GRAPHIC DESIGNグラフィックデザイン科

2年制/昼 専門課程Ⅰ部

グラフィックデザイン科の特長

やりたいことをカタチにできる表現力が磨ける2年間。広告、パッケージ、雑誌編集など、
デザイナーに必要なスキルが幅広く磨ける他にはない教育内容が圧倒的なコンペ受賞実績に結びついています。

POINT
1
技術だけじゃなく、
アイデアを生み出す力を養う

グラフィック関連のソフトを操作する高い技術はもちろん身につけられますが、新しいデザインをつくるために大切な「発想力」を養う授業も行なっています。ユニークな授業や課題を数多く設けているので、多彩なアイデアを生み出す感性を磨くことができます。

POINT
2
グラフィックデザインに必要なイラスト・写真の技術、知識をプロから習得できる

本校ではデザイナー、クリエイターなど現役で活躍している方が講師をしており、デザインに必要な素材であるイラスト・写真の技術、知識もプロから学ぶことができます。写真の授業では、姉妹校である日本写真芸術専門学校から機材を借りることができるので、本格的に学べる環境も整っています。

POINT
3
幅広い分野を目指せる
多彩なカリキュラム

日デでは、今、グラフィックデザイナーに求められている多彩なスキルをしっかり学べるカリキュラムを組んでいます。広告、書籍や雑誌のレイアウト、パッケージ、企業ロゴなど、幅広い分野の中から就職先を選択することができます。

志望職種
  • グラフィックデザイナー
  • パッケージデザイナー
  • タイポグラファー
  • POPデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • アートディレクター
  • イラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • Webデザイナー
取得目標資格
  • CGクリエイター検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • DTPエキスパート
  • DTP検定
  • POP広告クリエイター技能審査試験(厚生労働省認定)
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定(文部科学省認定)
  • アドビ認定アソシエイト
  • ウェブデザイン技能検定(国家検定)
  • Webデザイナー検定

MESSAGE

FROM TEACHER

FROM TEACHER

仕事がAIにとって変わるような時代でこの先「0」から「1」をつくれる人材が求められます。グラフィックデザイン科で様々なデザインの基礎や知識を学び、自分で「新たな価値を作り上げる力」を身につけてみませんか?

講師 古井戸 篤史先生

学習範囲

 
  • 広告・ポスター
  • 雑誌編集
  • パッケージデザイン
  • イラスト・キャラクター
  • Web
  • 絵本

1年次(4月〜6月)前期時間割例

 

制作に集中できる!1コマ135分の授業!

授業ごとに期間を区切り短期間で集中的に学ぶカリキュラムで構成されます。
その時々に必要とすることを効率的に身につけることができます。

時間
1限9:20~11:40 デジタル
ベーシックⅠ
文字表現 質感表現 ビジュアル
コミュニケーションⅠ
グラフィック
デザイン概論Ⅰ
制作実習
2限12:30~14:50 デジタル
ベーシックⅡ
デザイン発想Ⅰ 描画表現 特別講義・HR 形態表現 制作実習
3限15:10~17:30 制作実習 制作実習 色彩表現 制作実習 制作実習 制作実習

横にスクロールできます

※制作実習:開放されている教室で課題制作などが可能です。
※1コマ140分の内、5分の休憩が入ります。

スケジュール

 

今活躍中のプロのデザイナーから"今のデザイン"を学ぶことができます。

1年次
質感表現 画材の特性を学びながら、観察力等の視覚的表現力と素材(テクスチャー)の技 法に関する理解を深め、デ ザインの重要な要素である「感情」及び「五感」を視覚化し表現力を養います。
デジタルスキルⅠ 「デザインは問題解決業」ということを理解し、企画化から具現化の流れを徹底化します。課題制作を通して発 想の幅を広げ、発想力を強化していきます。
2年次
ビジュアルコミュニケーション アイデアや伝えたいことを可視化、更に「伝わる」ビジュアルにする視覚伝達について学びます。
エディトリアルデザイン 新聞・雑誌・書籍などの出版物のデザイン。現在のエディトリアルデザイン業界の第一線でお仕事をされている外部のデザイナーを講師にお招きし 、これからのエディトリアルデザインをより深く学びます。