバイスをいただき、アイデアを練り上げていました。

 

次回は実際にミュージックビデオを制作していきます。
スマートフォンを用いた15秒間のミュージックビデオです。

どんな「すごい」作品が仕上がるのかとても楽しみです!

 

 

 

本校のビジュアルデザイン科は、広告、ロゴ、パッケージ、Webなどのグラフィックデザインを幅広く学びながら
プロジェクションマッピングやARなども含むあらゆる映像技法をしっかりマスターできる3年制の学科です。
https://ndg.ac.jp/course/visualdesign.html

 

 

『出没!アド街ック天国』にて、日デが紹介!

2018.11.24 土

百年に一度の都市再開発で、今、渋谷は劇的な変化の真っ最中です。

今回のアド街特集は「渋谷南」!

専門学校日本デザイナー学院も取材を受けました!

放送は11/24(土)21時から!

ぜひ、ご覧ください!

 

『出没!アド街ック天国』をご覧いただいた皆様へ

専門学校日本デザイナー学院のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

 

専門学校日本デザイナー学院とは

本校は今年で54年目となるデザイン・インテリア・イラスト・マンガの専門学校です。

約12,000名以上の卒業生を送り出し、それぞれの専門分野で活躍しています。

◆設置学科紹介

http://ndg.ac.jp/course/guide.html

◆卒業生の活躍

http://ndg.ac.jp/employment/activity.html

 

本校の授業に興味をお持ちの方へ

12/16(日)に、本校の授業を無料体験することができます。

本校の授業に興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。

◆体験授業&学校説明会

http://ndg.ac.jp/oc/index.html

 

広報・取材に関するお問い合わせ先

専門学校日本デザイナー学院では、

本校をご紹介いただける雑誌・メディア関係者の方からのご連絡をお待ちしております。

◆広報・取材に関するお問い合わせ先

http://ndg.ac.jp/info/mail.html

【キャリアイベント】ゲーム業界を学ぶ!「クリーク・アンド・リバー社」の業界セミナー&企業説明会

2018.11.22 木

専門学校日本デザイナー学院では、ゲーム業界での就職を希望する学生向けに、株式会社クリーク・アンド・リバー社をお招きし、業界セミナー&企業説明会を行いました。

クリーク・アンド・リバー社はクリエイターエージェンシー事業を展開しており、自社でもゲーム開発スタジオを運営しています。

「クリーク・アンド・リバー社」HP:https://www.cri.co.jp/

まずはじめに、ゲーム業界についての説明をしていただきました。
「ゲーム業界の構図」や「制作の流れ」について、知っているようで、実は知らなかったような、ここだけの貴重な話を聞くことができました。

次に新卒エージェントサービスの説明。

今、就職活動の新しい方法が増えています。
学生たちは多様なサービスを利用できる環境になりました。

「クリーク・アンド・リバー社」は、本校学生と相性のよいクリエイティブに特化したエージェンシー事業を展開しています。
新卒エージェントサービスの使い方を教えていただき、学生たちもそうしたサービスを利用しやすくなったのではないでしょうか。


最後に「クリーク・アンド・リバー社」の採用に関する説明です。

デジタルコンテンツをはじめ、テレビ、CM、映画、広告など、幅広いクリエイティブを手がけられている企業です。
学生のみなさんも知っている実績が多く紹介されました!

仕事環境、雇用形態など、学生たちが知りたい点も惜しみなくご説明頂きました。

 

終了後は希望学生へのポートフォリオ個別指導もしてくださいました。

参加した学生から

「ゲーム業界の基本的なことを知ることができました。初めて企業の説明会に参加して流れなどを知ることができました」

「簡単なところから説明していただいてわかりやすかったです」

といった声があがりました。

 

「クリーク・アンド・リバー社」の小池さま、前田さま、
お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました!

専門学校日本デザイナー学院では、今回のような企業様との連携イベントを数多く行っています。

自分の進路をリアルに考えられる機会を大切にしたキャリア支援です。

本校のキャリア支援に関してはこちらもご覧ください。

//ndg.ac.jp/employment/

【キャリアイベント】株式会社A3 単独企業説明会

2018.11.22 木

株式会社A3の単独企業説明会を実施いたしました。

商品企画・製作(自社ブランド&OEM)と自社店舗運営を手掛けている企業。

私たちの知っているアニメ、ゲーム、マンガ、ファンシーなど幅広いジャンルの缶バッジ、アクキー、

スマホケースなどグッズのデザイン、製作、販売をされています。

 

私たちが普段目にしているものもあり、参加している学生も興奮していました。

また、自社ブランドGraffArtを去年春から展開しており、現在多くのコラボレーション実績を出しています。

お仕事内容もさることながら、活気あふれる職場の空気感までお伝えいただきました。

説明会後には、希望学生にポートフォリオやイラストのアドバイスもしていただきました。

参加学生より

「会社の企業概要や仕事内容を知り、理解が深まりました。」

「GraffArtの生まれた経緯を知り、とても良かったです。」といった感想が寄せられました。

株式会社A3さま、ありがとうございました!

 

日本デザイナー学院のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります。

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路やポートフォリオと向き合う時間となるよう

よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

ndg.ac.jp/employment/

 

 

2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年4月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年7月 | 2013年6月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年2月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年4月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2009年1月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年7月 | 2008年6月 | 2008年5月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年2月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2006年2月 | 2006年1月 |