コミックイラス科

コミックイラス科の3つの「CAN!」

CAN!1

個性的なイラストやキャラクターの描き方を基礎から習得「できる!」

コミックイラストを描くうえで必要な基礎技術や知識をしっかり学びます。ライトノベルの表紙や挿絵、ゲーム、アニメなど、多様なイラスト表現を学びます。

CAN!2

アナログとデジタルを学び、今必要とされる表現力を習得「できる!」

時代にあったイラストを描くための技術と発想力を習得し、アナログ描写からデジタル描写まで習得し、幅広い表現ができるように学びます。

CAN!3

コンテスト参加でデビューを目指すことが「できる!」

表現の幅と奥行きをアートの領域まで高めることが可能なのがコミックイラストの世界。魅力的なイラストは今や無限の広がりを見せています。その制作カは企業のPRや商品プロモーションにも活かされるなど、仕事にも有利に働きます。

コミックイラス科で目指せる職業

  • イラストレーター
  • コミックイラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • アニメーター
  • マンガ家

在校生からメッセージ

コミックイラスト科1年 長谷川 舞さん(東京都立富士森高等学校出身)

夢を明確にして
強い意志で学んでいます

将来イラストの仕事をしたいと思っています。そのために必要な能力や技術を得るため、課題や学ぶことはたくさんありますが、同じ目標を持つ仲間のいろいろな作品に触れ、影響し合う環境で楽しく学んでいます。入学前には、自分の夢や、やりたいことを明確にしましょう!

コミックイラスト科1年
長谷川 舞さん(東京都立富士森高等学校出身)

コミックイラスト科1年 樋口 聖也さん(山形県立米沢商業高等学校出身)

仲間と切磋琢磨
力を伸ばせる環境です

毎日の勉強の中、過去と現在の作品を見比べると、自分の成長が確認できます。授業についていけるか不安がある人も、向上心があれば大丈夫。先生方が親身になって相談に乗ってくれますし、クラスの仲間も助けてくれます。まずは、体験授業や学園祭などに参加してみてください。

コミックイラスト科1年
樋口 聖也さん(山形県立米沢商業高等学校出身)

先生からメッセージ

コミックイラスト科講師 金子 博亘先生

今、一番必要とされる作家になるために
初心者からのスタートでも、プロを目指す力をつける

コミックイラスト科の大きな目標は、チャレンジすることです。自分の描く作品は、どんな目的で、何を目標にしているかを明確にし、完成原稿は必ず出版社をはじめ、各クライアントに持ち込みをする。そして、質の向上にチャレンジします。私は、ポートフォリオと編集実務論の講義をしています。「世の中の動きに合った作品」「出版社の最新情報」をメインに、「今、一番必要とされる作品」を描ける作家になれるように指導することを心がけています。常にわかりやすい授業で、何事にも物怖じしないチャレンジ精神旺盛な作家、そして、出版社に必要とされる作家の育成を目指しています。本校は初心者がとても多いですが、多くの卒業生がプロとして大活躍しています。
「私は絵がヘタだから」と思わず、まずは体験授業に参加してみてください。

コミックイラスト科講師
金子 博亘先生

関連情報

カリキュラム

カリキュラム

実際にどんな事を学ぶのか、
詳しくチェックしてみよう!

作品紹介

作品紹介

NDGで学んだ成果
先輩たちの作品を見てみよう!